「田邊竜太: 紋迷図展」 2007年7月30日より

第12使徒レリエルかと思った。

【第12使徒レリエル】
第12使徒レリエル (新世紀エヴァンゲリオン「第拾六話 死に至る病、そして」)


【田邊竜太: 紋迷図展】
田邊竜太: 紋迷図展 (どんと うぉーりー びー はっぴー 「展覧会のご案内」)

田邊竜太: 紋迷図展の開催要項は以下のとおり。
期間: 2007年7月30日(月) – 8月4日(土)
時間: 11:00 – 19:00
場所: 画廊るたん (東京都中央区銀座6-13-7 新保ビル2F)





ところで、「田邊さんと、俺」。

2年前に、Starwars Galaxies にハマって遊んでいたときに彼と知り合いました。
当方が東京に出張のとき、飲みに誘ったらわざわざ秋葉原まで出てきてくれたり。
悔しいけれど、色男。

直接会ったのはあれ一回こっきり。
飲んでいるときに、彼は
木公のために、皮製品を何か作ってあげる
と言ってくれた。

酒の席の話しだし期待できないかも、なんて思ってたんだけれど、後日
とりあえず、材料は入手しました。何がいいですか?
と聞いてきた。
どうやら、その時点では忘れてなかったみたい。

とりあえず、皮でできたオサレな名刺入れをリクエストしたのが、すでに1年半ほど前の話。
その後、音沙汰ないし。

そんなわけで、東京近郊にお住まいの方は、「紋迷図展」にお出かけの上、
木公の名刺入れはどーなってんじゃ? ボケェ!
と、京都在住の当方に代わって問い詰めていただきたいわけでございます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (3)

  1. トラックバックありがとう。
    そして・・・名刺入れ・・・そんなお話をしていましたなw
    しばらく覚えていたけどすっかり忘れてましたなw

  2. 名刺入れとケータイストラップ: 田邊竜太・作

    版画を作ったり、立体造形やったりしている美術家・田邊竜太さんが、僕のために名刺入れとケータイストラップを作ってくれた。 いずれも革製で、まっさらな状態も…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。