マタタビ酒をもらう

今朝、会社に向かうため精華大通りを走行中、歩道からこちらへ向かって手を振る人物(♀)がいた。
初夏の風景にピッタリとマッチした、白い帽子と服を着た、涼しげな女性だ。




「うぉっ、俺の追っかけ? 苦節33年、初の追っかけファンだぜ」
とか思いながら、手を振り返して、車を停めてみた。

マタタビ酒

したっけ、マタタビ酒を頂いた。
あと、写真には写っていないけれど、酒につけた後のマタタビもあるにゃんへのプレゼントとしていただいた。

りんちゃん印のマタタビ酒の作り方を書いていらっしゃる、白ネコりんちゃんのお母さんから直々に頂いたのだ。

早速いただきたいところではあったが、朝だし、出勤途中だったし。
これが夕方とか夜とかだったら、しっぽりとお食事とかに行ったりして、
「ちょっと、ウチでこのお酒飲もうか」
とか言ったり,言わなかったりして、あんなことやこんなことをしたり、しなかったりなんだろうなぁ、といろいろ想像したり、しなかったりで、今日の仕事のやる気が80%低下したり、しなかったり、そんな朝であった。

コメント (2)

  1. うわっ、もう掲載されてる・・・。
    さすが仕事が早いねー、と関係者で爆笑しております。
    ところで私も「最近あるむちゃんの写真が無い!」と
    寂しがっている1人なのですが、あるむちゃんに似た
    うちの娘を見て我慢するべきなのでしょうか。

  2. 今朝は、暑い中どうもありがとうございます。

    これから晩御飯を食べて、そのあとにマタタビ酒をご馳走になろうと思っています。
    あるにゃん写真はリクエストがものすごく多いので、今夜マタタビを与えて、二人でトリップしている姿でもアップしようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。