NHK『ゲゲゲの女房』第66回

 昨日、出版社の社長役で出てきたのは住田隆であり、以前に女医役で出てきたのがふせえりであり、時間差でビシバシステムが揃ったことに軽い感動を覚えた当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第66回めの放送を見ましたよ。

* * *
「貧乏神をやっつけろ」

 大蔵省の男(片桐仁)が土地を取り上げると通知してきた来た翌日。別の役人(石黒久也)が来て、帳簿の間違いであったと謝罪した。

 安心し拍子抜けするふたりであったが、布美枝(松下奈緒)は世の中の不公平さに納得がいかなくなった。茂(向井理)に向かって、貧乏神をやっつけるような力作を描いてくれと訴えるのであった。いつになく強弁な態度に、茂はたじろぎながらも、その気になってくるのだった。

 茂は、超人的頭脳を持った少年が悪魔を呼び出して世直しをするという新作『悪魔くん』の構想を練り上げた。アイディアを見せられた戌井(梶原善)はそれをひどく気に入った。長編作として5冊出版しようと息巻いている。あまりに冒険的な計画に怖気付く茂であったが、戌井の勢いは止まらなかった。

 それからおよそ2ヶ月。ついに『悪魔くん』の初回原稿が完成した。原稿を見た戌井は、落ち着きをなくして大興奮する。彼は『悪魔くん』を傑作中の傑作だと評価し、大ヒット間違いないと考えている。しかし、茂自身はあまり喜ぶことができないでいた。本人でも良い作品ができたと思っているが、必ずしも作品の質だけで売れるかどうかが決まるわけではないと、これまでの経験で痛いほど知っていたからだ。

 それでも無事に原稿料を手に入れて、茂は帰路につくのだった。
 途中で模型屋のショーウィンドウに目が留まった。魅力的な戦艦プラモデルが売られていて、我慢できなくなった茂は貰ったばかりの原稿料でそれを買ってしまった。布美枝は後先のことを考えずに無駄遣いしてしまった茂に呆れ果ててしまうのだった。
* * *






 あああ。昨日登場した片桐仁は、黒尽くめで帽子を被っている不気味な男だった。『悪魔くん』のメフィストと似た姿だと言えば、言える。なるほど、その姿がメフィストのモデルになっていたのだ。細かいところがうまいな。
 なお、片桐仁の大蔵省の男が本物なのか、貧乏神の変化した姿なのかは、はっきりとされませんでした。実際に別の役人が取り消しに来たので、本物だったと考えることもできます。しかし一方で、その別の役人も込みで貧乏神のイタズラとみなすこともできます。茂らも貧乏神のイタズラではないかと思っています。
 まぁ、この作品はファンタジーなので、どっちでもいいと思いますが。

 貧乏神のイタズラだと思った布美枝は、清めの塩をまく。最初の2回ほどは勢い良くまくのだが、急にもったいないと思いとどまって、指先に少しだけ摘まんでパラパラとやる。笑わされてしまいました。松下奈緒のギャグ演技も板についてきましたね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. いつも楽しく拝見させていただいております。
    松さんが冒頭でコメントされてましたが、ビシバシステムの
    二人が出ていて、私も懐かしいと同時に今も現役でやっている事を嬉しく思いました。
    竹中直人の「恋のバカンス」が好きだったもので…
    物語は「悪魔くん」の創作に入って、ますます目が離せなく
    なってきました。
    でも貧乏生活はまだしばらく続きそうですねぇ。
    ともあれ、これからも拝見させていただきますので
    よろしくお願いします。

  2. 貧乏生活は続きそうですが、来週の予告を見るとプラモデルばっかり作ってました。原作も水木氏の半生も知らない当方は、「どういうこっちゃ!?」と思っているところです。
    そう思いながらも、茂のフリーダムな生き方が羨ましいっちゃ、羨ましいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。