2006年4月1日の真実

3年目の俺の落書き([alm-korei] AL-Mail ユーザー俺の恒例行事) へのコメントありがとうございます。
個人的には、Rinさんのコメントが一番ツボにハマりました。僕の April Fool ネタをうまく活かしてくれました。
mixi の方にも続編「マンガで読むぅ!?信頼の構造ぉ?!」が出ています。4月1日だとわかっている上、最初にネタを振ったのが自分であるにも関わらず、最初のパラグラフを読んで「うぞぉ!マジかいや!?」と声を出して叫んでしまい、トラップにハマったことは秘密です。←マジらしい。

なお、今年のネタは構想 &作成半月ほどでしょうか。
去年のヤツがプチ大反響だったので、ちょっぴり大プレッシャーがかかる中での作業でした。

ところで、勘のいい人なら「去年のアレは、1年越しのネタ振りに違いない。今年の今日、何かあったに違いない」と思っているかもしれない。
そんなわけで、以下にご報告。


♪精華町は朝の九時~

などと、Pizzicato Fiveの「東京は夜の七時」風に歌ったかどうかは知らないが、午前9時に精華町役場に到着。

精華町役場

土曜日の役場はほとんど人気が無い。
併設の精華町図書館にはちらほらと人影が見える。


ちゃんと必要書類を持ったことを確認。

謎の書類
なお、家を出て数百メートル走ったところで、家に忘れたことに気づいて取りに帰ったことは秘密だ。

この時点で、かなりゴキゲンになっていた当方。
これまた、Pizzicato Five風に歌うなら

世の中にハッピーやラッキーがいっぱいあるよね
くちづけしたい 嬉しくて
ほほ頬ずりしたくなるでしょ


(小西康陽・詞「スウィート・ソウル・レビュー」)

というところか。


手続き自体はすぐに終わった。
土曜日なので通常窓口は閉まっていたが、役場の奥の小部屋に係りの人がいて、持参した書類を見せ、役場に用意されている名簿で住所氏名が確認され、問題なく受理された。
あとは担当者立会いのもと、小さな紙片に名前を書いて、いつもどおりの箱に入れるだけだった。
ただ、そのとき、ちゃんと名前が書けるかどうか不安になって、ちょっと挙動不審になったことは秘密だ。

手続きが終わったら、家に帰ってほげほげし、夕方から奈良のHMVにCDを買いに行ったりした。
買ってきたのは、さっきからクドいくらいに引用している、Pizzicato Fiveの “singles: triad & readymade years”。
普段からスカして「俺は、洋楽系 hard rock しか聞かないよ」と言っている当方であるが、どういうわけか Pizzicato Five は大好き。でも、いままでCD持ってなかった。お手軽にシングルベスト盤を買った次第。
なんか、「都会の乙女」な歌詞が良いですね、Pizzicato Five

交差点で信号待ち
あなたはいつも優しい
今日も 少し
遅刻している
早くあなたに逢いたい
早くあなたに遭いたい


(小西康陽・詞「東京は夜の七時」)

とか、アンビバレントでウィットを含む歌詞が最高。なんだか、ホンワカした気分になれる。
帰り道、車で聞きまくり。車道に合流しようとしている他車に道を譲りまくり。人にやさしくなれまくり。

そんな1日。

最後まで引っ張ったが、役場に行ったのは、京都府知事選挙の期日前投票のため。
来週は山瀬まみトークショーで不在のため、1週間早く投票して来た。
やっぱり、国民の義務と権利は行使しないとね。

投票所入場整理券

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (4)

  1. あ! アタシもピチカート好きです♡

    んと~ 今回のは誤解しなかったよ。
    だって、緑じゃなかったもん(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。