あれほど・・・

先日,”無垢で世間知らずでほわーんとしていて、見た感じちょっとオツムのほうがトロそうで、それでいてカラダのほうはけっこうムチムチでボインボインだったりして、見ていてハラハラしちゃうのだけど、実はわりとしっかり者で面倒見がよい保母さんタイプの年上のお姉さん”が好きだと書いた(この記事).

口がすっぱくなるほど「そういう僕を放っておいてくれ」と言っておいたのに,いつものごとく,いつもの喫煙所で
へぇ~,そういうタイプが好きなんだねぇ.ボインボインがいいのかい?
と聞かれた.

その場で釈明したんだけれど,ここでももう一回言っておこう.
当方,字句どおりに “無垢で世間知らずでほわーんとしていて、見た感じちょっとオツムのほうがトロそうで、それでいてカラダのほうはけっこうムチムチでボインボインだったりして、見ていてハラハラしちゃうのだけど、実はわりとしっかり者で面倒見がよい保母さんタイプの年上のお姉さん” でなくてはいけないということはない.
より正確に,自分の好みを記すと,”無垢で世間知らずでほわーんとしていて、見た感じちょっとオツムのほうがトロそうで、それでいてカラダのほうはけっこうムチムチ系で、見ていてハラハラしちゃうのだけど、実はわりとしっかり者で面倒見がよい保母さんタイプの女の子”となる.
#何が違うかは,各自で見つけてください.

どうか,誤解のなきよう.


あと,「で,本屋には言ったのかい?」とも聞かれたので,結局どうしたのか,以下の写真で述べておく.

今日届きました
高慢と偏見」の後ろにあるのは,「「信頼」の研究―全てのビジネスは信頼から」です.
高慢と偏見」単品だと送料がかかるので,送料無料になるようにゲタをはかせました.

23:00

24時間4万回の奇跡24時間4万回の奇跡
種目制限も無い上、どんなにくだらなくとも世界記録を更新すれば1300ccのスポーツカーが手に入る。かくして彼は、気弱で何の取り柄もない息子ミシェルに“24時間で41,827回”というドア開閉世界最高記録に挑戦させることにする。
(http://www.kuzui.co.jp/kiseki/より転載)



24 -TWENTY FOUR- シーズン1
「大統領候補暗殺計画阻止」の密命と、ほぼ時を同じくして勃発する旅客機爆破、誘拐、殺人事件。CTUロス支局リーダー、ジャック・バウアーが挑む「人生で最も長い1日(24時間)」・・・
(http://www.so-net.ne.jp/24/first/index.htmlより転載)


あなたが別の人生を選べるとしたら,どちらの24時間を過ごしたいですか?



どっちもイヤです,僕は.

続きを読む

22:00

「まんが にほん昔ばなし」で,こんな話を見たような気がする.

蟻と蜂が,タイとニシンの所有権を巡って争っている.
それを,お奉行様が裁く.
2匹の魚を,それぞれどちらに渡すかという問題.
そもそも,タイは蟻の所有物だったのだが,蜂が難癖をつけて自分のニシンと取り替えようとしていたという前フリがあったように思う.

奉行「おい蜂,九九を言ってみろ」
蜂「いちいちがいち,いちにがに,・・・,にさんがろく,にしがはち」
奉行「今のところ,もう一回言ってみろ」
蜂「にしがはち」
奉行「わかった,”ニシンが蜂”だな」
蜂「・・・.」
奉行「蟻よ,お前は嬉しいとき,なんと言う?」
蟻「ありがてぇ」
奉行「もっと,はっきりと言ってみろ」
蟻「ありがたい」
奉行「そうだ,”蟻がタイ”」
蟻「(^^)」

う~ん,記憶違いかなぁ・・・

続きを読む

21:00

明日使える無駄知識をあなたに (フジTV「トリビアの泉」)

24! は、24桁の数である。
(ウィキペディアの「24」より)

では,実際にご覧ください.
24! = 24*23*…*3*2 = 620448401733239439360000
確かに,24桁の数字だ.

なお,
23! = 25852016738884976640000 (23桁)
22! = 1124000727777607680000 (22桁)
である.

しかし,
21! = 51090942171709440000 (20桁)
25! = 15511210043330985984000000 (26桁)
であり,元の数と階乗後の桁数が一致するのは 22,23,24だけである.

25以後,どの自然数も10より大きい.そのため,元の数が1増えるごとに,階乗後の数は少なくとも10倍以上される.つまり,元の数を1増やすごとに,必ず階乗後の数は1桁増える.25で,階乗後の桁数が元の数を越えたので,以後どのような自然数であっても,元の数と階乗後の桁数は一致しないはず.
20以下の自然数に関しても,2桁の数に関しては同様の説明ができる.
1桁の数字に関しては,とりあえず実際に計算してみればわかる.

てなわけで,22,23,24は面白い自然数だ.

でもって,今回21時だけれど,これは階乗的にはつまらない数字.
さてさて,ドラマの方はどうでしょう?

続きを読む

20:00

Jリーグと俺

高校を卒業した後,予備校に入学した.1年間,予備校の寮で暮らすことになった.
今でこそ,僕にとって非常に貴重な1年間だったと思うことができる.いい友人にも巡り会えたし.もう一回人生をやり直すことになっても,同じコースを選びたいと思う.

しかし,あくまで今でこそそう思えるだけであって,当時はずいぶんと落ち込んでいた.ものすごく引け目を感じていて,親しい友人にすら行き先を教えずにこっそりと入寮した.自分はダメ人間なので,誰とも交流しないで生きていこうと思った.

日陰生活の2日目か3日目だったと思う.もしかしたら1週間目くらいだったかもしれないけれど,とにかく,信じられないスピードで,僕の日陰生活は終わった.
寮の周りの土地勘もあまりないまま,気付いたら北24条の某コンビニにたどり着き,そこで買い物をし,寮に帰る道の途中だった.
前方から,一人の女の子が歩いてくる.僕とあまり年が変わらない感じで,黒くてストレートのロングヘアーの女の子.

恋の予感!

・・・てな,話じゃなくて,「やべぇ」と思った.「隠れなきゃ」と思った.「こんなところで見つかってはヤバい」と思った.
つーのも,高校のクラスメートだった.しかも,かなりおしゃべりな女の子.
ここで会ったが百年目,進路はどうなっただとか,どこに住んでるかとか,根掘り葉掘り聞かれた.いまさらウソついても仕方ないので,全部正直に話した.
結果的に,僕が札幌で浪人生活を始めたことは,瞬く間に知れてしまった.
(つーか,僕の気持ちを知らずに,母親があっちこっちに言いふらしたとか,数週間後に予備校の寮に別の元クラスメートがやってきてなし崩しになったとか,いろいろあったのも事実だけれど)

まぁ,バレてしまったものは仕方ないというのもあったし,知り合いのいない町(つーか,知り合いはいっぱい入るんだけれど,僕が自ら連絡を絶ったんだけれど)で顔見知りに出会ったという事などから,まぁ,それなりに仲良しになったわけで.
当時,僕は生粋のテレビっ子だったのだけれど,寮ではテレビが禁止されていたので禁断症状が出てきた.そんなわけで,その女の子にお願いして,家でテレビを見せてもらった.特に見たいものがあったわけではないけれど,とにかくテレビが見たかった.
ある土曜日の夜に部屋にお邪魔すると,Jリーグ発足の年で,大々的なレセプションが中継されていた.
Jリーグで思いつくことは,それくらい.


「もう,いい加減,言い訳も見苦しいよ」
と言われちゃうかもしれないけれど,その女の子とも,当然なにもなかったっスよ.
フツーに,楽しくテレビを見るだけの間柄.

つーか,そんな生々しいことがあった相手なんて,恥ずかしくてこんなところに書けませんって.
信じてくださいな.

続きを読む

19:00

オリンピックと俺

世間的には空前のメダルラッシュやら,卓球の愛ちゃんの雄叫びやら,男子マラソンでの妨害やらと,話題にことかかなったようですな.
しかし,僕は,アテネオリンピックの開会式が始まった頃には高校野球に熱を上げていたし,閉会式のあたりはTwenty Four に熱中していたりして,正直「オリンピックなんてどーでもいいです」状態だったわけで.

僕が,初めて「オリンピック」なるものを知ったのは,多分1980年(24年前)のモスクワオリンピックのときだと思う.友達が,謎の熊のぬいぐるみを持っていて「オリンピックのミーシャ」だとかなんだとか言っていた気がする(参照URL: http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sumire/2565/).しかし,あまり印象に残っていない.たぶん,年齢(6歳)のせいもあるし,日本がボイコットしたせいもあるだろう.

次が,1984年のロサンジェルスですな.なんだか,周りがオリンピックだと騒いでおり,その雰囲気に呑まれて,一生懸命見ていた気がする.見ていた気はするのだが,カール・ルイスと柔道・山下という単語しか思い出せない.思い出せないが,ロサンジェルス・オリンピックこそ,僕が生涯で唯一熱中したオリンピックだったわけで.それ以外のオリンピックは,興味ナッシング.



ところで,
ある時,ある場所で,ある女の子が,ある本を一心不乱に読んでいた.
もちろん,皆さんの想像通り,ちょっと気になる女の子だったわけで.
今と違って,僕もスレてない内気な男の子だったから,一回もお話をしたことがなく,遠くからお姿を拝見するだけの女の子だったり.そんなわけで,「なに読んでるの?」と気安く声をかけることもできるはずないし,だけど,彼女が何をそんなに一生懸命読んでいるのか非常に気になったわけで.それまでに,その子が文庫本を一生懸命読んでいる姿など見たことなかったし.

目を凝らしてじーっと見ていると,かろうじて本のタイトルがわかった.
オリンポスの果実

すでに絶版で,Amazonでは買えない.
いや,そんなことは関係ない.

当時,インターネットもなかったし,どうやってその本を見つけ出したかは忘れてしまったけれど,とにかく同じ本を買い,彼女のあとを追いかけるように「オリンポスの果実」を読んだ.

なんか,オリンピック選手が船に乗って外国に行く途中で,女子選手に恋しちゃうような,そんなお話だった.
すげぇ,面白くなかった
その子が,何をそんなに熱中して読んでいるのか,よーく考えた.考えたけれど,全くわからなかった.彼女の気持ちはわからなかったけれど,同じ本を読んだということで満足した.満足して,本棚にしまい,それっきり二度と読んでいない.

今となっては,その女の子に全然興味がないし,それどころか,相手がどこで何をやっているかもぜんぜん知らない.知ろうとも思わないし.

ただ,せっかく「オリンポスの果実」を思い出したから,もう一回読んでみようと思った.けれど,本は実家にあり,手元にない.
しかも,すでに絶版で,Amazonでは買えない.
いや,そんなことはすでに述べてある.

しかし,世の中捨てたもんじゃなくて,青空文庫にちゃんと収録されている(http://www.aozora.gr.jp/cards/000126/card669.html).
いやぁ,インターネットのおかげで便利な世の中になりましたねぇ.いまさらながら.


・・・と,ひとしきり感心したんだけれど,青空文庫からダウンロードして読むのをやめることにした.
第一に,当時の自分の気持ちをそっとしておいてあげたいから.
第二に,どうせ読むなら,あの時苦心して探した,まさにその本で読みたいから.


多分,実家にある僕の「オリンポスの果実」は日に焼けて背表紙が黄色くなっているだろう,10年以上も前に買ったものだから.そんな覚えは全くないけれど,つーかフィクションだけれど,かなわぬ恋に不覚にも泣いてしまったページには,涙の痕が残っているかもしれない.もしページの端に油のシミでもついていたら,「あー,きっとポテチでも食べながら読んでたんだろうなぁ」なんて思い出に浸れるかもしれない.「このせりふは告白のときに使える」というメモとともに,ボールペンで傍線が引いてあるかもしれない.
そいういう,思いがけない,自分だけの思い出を大切にしたいと思った.


インターネットには情緒がないと思った.
いまさらながら.

“u-Japan”? “ICT (Information Communication Technology)”?
「ふーん,がんばれよ」と思った.


続きを読む

18:00

台風の動向が気になる.

勤め先の喫煙所は屋外.
屋外というか,ビルのベランダ.
強風が吹くと,火がつかない.
そんなわけで,台風は困る.


ちょっと風が強くなりだした,今日の午後の話である.

木公「Twenty Four の “24” ネタが尽きてきて,辛いっス」
Y氏「24といえば,色鉛筆だろ.いや,クレヨンだっけ?あ,クレパスだ」
木公「それって,『神田川』っスか?」
Y氏「アタリ.だけど,24色のクレパスって言っただけで,すぐ『神田川』に繋がるなんて,木公クン年ごまかしてない?」

同席していた dadaa氏(推定年齢28歳)は,『神田川』だと,とっさにはわからなかったらしい.

30歳の木公と,28歳(推定)のdadaa氏.同世代として,正しい反応はどちらなのだろう?

まぁ,どっちでもいいやってことで,Y氏と軽く『神田川』(2番)を合唱

続きを読む

無垢で世間知らずでほわーんとしていて、見た感じちょっとオツムのほうがトロそうで、それでいてカラダのほうはけっこうムチムチでボインボインだったりして、見ていてハラハラしちゃ

http://www.ne.jp/asahi/ymgs/hon/aiueo_folder/aiueo_mu01.htm

うん,好きだよ!


高慢と偏見もし,本屋で僕を見かけても,声をかけずにそっとしておいてください.きっと,人知れず「高慢と偏見」を探している途中ですから.
もし,昼休みにひっそりと僕が本を読んでいても,声をかけずにそっとしておいてください.きっと,人知れず「高慢と偏見」を読んでいるところでしょうから.
もし,僕の家に遊びに来たとしても,本棚にどんな本があるか物色しないでください.きっと,ひっそりと,しかし大切に「高慢と偏見」がしまわれているでしょうから.

続きを読む

ふざけんな

うーん,危ない,危ない.

alm-ore のルールとして「笑えるオチや救いようのない愚痴は書かない」という誓いがあるんだけれど,もう少しで破ってしまうところだった.^^;

世界中でもっとも電話をかけてきて欲しくない人(♀)から電話がきたり,某所で僕のメールが勝手にさらされたりしてて,プチッと来ていた.
(つーか,僕も「世界中でアンタからは電話欲しくないわっ」って思われているだろう人に電話かけたり,人のメールを勝手にblogでさらしたりしてるから,オアイコなんだケドー.これって,負の一般交換?;-p)

イライラしていて,blogにグチグチ書いていた.

しかし,ふとNHK-BS2をつけると,「新選組!」を放映していた.
今日,3回目だよー.^^;

3回見ても,
やっぱ,深雪太夫(役・優香)はかわいいなぁ
なんて思ったりして,かなりなごんじゃったり.
#土曜日の再放送も見ちゃうんだろうなぁ.優香を見たいがために

でもって,平常心になって,エントリー書き直しました.

要するに何が言いたいかというと,
俺も甲斐性があったら,深雪太夫みたいな,ベビーフェイスで和み系で,賢い女の子を見受けするのになぁ
という,下衆で,たぶん一生かないそうもない夢を見ちゃったって事です.