NHK『ゲゲゲの女房』第75回

 「今日はマクラが思いつかないので、勘弁してくれ」と冒頭に謝罪する当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第75回めの放送を見ましたよ。

* * *
「初めての里帰り」

 布美枝(松下奈緒)が実家に帰って来た。布美枝の初めての里帰りを喜ぶ面々だが、それ以上に藍子のかわいらしさに大賑わいとなった。
 幼い頃に一番仲が良く、現在は農家へ嫁いだ姉のユキエ(星野真里)も顔を出してくれた。なかなか里帰りしないので汽車賃にも困る生活なのかと心配していたが、元気そうな顔を見て安心したと、気遣ってくれた。

 おばの輝子(有森也実)は、布美枝の弟・貴司(星野源)の見合い話を進めようとしている。父(大杉漣)もとても乗り気である。酒屋をもう1店舗つくり、貴司に所帯を持たせた上で全てを任せようと計画しているのだ。

 周囲で勝手に話が進んでいく中、貴司は何か思うところがありそうだったが、雰囲気に飲まれ、モジモジとして言い出せないでいた。母(古手川祐子)は貴司の様子がおかしいことに気づき、父をそれとなくたしなめるのだが、彼は聞く耳を持たなかった。
 夜、布美枝が部屋で藍子を寝かしつけていると、貴司と妹・いずみ(朝倉えりか)の低い声が聞こえてきた。布美枝にはっきりと聞こえたわけではなかったが、どうやら貴司には恋人がおり、店を継ぐことも完全には同意しているわけではないようだった。

 ある日、布美枝は幼馴染の親友・チヨ子(平岩紙)と喫茶店で会っていた。布美枝は、チヨ子が東京に訪ねてきたとき、家に招待せずに追い帰してしまった非礼を詫びた。貧しい生活を見せたくなかったのだと、本音を告げた。それを聞いたチヨ子はかえって安心したという。家に招かれないのは、夫が気難し家であるせいだと解釈していたのだ。夫の機嫌を伺いながら苦労することに比べれば、金の苦労の方がよほどマシだろうと、チヨ子は明るく言うのだった。

 しばらくすると、その喫茶店に貴司が入ってきた。彼は布美枝の存在に気づかないようだ。貴司は恋人・満智子(長澤奈央)に、勝手に縁談を進められていて困っていると打ち明けたようだ。しかし、それを体の良い別れ話だと思った満智子は泣きながら店を飛び出して行った。
 貴司は、そこで初めて布美枝に一部始終を見られてしまったことに気づいた。
* * *





 布美枝が実家に帰えれば、彼女の貧乏暮らしに対して実家の人々が茂に対して憤慨したり(見合いの席では、儲かるようなことを言っていた)、金策に走って、ところが逆効果になって、みんなの優しい気持ちはいただくけれど、私は今の生活に満足しているんです、と健気なセリフで一段落・・・みたいな展開になるのかと思っていたのですが、予想は外れました。
 布美枝の貧乏暮らしについては、「心配するほどじゃなくて、良かったわ」的展開で終わってしまいました。

 その代わり、弟のコイバナで事件を起こしていくという流れになりました。今日の頭出しは悪くない感じでした。展開に期待している僕がいます。

 しかし、ユキエが横山(現・ユキ姉ちゃんの夫)の陰口を言って本人に聞かれるところに居合わせたり、太一(貸本漫画屋常連)がラブレターを送った相手が店にやってきて、本人がいるとは知らずに迷惑だと一刀両断するところに遭遇したりと、「男女のトラブルに布美枝あり」って感じですね。「コナンくんが出かけた先に、必ず殺人あり」に匹敵するくらい迷惑かもしれん。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。