俺の中二病: かなり痛いペンケース

中二病 (wikipedia)

中二病とは、思春期の少年にありがちな、「大人の価値観とは微妙にずれた自意識過剰」及び、それから転じて起こる数々の「中学2年生(14歳、ティーンエイジャー)くらいの年代にありがちな言動」をユーモアを交えて、「病気」として比喩したもの。



中学1年生の時に、Michael Jackson と 山瀬まみ にゾッコンとなった当方。風変わりな言動が特徴であった彼らを見ながら中学2年生になったものだから、当方は悪い中二病をこじらせてしまった。
奇行を恥ずかしく思わない方向に。




マイケル・ジャクソンのペンケース当時使っていた缶ペンケースは、もちろんマイケル・ジャクソンのもの。映画『ムーン・ウォーカー』のワンシーンがプリントされたもの(1998年製)。
ちょうど、”Leave me alone” のシーンの映像。下に引用した映像の、3:30あたり。バックで “エレファントマンの骨” と一緒に踊っている姿です。
(このビデオは、世間に流布するマイケル・ジャクソンの噂を自虐的に取り入れているビデオです。酸素カプセルで毎晩寝ているとか、エレファントマンの骨を購入して飾っているとか)




まぁ、ここまでなら
ああ、木公はよっぽどマイケル・ジャクソンが好きだったんだね
と微笑ましい話で終わるのだが。

警告
これより先は、マジでキチガイじみています。心臓の弱い方はここで引き返してください。



緩衝用写真:
邪魔すんなよ、あるにゃん。

撮影の邪魔をするあるにゃん



さきほどのペンケースのふたを開ける。

ふたを開けると、そこは山瀬まみだった

山瀬まみの群れ。
35歳になった今、自分で見ても、さすがに引いた。
1枚1枚の山瀬まみは可愛いのだが、これだけ束になるとやばい。

よく見るとモザイクがかかっている部分がある。そこには女の子とのツーショット・プリクラが貼ってある。四半世紀弱の付き合いになる妹分。この写真を撮り終った直後、「マイケルの件で落ち込んでない?」とタイミングよくメールを送ってきてくれた、かわいい妹分。
でも、非公開のためモザイク。


中蓋の裏

中蓋の裏にもシールがベタベタ貼ってあった。しかし、ここは通常使用では見ることがないので、あえて山瀬まみの写真は貼らなかったのだ。
10年ぶりくらいに開いたのだが(さすがに今はおとなしいペンケースを使っている)、消しゴムも替え芯もほぼ新品だった。まったく勉強してなかったみたいで、なんか悔しい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (10)

  1.  あら、本当に好きだったんですね。

     「今夜はBeat it」「スリラー」等がヒットしたのは僕が中1~中2の頃で、僕にとってのマイケル・ジャクソンは「メジャー」「王道」そのものです。となると、当然マイケルには惹かれず、代わりにプリンスに興味を持つわけですが、何かプリンス気持ち悪くて(笑)。結局ビートルズ聴いてました(ビートルズの缶ペンは持ってた)。

  2. そうなんですよ。単に今朝からセンセーショナルな話題に食いついていたわけじゃなくて、本当に思春期の憧れだったのですよ。

    ペンケースの元になった映画『ムーンウォーク』のエンディングが、”Come together” のカバーで、僕はそこから the Beatles の世界に入りました。今は、John Lennon も僕のヒーローの一人ですが、その仲立ちが MJ だったのですよ。
    #この映画に Sean Lennon が出てるのも、また奇妙な縁。
    http://www.youtube.com/watch?v=w_Z8k5ChsX8

  3. シャーペンや消しゴムの下に引いてあるシートは、キキララのピンクの折り紙。さすがに自分でもキモい。

    10年ぶりなので、そのシートの下がどうなっているかは覚えていなかった。まさか何もないだろうと思っていたのだが、今実際に確認してみたところ、驚愕のあまり失神しそうになった。
    真ん中に張ってある山瀬まみの黒い水着の写真の下半分がケースの底に貼り付けられていた。つまり、ペンやキキララのシートを全て取り除くと、山瀬まみの顔から腰までの姿が出てくる仕組みになっていた。自分がキモくて仕方がない・・・。

  4. 「3次元だからマシじゃないですか。私は、フォウ・ムラサメのブロマイドを生徒手帳のカバーに挟んでいました」...と書こうと思ったら、しっかりと月野うさぎのシールが貼ってありますね。

  5. そのブロマイドの衣装、ホンコン、キリマンジャロ、ノーマルスーツのいずれなのか気になります。
    まさか、禁断の北爪画のヌード版じゃないでしょうな。

    ちなみに僕は、キリマンジャロの「バーン!」こそがフォウの真髄だと思っちょります。

  6. 肝心な所で趣味の違いが露呈しますね。フォウといったら、ホンコンに決まっているじゃないですか。ブロマイドは覚えてないけれど、多分、ホンコンのはず。本当は、小説版のフォウの最期が真髄だと思いますが。

  7. 意味が分からない人への解説(衣装の違いに注目)

    ホンコン
    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/ab/1f853368540de1028f11ac06d6b1abb8.jpg

    キリマンジャロ(「バーン!」)
    http://image.blog.livedoor.jp/kingsefa/imgs/2/a/2a70e0e0.GIF

    ノーマルスーツ(画像、右)
    http://blogs.yahoo.co.jp/universalcentuly/GALLERY/show_image_v2.html?id=http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/55/71/universalcentuly/folder/1600803/img_1600803_34833483_0?1205991559

    北爪画のヌード
    http://blog-imgs-22.fc2.com/g/e/r/gerberatetra04/dokuo23895.jpg


    ところで、小説版の最期ってどんな話でしたっけ?読んだのが20年前なので、恥ずかしながらよく覚えてないです。
    講談社版を持ってるのですが。今は絶版になっていて、永野護がイラストを書いてるやつです。
    #この話題がもう1日早く出ていれば、実家から回収してきたものを・・・。

  8. Michael Jackson Lifetime Collection: 遺品展@東京タワー

     東京タワーのすぐ隣に出かける用事があった。  そして、全くの偶然にも、東京タワーで Michael Jackson the Official Lifet…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。