Ubuntu の Wine で AL-Mail が動いた

LinuxディストリビューションのUbuntuの上で、Windows プログラム実行環境である Wine を使って、AL-Mail32がばっちり動いた。
まあ、動くのが当たり前といえば当たり前なのだが、なんだかものすごく感動した僕がいる。

Ubuntu のデスクトップ (クリックで拡大)
Ubuntu のデスクトップ




Ubuntu とは?】
パソコン用のオペレーション・システムの1種で、要するに Windows や Mac OS の代わりとなるもの。

今回僕は、Ubuntu 8.04 日本語ローカライズドDesktop CDを使った。
ゲットしてきたファイルをCD-Rに焼いて、そのCDで起動したら、あっというまにインストールができた。使うCDはたった1枚。選択肢もほとんどなく、すげぇ簡単。
2006年に当blogサーバ用にFedora coreを入れたときも、随分簡単にインストールできたけれど、CDを6枚入れ替えた。それが今回は、1枚ですよ。DVDじゃないよ、CDだよ。
ブラウザーやオフィス・スィート、メディア・プレイヤーなど、一通りのものも揃ってるからすごい。足りない分は、ネット経由で楽々インストール。インストール用のシステムもかなりしっかりしてるから、使い始めるまでにかかる手間はWindows パソコンのプリインストールよりもずっと楽だった。

ちなみに、使ったマシンは、メインマシンじゃなくて、古くなって眠ってたマシンです。


Wineとは?】
Ubuntuは、基本的にWindows用のソフトウェアは動きません。しかし、このWineを使うと、Ubuntu(や、他のLinux マシン)で Windows ソフトが動くようになります。

Ubuntuでのインストールは簡単だった。たしか、
sudo apt-get install wine
と、1発打つだけ。
一気に環境が整った。



AL-Mail32とは?】
当方が15年弱にわたって、浮気することなく使い続けているメールソフト。
Linux や Mac を使わずに、Windows を使い続ける理由は、このメールソフトのため。

それが今回、Ubuntuで動いちゃったから、もうWindows を捨ててもいいかなという気になってきた。
今のメインマシンのWindows は電源を入れて使い始めるだけで、メモリが1GBも消費されてる。
しかし、Ubuntuクンだと、たった370MB。30%くらいじゃないか。
なんか画面もきれいで、文字も読みやすい。今、Windows マシンに戻ってきてフォントの汚さに吐きそうになった。

ただ、上の画面にあるとおり、日本語入力がなんか変。
「テスト」と打ちたいだけなのに、勝手に文字が増殖したりする。
もう一息、移行は待つかな。

コメント (17)

  1. さぁ、いよいよこれでMacへ移行しない言い訳が一つ減りましたよ。

    ...と、お約束の書き込みしておきます。

  2. Mac へ移行する積極的な理由もなくなったわけですよ。
    普通の Linux ディストリビューションをインストールすればいいわけですから。

  3. >Mac は右クリックできないじゃん。

    これ、スゴい古いデマ。木公くんレベルでも流布してるくらい、工作員が多用してるけど。

    >普通の Linux ディストリビューション

    Linuxでできることはほぼ全てMac(=BSD)でできるから、いじり倒すのが好きなオタクでない限り、インストールや設定が簡単なMacの方が楽なんですけどね。

  4. 今はMacでも右クリックしまくりですよ。
    Macでできないのはソリティアくらいのもんです。
    あ、僕のウサギ当てゲームもできないよ。

    bmbさん,
    > Linuxでできることはほぼ全てMac(=BSD)でできるから、

    あ、すみません、Macに普通のLinuxはネタです……。そんなことする物好きはあまりいないでしょうね。

  5. >僕のウサギ当てゲームもできないよ。

    VMWare入れてWindowsを動かせばOK. 実際、VBの実験プログラムをMac上で作りましたよ。Exposeとかあるせいか、逆に効率が良かった。あと.NETのWindowsプログラムなら、そのままMac上でコンパイルできるとか。


  6. Windowsはいじり倒すのに飽きましたが(注)、Linux系はあまりいじり倒したことがないので楽しくやっております。
    Mac にあんまりいじるところがないんだったら、やっぱり魅力が薄いなぁ。

    (注)でも、今日は windows のフォントをきれいにするのに試行錯誤した。まずは、「画面のプロパティ」→「デザイン」→「効果」→「次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする」→”ClearType”選択で、ちょっとうれしくなりますね。
    ただ、普通の日本語フォントはClearTypeに中途半端にしか対応してないみたいなので、MS Office についてくる HGゴシックとかに変えてやると、よだれが出るくらい改善されました。

  7. >Mac にあんまりいじるところがないんだったら、やっぱり魅力が薄いなぁ。

    いやいや、それは誤解。表示を美しくするためにいじったり、まともにつかうためにいじるような、「マゾヒスティックないじり」はMacにはないけれど、便利なものをもっと便利にするための「建設的ないじり」なら、いくらでもありますよ。だって、UNIXなんだから。今もまさに、gnuplotのコンパイル/インストールに嵌まっているし。

  8. だめじゃん!

    Windows はおいておいて、とりあえず Ubuntu ですが、gnuplot のインストールは3分かからずに終わりましたよ。
    「Synaptic パッケージ・マネージャ」→「”gnuplot” を検索」→「gnuplot を右クリックしてインストール」→「適用」→依存関係も自動的にチェックしてくれて、最新版をダウンロードしてインストール→終わり。

  9. Macportsっていうのがあって、基本は同じですよ。

    嵌まってるのは、Mac OS X 10.5.*になってから、gnuplotが依存しているプログラムのversionがおかしくなったという話。些細な話ですが、それもググって情報集種してから、自分でmakeし直せば良いだけなのです。

    という訳でまとめると1)LinuxにできてMacにできない事はないけど(Synaptic vs. Marports)、その逆はたくさんある。2)基本はUNIXなので、ターミナル使ってガシガシと、いくらでもカスタマイズできる。

    正直な話、シミュレーションとかやるんだったら、出力ファイルの加工やグラフィック表示をするのに、シェルスクリプト+UNIXソフトを使うのが、一番効率的だということが、嫌って言うほど実感してます。Windowsにcygwinでも我慢できない事はないけど、もう、windowsオンリーの世界なんて、仕事にならない。

  10. 私もXPを利用していてフォントは気にしていたのですが、
    先日メイリオをいれてご満悦です。

    OSの設定、ブラウザ、メーラー何から何まで
    でフォントを変更できるものは片っ端から
    メイリオにしましたよ。

    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=f7d758d2-46ff-4c55-92f2-69ae834ac928&DisplayLang=ja

    詳しくは「XP メイリオ」で検索ということで

    私もメインマシン環境はリナに移そうか?
    悩みますね。

  11. メイリオ、ちょっとだけ試しました。字の形が良くて読みやすく、メニューとかに使うには最適でした。
    しかし、行間がものすごく広くて、普通のアプリケーション・ソフトで文章を読み書きするにはイマイチじゃないですか?

  12. メイリオは確かに横に広いですなぁ。
    私的には、今までのMSP○○やMS○○に比べてだいぶ?相当?見やすかったので、メイリオにした感じです。
    とくにFireFoxはこれにしてよかったかと、
    行間を設定できるものがあればもっとよいのですが…。
    また目に優しいフォントがあれば報告します。

  13. メニューとかデスクトップのアイコンとかは、”Tahoma” にするだけで、随分と改善されますよね。
    でも、メイリオをダウンロードしてきて入れると、もっと良いというのにも同意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。