NHK ニュースウォッチ9でのマイケル・ジャクソンの扱い

NHKニュースウォッチ9では、冒頭7分ほどの扱い。NHKらしく、落ち着いた論調で報道。

マイケル・ジャクソンの絶頂期は日本のバブル期とちょうど符丁することを指摘(スリラーが1983年、来日公演が1987年)。マイケル・ジャクソンは、日本の繁栄の象徴として国民の心に根ざしているのではないかと述べていた。
さすがにそれは言いすぎだろうと思いつつも、独特の解釈として興味深く耳を傾けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。