お茶目かつかっこいい ナイジェル・マンセル

10月8日は、F1 日本グランプリですね。13:40からフジテレビで生中継らしい。

すでに現役引退してしまったが、僕にとって F1 のヒーローといえばNigel Mansellなわけで(wikipediaで情報を見る)。

だってさ、任天堂のマリオにそっくりで笑えるんだもの。
見た目はマリオのクセに、熱い走りで「荒法師」とか呼ばれてたんだもん。


そんな、マリオマンセルのお茶目映像。
スタート(2回目)直後、マンセルのせいで大クラッシュ。
そのくせ、3回目の再スタートでちゃっかり優勝しちゃうし。
でもね、お茶目の最大見所は、レース後に表彰台に向かうところ。




さらに、バカお茶目なのは、独走でほぼ優勝が決まっていた以下のレース。
最終ラップでギャラリーに手を振ろうとしたらしい。
そのとき、スイッチに手が触れて・・・。




でもね、カッコイイ所もあるのよ。
雨で水煙が上がる中、ジャン・アレジ(後藤久美子のアレ)との激しいバトル。




モナコグランプリでの、故アイルトン・セナとの激烈バトルの映像もあった。




モナコでのセナとの対決の、長いバージョン。




個人的に、マンセルやセナ、プロストの時代のF1が好きだったり。
ドライバーのキャラが立っていたし、マシンもなんとなく不安定で、終始目が離せない面白さがあったと思ったりしているのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。