NHK『ゲゲゲの女房』第93回

 明日の木曜日は、3週間ぶりにサラリーマンNEOの放送が行われるので、今から楽しみにしている当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第93回めの放送を見ましたよ。

* * *
「来るべき時が来た」


 茂(向井理)は、「テレビくん」の主人公の顔が奇怪すぎて、かわいらしさが足りない点が失敗だと気づいた。編集者の豊川(眞島秀和)も、摩訶不思議な世界にかわいい顔の子どもが飛び込むというギャップが、人気の契機になるだろうと賛成した。

 構想がまとまり、いよいよ原稿作成にとりかかる茂。しかし、主人公の顔がなかなか決まらない。その上、放送局の様子など、茂はテレビのことを何も知らなくて作業は難航した。

 梅雨で蒸し暑い中、懸命に描き続ける茂のために、布美枝は何か安くて精のつくものを食べさせてやろうと、町の乾物屋に相談に行く。テレビを買ってしまった直後なので、うなぎや干しアワビといった高級食料は買うわけには行かない。餃子なら、野菜でカサを増やして満腹になるし、ニンニクで精もつくとアドバイスをもらった。

 その時、町に古紙回収トラックがやって来た。そこで、あることを思いついて、井戸端会議仲間から古雑誌を大量に貰い受けた。さらに家に帰る途中には、喫茶店などめぼしいところを回って、さらに古雑誌をかき集めた。自転車のカゴと荷台に載り切らないほどに大量の古雑誌が集まった。

 夕食時、布美枝はおそるおそる茂に声をかける。テレビを知らない茂のために、雑誌からテレビに関する記事を集めておいたと言って差し出した。仕事に口出したり、自分の無知を指摘されると茂が怒鳴りだすことを知っているので、布美枝は萎縮しているのだ。
 しかし、食いしん坊の茂が目の前の大量の餃子を後回しにするほど、それらの切り抜きに熱中してしまった。すぐに、より多くの記事を集めてスクラップブックにまとめるよう命じた。その言い方は素っ気無かったが、布美枝には茂が喜んでいることがよくわかった。嬉々としてスクラップブックつくりに没頭した。

 「テレビくん」の主人公の最終スケッチも完成した。ほっぺたが丸くてかわいらしい姿に、布美枝も愉快な気持ちになった。
 そのスケッチを布美枝が一人で見ていると、何もしていないのにテレビのスイッチが入った。食料品のCMが流れる中、テレビくんが自由自在に動き回り、商品を勝手に食べ始める。驚いて見ていると、彼はテレビを飛び出して布美枝の目の前にやってくるのだった。
 そんな幻覚を見ることができるほど、テレビくんのラフスケッチは活き活きとしていて、見るもののイメージを膨らませるものだったのだ。

 梅雨の終盤。豊川が原稿を受け取りにやって来た。難しい表情で、寡黙に読み続ける豊川の横で、茂と布美枝は不安で落ち着かなかった。一通り目を通し終えると、豊川は感情をあえて抑えつけながら好評価を告げた。うやうやしく頭を下げると、原稿を受け取った。茂らがほっとしたところで、豊川は自身の感情の堰を切った。
 豊川は、テレビくんの秘密を唯一知る少年の位置づけが絶妙だという。その少年は貧乏の中で苦労しながら生きている。貧乏で苦しいからこそ夢の世界に憧れる。それを普遍的なテーマとして描きたい茂の意図を豊川は完全に理解したのだ。

 さらにその場で、豊川は次の原稿の依頼を行った。いよいよ、本誌『週刊少年ランド』へ漫画を掲載したいという。最初は読み切り16ページで始めるという。ただし、またしても条件が付いた。奇抜でインパクトのある戦闘シーンのある漫画にして欲しいというのだ。

 一瞬考えを巡らせた茂は、『墓場鬼太郎』を描きたいと答えた。豊川は手を叩いて喜んだ。彼は古くからの茂漫画のファンで、鬼太郎のこともよく知っていたのだ。茂が言い出さなくても、自分から願い出るつもりだったという。トントン拍子で話は進み始めた。
* * *





 「夫に精のつくものを食べさせたい」と若妻が相談しているのを耳にしたら、どうしてもエロ方面を連想してしまう僕は、人間が腐っています。ごめんなさい。

 ていうか、サラリーマンNEOのコント「白石夫妻」のインパクトが強くて、ずっと頭に残っている僕なので許してください。「白石夫妻」というのは、セックスレスの夫婦が主人公。夫は平気なのだが、妻がたいそう不満に思っている。いろんな店に出かけていって、最初は遠まわしで控えめなのだが、最後には直接的にセックスレス解消のヒントを聞きまわって周囲が迷惑するという話だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. 毎日お疲れさまです。
    たしかに今日の、夫に精をつける話は「白石夫妻」とシンクロしてましたね~w先週だったか、ドラマが終わった後にセックスレス特集やってましたが、あれは面白かったです!
    それはさておき
    今日の話で面白かったのは、「テレビくん」のもう一人の
    主人公の貧乏な少年(三太)の事がドラマの中でちゃんと語られていた事です。
    木公さんもその事を、割愛せずにきっちり書いてくれていたのが嬉しかったです。
    これからも目が離せません!

  2. 白石夫妻の意外な人気に笑いました。

    「テレビくん」は、このドラマで初めて知ったのですが、ドラマの中の説明だけでなく、akanameさんのコメントを読んで、貧乏少年の位置づけが漫画のストーリーにとても深みを与えているのだろうなと想像できます。チャンスがあれば読んでみたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。