篭城するあるむ

ビニール袋に立て篭もった

彼女の要求がなんなのかはわからないが、ダイニングテーブルの上に放置してあったビニール袋の中に篭城されてしまった。
この写真は数日前に撮影されたものだが、この翌日にもやはり篭城して、目で何かを訴えていた。
しかし、未だに彼女の要求はわからない。

部屋を掃除するにゃ」と訴えているのか?
小西真奈美(右の紺の袋の中に入っている)の写真集をいつまで放置するにゃ?私がもらわれてくる前からここにあるにゃ」と、僕の小西真奈美へ対する愛の無さに抗議しているのか。

なお、この袋は現在撤去されている。
立て篭もる場所の無くなったあるむは、現在、僕から離れて背中を向けて座っている。
甘えてくれないのは、飼い主として非常に寂しい。

そして、やっぱり、彼女の要求はわからない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (4)

  1. 猫さんは確かに袋など大好きで入ってしまわれますね.
    私は程よい専用袋(大きさ,素材,音の具合)を用意して
    『袋プレイ♪』と称して楽しんでおりました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。