豚とレタスのみぞれ鍋

 わが最愛の山瀬まみが甲子園球場で始球式をしていた頃、僕はスーパーで夕食の買物をしていた。
 午後から体が冷えて、頭も痛くなってきた。風邪のひきはじめっぽかったので、鍋でも食って体を温めようと思った。


 大根、豚肉、レタスを購入。ポン酢と一味唐辛子は家にあった。
材料




 大根をすりおろして、汁ごと全て土鍋にぶちあける。火にかける。
大根おろし


 水は足さない。大根おろしだけで豚肉を煮る。
豚肉投入


 頃合いを見てレタスを大きめにちぎって投入。
レタス突っ込む


 いい感じのところで、ごま油をタラタラと。
ごま油たらりんこ


 煮えたら、ポン酢と一味唐辛子でいただきます。
最後は食べるだけ




 この「豚とレタスのみぞれ鍋」は、山瀬まみ著『山瀬ごはん亭のおいしい12ヶ月』で紹介されている料理(p.69)。

 同書には40種類くらいのレシピが載っているのだが、僕が実際に作ったことがあるのはこの料理だけ。レシピはうろ覚えで、記憶をもとにスーパーで材料を買った。ていうか、覚えていたのは豚肉とレタスを大根おろしで煮るということだけだった。

 帰宅して本を読み返すと、もう少しだけ工夫すべきポイントがあった。読者の参考のために、以下に記す。

【材料 4人分】
  • 豚肉(しゃぶしゃぶ用) 600g
  • 大根 1本
  • レタス 1個
  • にんにく 2かけ
  • しょうが 2かけ
  • ごま油 大さじ3
  • ポン酢 適量
  • ザーサイ 適量
  • あさつき 適量
  • ゆず 適量
  • もみじおろし 適量

【作り方】
  1. 大根はすりおろす(おろし汁もそのままに)。
  2. レタスは大きめにちぎっておく。
  3. にんにく、しょうがはみじん切りにする。
  4. 土鍋に 3. のにんにく、しょうがを入れて、熱したごま油を注ぐ。
  5. 1. の大根おろしを 4. に入れ、煮立ったら豚肉、2. のレタスを入れ、煮て食べる。
  6. つけるたれは、ザーサイのみじん切り、小口切りにしたあさつきにポン酢を注いだもの。薬味に、ゆずの皮、もみじおろしを添えて。

 お試しあれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. 素晴らしい。レタスに火を通す料理ではお湯のなかにあらかじめ油を入れておくのが大事!その基本がしっかり守られている一品ですね。見直しましたよ、山瀬まみ。

  2. 最後に油を入れた当方(5枚目の写真)は基本がなってないということですね。
    山瀬本をじっくり読み込んで、お料理の勉強します(うちには4冊の山瀬料理系書籍がある)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。