NHK『ゲゲゲの女房』第77回

 カラオケでは必ずチェッカーズの「NANA」を歌うけれど、矢沢あいの「NANA」は読んだことのない当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第77回めの放送を見ましたよ。

* * *
「初めての里帰り」

 布美枝の父(大杉漣)は、いずみ(朝倉えりか)の上京も、貴司(星野源)が婿養子に行くことも、一切許す気がない。イライラとして妻(古手川祐子)に当り散らすほどだった。

 夜、貴司が店にひとりでいるところへ、布美枝(松下奈緒)が話をしに来た。布美枝は、父が激怒する理由は中途半端にしか話していないからだ、腹を割って話をする必要があるとアドバイスをする。しかし、貴司は、一家が苦労して続けてきた酒屋なので、自分の一存で放り出すことはできないという。
 それに対して布美枝は、他の家族には黙っているような、もっともひどい苦労話を打ち明ける。そんな生活であっても、漫画を描く事が大好きな茂(向井理)と一緒にいることが幸せなのだと付け足す。人は、自分にとって一番大切なことを諦めてはいけないと言い聞かせた。
 その話に何か思うところのあった貴司であったが、口では家を放り出すわけにはいかないと強がりを言うのであった。

 翌日、布美枝は茂の実家へ出かけた。大喜びする両親は、近所の人々も招いて藍子をお披露目する宴会を開いた。その宴会の給仕は全て布美枝一人に任されてしまった。
 茂は自分の暮らしぶりを故郷には秘密にしている。近所の人々は、茂は大成功していて、次々に舞い込む仕事のせいで帰省できないのだと、勝手に噂話を始める。問いかけられて、布美枝は曖昧に返事をするのが精一杯だった。

 客が帰った後、茂の母(竹下景子)は茂らの本当の暮らし向きを訪ねる。明確な返事を避けた布美枝であったが、母な全て見通していたのだ。その理由は、村井家の男たちは父(風間杜夫)をはじめ、全員金に締りが無いからだという。それを支えるために、布美枝がしっかりしなければならないと発破をかけられるのだった。

 その夜、布美枝は境港に一泊した。
 その頃、店で仕事をする貴司の所へ、思いつめた表情で恋人の満智子(長澤奈央)がやって来た。

 翌日、布美枝が実家に帰宅した。家の様子がおかしい。ついに父と貴司の間で何かが起きたらしい。
* * *





 どうも冗長だった。
 今週の本筋は貴司の跡継ぎ問題。そちらの進展としては、ついに父との対峙の時が来たということ。それも、放送の最後30秒ほど。

 その本筋に対して、茂の実家のくだり。「茂は貧乏を隠しているけれど、母にはお見通しですよ」ということ以外に、特筆するような動きもなかった。同じことを表現するにも、もうひとヒネリあった方が退屈せずにすんだように思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。