NHK『ゲゲゲの女房』第102回

 今朝、家の周りでは初めてセミの声を聞いた当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第102回めの放送を見ましたよ。

* * *
「プロダクション旗揚げ」

 落ちこぼれアシスタントの菅井(柄本佑)は足を引っ張ってばかりだった。今朝は、完成間際の原稿にコーヒーをこぼしてしまい、経理担当の義姉(愛華みれ)ですら我慢の限界に達した。彼女は茂(向井理)に直談判した。それを偶然耳にした菅井は、自分はクビになると思い込んでしまった。
 茂は、菅井の今気強さ(単調な図形を黙って描き続ける)だけは評価しているという。しかし、それを聞く前に菅井は立ち去ってしまっていた。また、茂は、彼の滑稽な人間味が気に入っているのだった。

 落ち込んだ菅井は、仕事部屋で他のアシスタントに相談したが、彼らも冷淡だった。茂を呼びに行かせたのに、ひとりで帰って来てしまったことを倉田(窪田正孝)になじられる。彼はコーヒー事件を根に持っているのだ。小峰(斎藤工)は、漫画以外にも仕事はあるとぶっきらぼうに言うのだった。

 菅井は自分の机に書置きを残し、辞めるつもりでプロダクションを去った。居なくなった直後、布美枝(松下奈緒)が書置きを見つけた。布美枝は慌てて後を追っていった。
 しかしその時、菅井はまだ家から数メートルしか離れていなかった。上京してきた布美枝の妹・いずみ(朝倉えりか)に家の目の前で声をかけられた。布美枝からの写真や手紙で全アシスタントのことを知っていたいずみは、相手が菅井だと知っていたのだ。そのことが嬉しくなり、また、いずみが自分に惚れていると都合よく解釈した菅井は、何事もなかったかのように仕事に戻った。

 いずみは父(大杉漣)の命令で、布美枝の妊娠とプロダクションの手伝いに来たのだ。彼女は東京ぐらしに憧れていたので、渡りに船だった。父とは1年間の約束だったが、どさくさに紛れて東京に居座ろうという目論見もある。
 茂の大躍進による生活の激変、特に大勢が家に出入りすることで布美枝は精神的に辛い思いをし始めていた。そこへ、故郷の肉親が来てくれたことで、布美枝はほっとひと安心するのだった。

 その頃、鬼太郎のテレビ局への売り込みは失敗していた。豊川(眞島秀和)と船山(風間トオル)は打開案を練っていた。彼らの本命はあくまで鬼太郎なのだが、水木漫画の実績を作るために、まずは「悪魔くん」でスポンサーを獲得する方針に決めた。それが成功すれば、鬼太郎で大勝負に出ようというのだ。
 「悪魔くん」を見せられた船山は、それでは失敗するのではないかと訝しんだ。しかし、豊川は胸を張って「悪魔くん」を推すのだった。
* * *





 藍子を寝かせた部屋の壁に、子供の描いた下手くそな絵が貼ってありました。藍子が茂の似顔絵を描いたのだろうと思ったら、なんと鬼太郎でした。よく見れば、チャンチャンコを着ていましたし、前髪が左目を隠していました。細かすぎるセット作りに大笑いしてしまいました。

 いずみ役の朝倉えりかについて。Web で彼女の写真を見ると、スラッとしていてなかなかの美人なのですが、ドラマの中では一見して太っているんですよ(©sterai)、ずんぐりむっくりとした顔なんですよ。別人に見えます。なんなんだろうなー、あれは。
 とはいえ、ドラマの中のちんちくりんな朝倉えりかが嫌いではない、ていうか好みな当方。私は自分自身は客観的に見ることができ、あなたとは違う(©福田康夫)ので、ここで宣言できる。彼女が身近にいたら、絶対猛アタックしてしまっている。過去に、朝倉えりか(ドラマ版)に似ている女の子と付き合ってたこともある。
 うん、朝倉えりかの時代が来た(俺の中で)。

 あと、ダイニングテーブルに座るいずみ(朝倉えりか)を背後から遠目に撮った画がありました。その時、彼女の足の裏が見えていた。足の裏フェチの当方に言わせれば、あれはいい足の裏だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。