一番大切なデート: 東京の空・上海の夢

2004年8月にTBSで、4夜連続で放送された深夜ドラマ『一番大切なデート: 東京の空・上海の夢』をDVDで見た。

当方が、山瀬まみの次に愛している永作博美が主演。先月初め、永作結婚のニュースに少なからぬショックを受けた当方であるが、ウジウジしているのもアレなので、スカッと5年前の永作のかわゆさを堪能しようと思った次第。



東京で初雪が降る夜、新たに付き合いだした男と始めて手を握る永作。
新雪で作った雪人形のように、触れただけで解け出してしまいそうなかわゆさじゃないか。

初雪の中の永作


風邪でダウンした一人暮らしの男の、むさくるしい部屋に看病にやってくる永作。
この部屋同様に汚い家に住む当方だが、永作がやってくるだけで全てが浄化されてしまうんじゃないかと錯覚していたり、いなかったり。

むさくるしい男の部屋にやってくる永作





まぁ、そんな感じで永作を堪能した当方である。


ドラマのメイン出演者は、永作博美さとう珠緒蒼井優、京野ことみ、>> 越えられない壁 >>、りょう の5女優(ドラマのクレジット順ではなく、当方の好物順に並べた)。

レストランでの Girl's talk に花が咲く

全4話のうち、前半は5人の女性たちの「思い出のデート」に関する girl’s talk がオムニバス形式で語られる。各登場人物の重要視するデート(デート?デートなのか!?)のポイントが微妙に異なっている。だから、工夫が凝らされているのだとは思うが、全て女性の視点から描かれていて、30台半ばのオッサンである当方にとってはいまひとつピンと来ないエピソードばかりで、危うく寝落ちしそうになった。
しかし、年頃の乙女のみなさん(もしくは、乙女時代を思い出す頃合に差し掛かったおねぇさま方)なら共感しながら見れるのかもしれない。

そのように前半で各登場人物の恋愛観の違いや抱えている問題を浮き彫りにし、後半では各人が幸せな恋愛関係のあり方を悟り、それぞれに小さな幸せを掴んでいくという形でフィニッシュ。
ただし、主に焦点が当てられているのは、永作博美と >>越えられない壁>> とりょう(当方の好物順)のみであって、他の登場人物に関しては「前半も出したから、後半で一応落とし前はつけておきますよ」程度の扱いだった。
5年前の蒼井優を目当てに見るなら、第2話あたりに集中力のピークをもってくると良いかもしれない。


あと、2004年という時代を反映してか、蒼井優がFOMAのテレビ電話をやたらと使っていたり、さとう珠緒がわざとらしくオサイフケータイで支払いをしていたりと、「ああ、放送当時はNTTドコモがスポンサーだったんだろうなぁ」と大人の事情が見え隠れするところに苦笑せざるを得なかった。


荒川良々ところで、当方の好物な女優たちに囲まれるというオイシイ仕事をしていた、レストランのウェイター役の男。可愛そうなことに、webのキャスト一覧にはクレジットされていない。
しかし、坊主頭で妙に姿勢正しくうやうやしい立ち居振る舞いで、単なる脇役なのにものすごい存在感。一見、売れない漫才コンビの片割れに見えなくもないけれど、しっかりと俳優行に精を出している人らしい。
名前は、荒川良々(あらかわよしよし)で、僕は最近では『鴨川ホルモー』の京大の先代部長役で見た。意外といろんなところで見かける人だ。でも、見かけるたびに坊主頭なのが、妙に笑える。こっそり応援したい。

コメント (10)



  1.  蒼井優、りょう、さとう珠緒、永作博美、京野ことみ、かなぁ。

     ちなみに、荒川良々は『真夜中の弥次さん喜多さん』で大フィーチャーされてますよ。

  2. りょうを高位に、永作博美を低位にランク付けする sterai さんの見る目のなさを批難しようかと思ったのですが、冷静に考えれば、女の子の趣味が一致しないということは歓迎すべきことだと気付きました。sterai さんとの間で、女の子をめぐった争いが発生しないってことですものね。
    これからも互いの領分を守って、仲良くしましょう。:)

    でもさ、次の永作出演作を品定めするために、映画の批評をたくさん挙げている sterai さんの blog を見たんだけれど、『好きだ、』1作しか見つからない。バイ・プレイヤー女優としては一定の評価がある彼女の出演作をほとんど見てないってのは、ちょっと偏りすぎじゃないですか、と非難しておく。
    http://orange.ap.teacup.com/applet/kotamr/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%89i%8D%EC&x=49&y=6&inside=1

    あと、『真夜中の弥次さん喜多さん』は一度見たはずなのですが、荒川良々は全く記憶に残っていません。恥ずかしながら。
    ていうか、同映画は当方の守備範囲から完全にハズれていて、一通り見てはいたのですが、早く終わらないかなぁってことばっかり考えていた記憶が。

    sterai さんとは、女性の趣味が合わないのと同じように、映画の趣味も合わないんじゃないかと不安になってきたり。
    #『真夜中・・・』は sterai さんが指摘する通り、見る人を選ぶ映画だろうけど。
    #http://orange.ap.teacup.com/kotamr/83.html

  3.  何ヶ月か前に『気球クラブ、その後』って映画を観たんですけど、そりゃもう信じられないくらいダメな映画で。最低2回DVDを観てから感想文を書くんですが、なかなか2回目を観る気にならない、という…。

     実は、永作博美って「パッと見た瞬間に嫌い」なタイプなんです。むしろ、ルックス的には嫌いじゃないのに、女優としての致命的なオーラのなさで永作博美より下位にランクされてしまう京野ことみの不憫さよ…。

  4. 『気球クラブ、その後』の公式サイトのように思えるところ(http://kikyuclub.com/)は、本当に公式サイトなんだろうか。近年の映画作品にはあるまじきサイトですな。
    ジャケットの永作もなんか暗い感じだし、この映画はパスしておくことにします。

    京野ことみって『白線流し』で出始めの頃は、僕の周りの人々を信じられないくらいに虜にしていたのですが、その後ぱっとしませんわなぁ。

  5. 『気球クラブ、その後』見ました。1.5倍速の早送りで見ましたが、それでも忍耐力を必要とする映画でした。

    でも、永作博美の小悪魔的色気はとても良かったです。

  6.  あれ? 「パスしておく」って言ってたのに、観てしまいましたか。

     この映画、予告編には何か期待させるものが含まれていたんですが…、気のせいだったんですよね~。

  7. やっぱり永作博美のことが気になったのと、たまたまレンタルするチャンスが重なったからです。

    ハイ・ティーンで「大人と子供ハザマに憧れる」みたいな頃だったら、青春バイブルの一つになったかもしれんなぁと想像するのですが、中年の域に差し掛かった現在ではしらけるというか、なんというか。そんな感じでした。
    中学校の卒業文集を読んじゃったっつーか。

  8.  あの映画で不思議なのは、撮ってる人間はもう大人のはずなのに「大人」の描き方がもの凄く陳腐なんですよね。しかも、監督はわりと「衝撃作」で知られている人だそうで。謎です。

  9. 映画『好きだ、』☆☆☆☆☆

     alm-ore 2010年度上半期「これを見ると別れた恋人に会いたくなっちゃうよね」部門、堂々の1位映画。…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。