ファースト・プライオリティ / 山本文緒



おひさしぶりです,山本さん.
以前のように,Junk Cafe で読みまくらせていただきました.

31編収録された短編集です.
主人公はいずれも31歳.
でもって,ボクの個人的な事情なんてどうでもいいけれど,僕も31歳.
できすぎ.
とうせなら,サーティーワン・アイスクリームでも食べながら読めばよかった.

他の読み方をする理由は特になかったので,初めの話から順番に読んだ.

最初の10編をあたりは,
「あ,今回ハズレだ.面白くねー」
と思いながら,半ば義務感で読んでた.
なんか,どの話も妙に頑固で偏屈で愚痴っぽい登場人物ばかりで,かなり萎えた.

しかし,11編目の「旅」あたりから,読んでいる僕の心境に変化が現れているのがわかってきた.
相変わらず,どの登場人物も頑固で偏屈なんだけれど,愚痴が減ってくる感じ.
そして何よりも,お話の中の雰囲気が俄然やわらかく,ホンワカしてくる.


以下,いくつか気に入ったお話.


「旅」は日々,淡々と仕事をこなす女性が,毎週末は必ずプチ旅行をするという話.山場も,驚くべきオチもない話なんだけれど,主人公の女性のゆったりとしていて,ちょっぴり浮世離れした人生観に憧れを抱いちゃった.

「庭」は,妻を亡くした男の話.昔かたぎの人で,いつも突っ張っていて,家族に対してどこかよそよそしい態度でいるのだけれど,ふとしたきっかけで家族のことを省みるようになるという話.不器用なオッサンの話に弱い当方としては,かなりのヒット作.

「燗」は,「この話が読めただけでも,この本を買ったかいがあった!」と思えた.夫と別居中の女性が,離婚のカタをつけようと待ち合わせをしていると,夫の父が現れて,いろいろあってお互いにトホホな状態になっちゃう話.トホホな二人が”日向燗”(30度くらいのぬる燗らしい)みたいな幸せを見つけるという話.ある意味不器用なオッサンネタであり,プチ・ハッピーエンドであり,好きな話.

「ジンクス」.かわいい31歳女が登場.おバカちゃんだけど,こういう子好きよ.



とにかく,
若い人(31歳以下)は「31歳になると,こんなに大人になるんだ!」と将来に希望を持ってもいいし,「バカじゃねーの?自分はこうならない」と反面教師にするもよし.
年配の方(31歳以上)は「ふっ.まだまだ青いわね」と失笑するも良し,「あの時は良かったわ」とノスタルジーに浸るもよし.
同い年の人は,多分どれを読んでも「あー,自分に当てはまる!」と思うだろうし,「自分はこんなのとは違う」と思うことでしょう.
いろんな楽しみ方がある短編集だと思うので,お勧め.


最後に,笑ったフレーズ.
3度の結婚を経験し,相手の女性は全て31歳だった男のセリフ

「三十出たくらいの女っていいじゃないか.そろそろ迷いが吹っ切れて,腹がくくれてて,でもやり直しもスタートもできる歳だろ」


(「三十一歳」)

笑った理由は説明しないけれど,いろいろ思ったのよ.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (6)

  1. わたしも読みました~~!!
    同世代のお話ってことで、共感できる話も多かったけど、「それはねーな」って話も多かった(笑)
    ちなみに、エッセイを読むとよくわかるんだけど、どれも非常に「山本文緒的」でした。
    彼女のまんま、等身大。
    特に前半はね~~。

    今日は宮本輝なぞ読みました~^^

  2. 宮本輝といえば「星々の悲しみ」を予備校時代に読んだくらいです.
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?link_code=ur2&camp=247&tag=almore-22&creative=1211&path=ASIN/4167348012/

    予備校の現代文のテキストの一番最初に載っていた教材だったと記憶している,浪人生のお話です.
    暗く切ない自分の浪人生活を,ポジティブに捉えることができるようになった物語でした.

    しかし,この短編集以外,宮本輝はひとつもよんだことがありましぇん.

  3. 山本文緒を読む若い男の人を初めて知りました。
    むかし姉がこの人を好きだったので、初期の本は家に沢山あるんだけど、
    なんか「いけ好かない主人公が出てくるイヤな話」(笑)って印象が強くて2冊しか読んでないのです。

    木公さんのおかげで、そうかーまた読んでみようかなー、という気になりました(^^;

    最後のフレーズ、勇気が出ますねぇ(つД`)

  4. 当ブログのどっかに書いた話ですが,
    「女の子を口説くには女の子の心情を理解するのが一番.そのためには,女の子に売れている本を読むべし」
    が,僕の戦略なので.;-p

    山本文緒って,確かにいけ好かない登場人物ばかりですな.

    これまた当ブログのどっかに書いた話ですが,エッセイ「結婚願望」の前文が僕的に大ヒットでした.
    あと,さすがに売れただけあって「恋愛中毒」も面白かったです.

  5. 近所の本屋さんでも売り上げ第一位に
    なってましたよ~。

    同じ31歳の今、この本を読めて
    良かったなと思いました。

    「三十一歳」「チャンネル権」が
    面白かったです。

  6. 「チャンネル権」って,野球の話題しかしない男と,それを面白く思っていない女の話でしたっけ?
    主人公が途中で摩り替わる手法は,「恋愛中毒」などでも使われていて,僕の好きな技でした.

    最後の結論,当たり前と言えば当たり前のことですが,なんか好きでした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。