倉本聰が「北の国から」の続編を語る

倉本さん自身、続編を作りたいと意欲を持ち、筋も考えている。純は結と離婚して初恋相手のれいと再婚し、蛍と正吉も離婚する。その後は蛍の息子の快を主役に発展させる構想だ。

(asahi.com 愛の旅人: ドラマ「北の国から」 黒板五郎と令子―北海道・富良野より)

「北の国から 2002 遺言」で、めでたく純と結は結婚することになり、2人を演じていた吉岡秀隆内田有紀もリアルに結婚しちゃったわけですが。
そして、みなさんご存知の通り、リアルな2人は離婚しちゃったわけですが。

ドラマ「北の国から」もそれを追いかけちゃいますか、そうですか。


しかし、「北の国から」の続編は実現するんだろうか。




たしか、「北の国から 89 帰郷」でのエピソードだったと思うのだが、気に入らないことがあって純が雨の中を外に飛び出し、八つ当たりするために素手で電信柱を殴りつけ、手を血だらけにしてしまうシーンがあったと思う。
気に入らないことがあると、人知れず壁にパンチを繰り出してストレス解消をする当方であるが、僕のその行動の原点は、「帰郷」の純君にあるわけで。
そんなわけで、「北の国から」シリーズは大好きな当方なので、ぜひ続編は見たい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。