新幹線N700系はいいオンナ

N700系のロゴの前でニコニコする俺きゃっふー!
ついにN700系に乗ったよ!

本日12時半頃、東京駅八重洲地下中央口付近で、舟和の芋ようかんを購入し、帰りの列車をエクスプレスE予約で予約しようと検索したところ、ちょうどN700で運行される列車が 12:50 にあることが判明。

迷わず予約!
博多行きの、のぞみ29号でっす。

行き先表示

かくして、N700系に発情者であり、初乗車。

まだ発車まで10分ほどあったので、まずは先頭車両の写真を撮りに行く。

N700系運転席

流れるようなボディのラインは、鍛え上げられた女性の腰のラインのようで美しいぜ。

もっと後ろに下がれば、フロントノーズの先っぽまで撮影できたのですが、ホームが短くてうまく全景を収めることができなかった。
N700系もデビューから既に3ヶ月近くたっているので、さすがに撮鉄らしき人々は皆無だった。
しかし、親子づれなほのぼのファミリーが、子供を列車の前に立たせて記念撮影に興じていた。
そんな中、(知る人ぞ知る)真っ黒なJSSP2007 Tシャツを着て、でっかいリュックを背負ってケータイのカメラで一人写真を撮る俺。
周りから見れば、かなり痛い人物であろうが、まぁ気にしない。
なんてったって、初N700だから。

で、車両の前にあつまるちびっ子たちに向かって、運転手さんが顔を向けてニッコリ笑いかけてたりする。
うーん、サービス精神旺盛。

ていうか、女性運転手だ!
ちびっ子たちを押しのけたような、押しのけてないような気がするが、運転席をもちろん激写!
でも、運転席内が暗くてちゃんと写らなかった。
むぅ。家に帰って、根性で画像補正。

女性運転手 目を凝らして、想像力をかきたてれば、ぼんやりと見えるかな。

「愛してるぜ、ハニー。京都までかっとんで運転してくれよ」
と、心でつぶやき、いざ座席へ。

客車

まぁ、普通の新幹線の客車なのだが、700系のシートの色が濃紺なのに対して、N700系では明るいブルーになってる。見慣れてないせいか、ちょっと目にまぶしい。
それから、ドアの上についている電光掲示板が大きくなっているようだ。駅に到着前に、左右どちらのドアが開くのかを知らせてくれたりする。広告やニュース、通過中の駅の表示が出るのは従来のまま。
N700系ではビジネス客を意識して、各列に電源コンセントが配置されたことが話題のひとつ。しかし、窓側座席の足元にひとつずつしか付いていない(普通車の話。グリーンは知らん)。そのため、通路側に座ってしまうと、隣の人の足元に電源コードを這わせなくてはならなくなる。ノートPC等の利用を考えている場合、窓側の席をゲットすべきだろう。
あとね、新しい車の匂いがした。オゾンだか、なんだかの、新品の工業製品のあの匂い。

で、N700系といえば、全車両禁煙になったのも話題のひとつ。
その代わり、列車内3箇所に喫煙スペースが設けられている。
エクスプレスE予約でも、N700系車両の場合は「喫煙所のそばの座席にする」というオプションチェックができるようになっている。
そんなわけで、当方は喫煙車両の近くを選択した。
その結果、7号車11列C席(3列シートの通路側)が割り当てられた。
確かに、7号車には喫煙スペースが設置されている。

で、早速喫煙スペースの視察に行った。

喫煙所
世の中的に嫌煙の風潮があるのはわかっているので、大きな声で言う筋合いがないのはわかっているけれど、とにかく喫煙スペースは狭い。
灰皿が横に4つ並んでいるが、4人入るとかなりぎゅうぎゅうである。それでも、今日の実績で5人入ったけれど、もうそれでいっぱいいっぱい。タバコの火が腕に当たりそうで、怖い。
奥行きも80cmくらいしかないので、すれ違うのもつらい。
出入り口は、自動ドアではなく、ボタンを押して開くタイプ。人の移動を察知して扉が開くわけではないので、不用意に煙が外に漏れないように配慮されている。
しかし、中が狭いので、下手に腕を動かしたり、壁にもたれかかったりすると、ドアが開いてしまう。実際、今日も不注意でドアを開けっ放しにしているおじさんがいたので、勇気を出して注意してみた。
ただし、換気扇のパワーはかなり強力な様子。昔の新幹線の喫煙車両はそりゃ最悪で、喫煙デッキですらかなりタバコくさかった。しかし、この禁煙スペースは、ある意味快適にタバコが吸えた。
#おかげで、乗車2時間20分の間に6回位タバコ吸っちゃったよ。

ところで、喫煙者なら、N700系は喫煙スペースの付いている7号車に乗るのが鉄則だと思いました。
なんと、7号車の喫煙スペースの目の前には、パーサー(車内販売の売り子さん)の控え室がある!

パーサーの控え室

こんな風景を眺めながら、喫煙できます。
おかげで、タバコの吸い口が、よだれでベトベトになるくらいです。
8号車はグリーン席なので、グリーン席の検札をする紺の制服のおねぇさんもこのあたりに待機しています。
もう、新幹線から富士山が見えなくても、たっぷりと目の保養ができるわけです。
眼福、眼福。

俺
そんなわけで、隣で寝ているおっさんをシャッター音で起こそうが、何をしようが、一人でこんな写真を撮ってはしゃいでしまいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (3)

  1. 私もこの連休、東京にいました☆
    ちなみに宿泊は大塚。でも有楽町界隈をうろうろしてたので、どっかですれちがってたかもね笑

  2. わー♪新幹線だーっ♪
    先日、新幹線に乗車する機会があったのですが
    到着時間の都合でN700系に乗れなかったんです。
    でも一瞬だけ、駅でN700系の顔を見ることができて
    鼻血を吹きそうに興奮してしまいました。
    ヨダレも出ていたかもしれません(笑)
    新幹線って乗ってるのも楽しいんですけど
    駅で「わー、700系が来た!あ、今度は500系!!」と
    見てる方がもっと楽しいなぁ・・・と思ったりもするんですけど
    木公さんはいかがでしょうか?

  3. ゆっこさん:
    東京にいるなら、教えてくれたらデート(デート?デートなのか!?)にお誘いしたのにぃ。
    ていうか、僕だって知らせてないんだから、どっちもどっちですが。

    りんちゃんのお母さん:
    女の子を見て楽しいのと同様に、新幹線を見るのも大好きですよ。
    新幹線に乗って楽しいのと同様に、女の子に・・・(以下略)。

    細くてかっちょいい500系は見る分には好きなのですが、中はちょっと窮屈な感じがして乗るのはあんまり好きじゃないっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。