仮面ライダーの夢を見た

 最近の仮面ライダーは見ないからよく知らないが、昔の仮面ライダーでは博士が悪の秘密結社ショッカーのために無理やり協力させられるという話がよくあったように思う。たいてい、博士の娘が誘拐され、脅迫されるのだ。

 僕も博士の端くれとして、ショッカーに脅迫されて世界征服に協力させられることになった。

 いや、そういう夢を見ただけだけど。




 妻も娘もいない僕が何でもって脅迫されたのか、夢のなかでは説明されていなかったので不明だ。それでも、一応、岩山を繰り抜いて作った秘密基地に連れていかれて、暗い部屋で脅されながら仕事をすることになった。

 社会心理学が専門の僕に与えられたテーマは
「人々が恐怖する覆面の検討」
であった。しょぼい仕事だが、自分の命が惜しいので一生懸命従事した。

 まず、「覆面恐怖尺度」を作ることになった。現行の覆面を被験者に提示して、「恐ろしいと思う」「逃げ出したくなる」「危険を感じる」「命令されたら従ってしまう」「素手で倒せると思う(逆転項目)」などの30項目を、5段階リッカート尺度(1:全くそう思わない、2:そう思わない、3:どちらともいえない、4:そう思う、5:強くそう思う)で測定。それらを因子分析して、3因子が抽出された。
 どんな因子が抽出されたのか、一番重要なところについては、見た夢を忘れてしまった。申し訳ない。

 作成された「覆面恐怖尺度」を利用し、実験を行った。いくつかの覆面デザイン案について、覆面恐怖尺度で評価してもらうというものだ。たしか、5種類くらいの覆面案があって、それらを被験者間要因として提示した。被験者は、ショッカーの職員30名。

 まぁ、やりゃあ何らかの数値が出るのは当たり前なので、その結果をショッカーの幹部に報告した。
 そしたら、
「ショッカー職員を対象にしたデータじゃん?一般の人がどう思うかは、この結果からは何も言えないよねぇ」
とダメ出しされた。

 そこで目が覚めた。
 いろいろ悲しかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。