岡崎京子『pink』

このマンガ、大好きです。
10年くらい前に人の家に置いてあって、エロい表紙に興味をひかれて手にとって、読んでみたら主人公が売春婦でエログロで血生臭く、そういう設定にもかかわらず、ロマンチックで微笑ましく、互いを慈しみ合うような愛ある男女の物語で、悲劇的な結末ではあるのだけれど前向きで、大好きなんです。

ハルヲくんのヘタレな独白も、いちいち好きです。
以下のふたつは、リアルに引用してつぶやいたことある、たぶん。

ももの缶づめはひんやり
のどに冷たく
熱のせいか
薬のせいか
何だかオレはこの部屋で
人生を台無しにしてもいいや
とゆう気になった


でもオレできないの
気が弱いから


気が弱いからさあ




こんな名作が絶版なのは悲しい。
今回、古本でゲット。なかなか状態が良かったのが幸い。

Pink (MAG COMICS)
岡崎 京子
マガジンハウス ( 1989-09 )
ISBN: 9784838701070
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。