NHK『ゲゲゲの女房』第90回

 明日はちゃんと参院選挙の投票に行く予定である当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第90回めの放送を見ましたよ。

* * *
「チャンス到来!?」

 大手出版社の編集者・豊川(眞島秀和)からの原稿依頼の内容は以下の通りあった。5月発売の雑誌に32ページの読み切り漫画。ただし、編集長からの命令で、子供たちに大人気の宇宙SF物を描いてもらわなければならない。

 喜んで引き受けようとした瞬間、茂(向井理)は仕事部屋の中のある物に気づいた。そして、仕事をきっぱりと断ってしまった。自分は宇宙SF物は得意ではないというのが理由であった。

 話が終わると、茂は溜まっていた仕事を再開した。豊川が帰るのに気づかないほどの没頭ぶりだった。仕事を断った上、見送りもしようとしない茂の態度に、布美枝(松下奈緒)はひどく恐縮して謝る。しかし、豊川はそれほど意に介するでもなく、茂の仕事姿に何かを感じ取っていた。

 一部始終を見ていた浦木(杉浦太陽)には、テレビも無い生活をしているから人類の初宇宙遊泳などの大ニュースを知らないのだ、そのせいで宇宙物を描くことができないのだろう、となじられる。頭に来た茂は、彼を家から追い出してしまった。
 布美枝も、茂が仕事を断った原因は、宇宙のことを何も知らないからだろうと想像している。そこで、金のことは心配せずに資料を買えば良いと提案した。しかし、茂はかなり虫の居所が悪く、仕事に口出しするなと怒鳴りつけるのだった。

 社に戻った豊川は、茂に断られたことを報告した。編集者たちには、たかが貸本漫画家が大手出版社の仕事を断るとは信じられないことだった。茂は、大舞台で勝負する度胸のない弱虫なのだろうと、編集者たちに嘲笑される。豊川だけは、茂の真意は何か別のところにあると思い、それを知りたいと強く思うのだった。


 夜になったが、布美枝も茂の真意がわからずいたが、やはり世の中の情報に対する知識不足がコンプレックスになっているのだろうと考える。嫁入り道具の一つとして、大切にしていたミシンを金に変え、テレビを買うことを決意する。仕事場を覗き、そのことを相談した。
 しかし、茂は相変わらず不機嫌で、その案を頭ごなしに否定した。すぐに話を打ち切り、夜食を用意するように冷たく言い放つのだった。しかし、茂もさすがに言い過ぎたことを反省し、夜食のカステラをつまみながら本当のことを話し始めた。

 漫画雑誌に移籍した貸本漫画家が、作風を変えて失敗し、消えていった例をたくさん見てきた。自分はその轍を踏まないよう、得意な分野で勝負したい。だから断った、と言うのだ。チャンスだからこそ、失敗しないように万全の備えをしたいというのが茂の意見である。
 それに加えて、豊川の背後で貧乏神(片桐仁)がニタニタ笑っているのが見えたという。貧乏神の罠だと思った茂は、とっさのところで仕事を断ったのだ。

 茂は、豊川の熱意をひしひしと感じたという。彼はきっと再びやってくるという確信を持っていた。
 その予言は的中した。数カ月経った梅雨入りの頃、豊川が訪ねてきた。
* * *





 貧乏夫婦の話の真骨頂は、相手に良かれと思ってやったことが裏目に出て困ったことになる。しかし、誤解の末に相手の真心を知り、より深く愛しあうようになるというものだと思う。
 今日のテレビうんぬんの話もそういう方向に行くのかなぁと思っていたけれど、あっさりと茂がカミングアウトして終了。僕には少々期待はずれでした。

 ちなみに、今まで僕の記事ではあまりクローズアップしてきませんでしたが、布美枝の唯一の特技は洋裁です。娘時代に洋裁学校に通っていたこともありますし、足踏みミシンは嫁入り道具の一つです。最近では、娘の服をミシンで作っているシーンがさりげなく挿入されていたりします。
 本人の特技であるというアイデンティティの根底、および貧乏生活を助けるお役立ちスキルということで、これまで存在感のあったミシン。母が手作してくれた着物すら質入した(そういや、その後あれはどうなったんだ?)のに、今まで家に残っていたミシン。それをテレビに替えようという布美枝の決意は、並大抵ではなかったのではないかと思われます。

 もう少し引っ張ってくれもよかったんじゃないかな、と思います。


 ひとつ、本文から割愛したことについて補足しておきます。
 編集者・豊川は、社内でのおぼえがめでたいようです。豊川を次期編集長にするという噂があり、本人の耳にも入りました。しかし、豊川自身は、まだ自分は30歳前と若く、そんな人間を抜擢するはずがないと言い、真面目に受け取りませんでした。
 その後、茂の家を再訪する事になったわけですが、茂に好きなように漫画を描かせるだけの権限を有したので、満を持しての再依頼ではないかと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. 予告を見る限りでは、来週で一気に売れっ子になるかのような描かれ方でしたね。急すぎて、僕はちょっと戸惑っているところです。;p

    予告映像はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。