Ori, Ori, Orianthi! (ライブ映像追記)

Orianthi playing the guitar alongside of Michael JacksonMichael Jackson の最後のコンサートにバンドメンバーとして選抜されていた女性ギタリスト Orianthi
リハーサル映像を集めた映画 “This Is It” を先週28日の封切を見て、彼女のキュートな外見と熱いギタープレイに一発でノックアウトされてしまった。

映画を観た翌日には、10月に出たばかりの Orianthi のCDアルバム “Believe” を amazon で注文し、昨日届いて早速聞いたり。
CDを聞いてるだけじゃ物足りなくなって、彼女の動く姿を見たくなって、youtube で映像を見まくったり。









でも、正直彼女のボーカルにはあまり興味が惹かれないし、PVやCDジャケットのメイクは童顔好きの当方からすればちょっとケバ過ぎる。

「映画で見たときは、もっと可愛らしかったのに・・・」
と思い、今日もまた、映画館に行って映画を観てきてしまいましたよ。
Michael 目当てが6に対して、Orianthi が4 くらいの比率で。

映画が始まってから、ずーっと画面の奥のバンドメンバーの位置を凝視して、Orianthi の姿を探してしまいましたよ。
また、彼女の見せ場である “Beat it” や “Black or White” でのソロプレイは、目玉をひん剥いてガン見してしまいました。

ついでに、どっかの誰かが悪さした映像も見つけちゃった。これが “Black or White” のシーン。
Michael が Orienthi に向かって、”It’s time for you to shine. (君の見せ場だよ)”なんって言ってるのもいい感じ。



ポニーテール姿に激烈に萌える。
銀幕上でアップになる彼女の金髪のポニーテールと、厚ぼったい唇だけで、白飯が2杯は食えるところです。
ギリシャ人の祖母の血を引いているそうで、僕には美しいギリシャ彫刻のように見えましたよ。

また、映画の中では、30秒くらいの彼女へのインタビューシーンがありました。24歳(1985年生まれらしい)だという彼女が、明るくケラケラと屈託なく笑う姿を見て、おっちゃんも10歳くらい若返る気持ちでしたよ。

twitter で Orianthi のアカウントもフォローしちゃったりして、彼女がいつ飛行機に乗ったとか、いつ寝たかとか、いつ起きたかとか、そういうのをつぶさに追いかけて、なんとなく和んでいる僕がいますよ。


そんなわけで、alm-ore は、日本向けにはぜひともナチュラルメイクで売り出して欲しいと願いながらも、Orianthi を全力で応援していきます。

Peace and Love, alm.


【追記 2009-11-2 6:00】
MTVのライブ映像

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。