NHK『カーネーション』第99回

ラサール石井が32歳年下の女性と結婚するという話(デイリースポーツ)を知り、「おいおいおい!劇中でも若い(と言っても三十代半ばという設定)の奈津(栗山千明さま)と結婚した(第95回)のに、私生活でもか!?」と言わずにおれなかった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第99回目の放送を見ましたよ。

* * *
第18週「ライバル」

1954年(昭和29年)12月。
学校への出かけ際、優子(新山千春)は糸子(尾野真千子)に念押しをした。優子に絵を教えている芳川(久野麻子)が洋服を作りに来るので、失礼のないようにして欲しいと言うのだ。糸子は多くの仕事を抱えていて、その予約のこともうろ覚えだった。優子はよく言い聞かせて家を出た。

午後、芳川がオハラ洋裁店にやってきた。ひと通り作業が終わると、糸子と芳川は優子の進路について話をした。
糸子の考えは、優子の好きにさせようというものだった。娘たちには家を継ぎたくないとはっきり言われており、それは仕方のないことだと諦めている。それだったら、彼女らの好きにさせてやろうというのだ。
芳川も優子の才能を大いに認めていた。ただし、画家として生計を立てることは生やさしいものではないと言うのだった。優子にそれだけの覚悟があるかどうか、芳川にも疑問だという。優子が美大進学を強く志望していることはわかるが、その先の生活について真剣に考えているかどうかはわからないというのが芳川の見立てだった。

その話を聞いて、糸子は優子の覚悟を確かめる必要があると考えた。優子が帰宅するやいなや、ふたりっきりで問いただしてみた。
ところが優子は、糸子が納得するだけの言葉を即答することができなかった。漠然と絵が好きで得意だということ以外に、美術大学へ進学する理由を挙げられなかった。駆け出しの画家は極貧に耐えなくてはいけないことや、一生芽が出ないかもしれないリスクなどについて何も考慮していないことが明らかだった。
糸子は優子を怒鳴りつけ、美大への進学を一方的に禁じた。

優子は一人でいつまでも泣き続けた。これまで自分の進路について放任主義だった糸子が、突然口出しするようになった理由がわからずに混乱した。急に自分の将来を否定されて、どうしていいのかわからなかった。妹たち(川崎亜沙美村崎真彩)も関わり合いにならないように、めそめそする優子から距離をおいた。
そんな中、千代(麻生祐未)は優子の味方だった。夕食も摂らずに泣き続ける優子におにぎりを作って持ってきてくれた。そして、糸子がなんと言おうと千代だけは優子の味方だと慰めた。千代が面倒を見るから、美術大学を受験すればよいと後押しするのだった。それで、優子の気も晴れた。

ただし、その日から優子は糸子と口を利かなくなった。その上、あちこちで糸子の理不尽さを吹聴して回った。糸子は近所でちょっとした悪者扱いされるようになり、少々困っていた。もちろん、そんな事でめげたり、考えを変えたりする糸子ではなかったが。

ついに優子は、糸子に向かって、死んでも糸子の跡を継がないと罵るようになった。
その言葉は、糸子にとって屁の河童だった。もともと糸子は、優子に跡を継いで欲しいとは思っていないからだ。それに、優子が「母は跡を継がせたくて美大行きを禁じた」と勘違いしているようではまだまだだと思った。
加えて糸子は、優子が親の言いつけなど守らずに、勝手に受験するくらいの気概を見せることを期待して待っているのだ。
* * *

続きを読む

NHK『カーネーション』第98回

『カーネーション・ドラマガイド part2』(amazon)には第20週までのあらすじが掲載されており、読むべきかどうか散々迷った挙句、結局読んでしまった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第98回目の放送を見ましたよ。

* * *
第18週「ライバル」

1954年(昭和29年)、ある秋の日曜日。戦争が終わり、あっという間に10年が過ぎた。生活も街も、そこで暮らす人々もずいぶんと変わった。

以前は電気店を営んでいた木之元(甲本雅裕)は、輸入雑貨品を扱う「アメリカ商会」を新たに始めた。木之元に言わせれば、最近の電気製品は見ていても売っていてもつまらない。角張ったデザインで、色も画一的だというのだ。店を半分息子(城土井大智)に任せ、木之元は気ままに暮らしている。
木岡(上杉祥三)は頑なに和履物専門店をやっているが、客も少なく、本人も年を取り、もっぱら盆栽いじりに精を出している。隣のオハラ洋裁店で何やらにぎやかな催しを行なっているが、我関せずといった感じである。

そこへ、11歳になった三女・聡子(村崎真彩)がテニスクラブの練習を終えて帰ってきた。聡子も店の騒ぎに気づいたが、特に興味もなく、勝手口から入って2階に上がった。

その日、オハラ洋裁店ではファッションショーが行われていた。モデルは店の常連客が務めた。初めての試みで、素人くさいところも多々あったが、たいへんな盛り上がりだった。特に、チューリップラインやHラインなど、ディオールが発表するデザインを真似た洋服が人気だった。

裏方として、次女・直子(川崎亜沙美)が手伝わされていた。15歳になった直子であったが、店のことやファッションショーにはあまり興味がなかった。音楽係としてレコードを操作するよう命じられていたが、いい加減にこなすばかりで、お菓子を食べながら鉛筆デッサンに熱中していた。彼女の絵の腕前はなかなかのものだった。

17歳の長女・優子(新山千春)は、より一層ファッションショーには興味がなかった。2階の部屋で、油絵制作をしていた。彼女は東京の美術大学への進学を希望しており、その受験勉強の一貫として絵の練習に明け暮れているのだ。

ファッションショーには、北村(ほっしゃん。)も様子を覗きに来た。彼は、過去にウソの噂を業界に流したため、一時はオハラ洋裁店との関係が悪くなっていたが、今では悪びれることもなく顔を出す。むしろ、小原一家の女たちとは仲がよすぎるほどである。
北村が甘い物をご馳走すると言えば、3人の娘たちは喜んでついて行った。

ホットケーキを食べながら、北村は娘たちの将来の夢について聞いてみた。
優子は、プロの絵かきになるかどうかはわからないという。その道が厳しいことを知っているからだ。しかし、絵の勉強は続けたいので、東京の美術大学に行きたいという。
一方、直子は、プロの画家になるという強い希望を持っている。直子は自分の腕前に自信があるのと同時に、姉に対して常に対抗意識を燃やしているのだ。姉が画家になることは難しいと言えば、自分は絶対になってやると応えるのだ。
まだ幼い聡子は、将来の夢も特になく、甘い物を食べるのに夢中だった。

ことごとく意見の対立する優子と直子だが、親の仕事を継ぐ気が全くないという点では一致していた。盆も正月も休みなく働き続ける母親の姿を見て、あのような一生は送りたくないと異口同音に言うのだった。

その日は、北村も小原一家の夕食に加わった。実は、北村は3ヶ月に一度は顔を出し、遠慮するフリをしながら食事していくのが恒例になっていたのだ。千代(麻生祐未)も北村のことを気に入っており、いつも楽しそうにもてなした。

他の者達と違って、糸子(尾野真千子)だけは北村に冷たかった。
糸子は、北村が業界にウソを言いふらし、周防や自分を苦しめたことを恨んでいるのだ。北村は過去のことだといってごまかすが、糸子は一生忘れないと言ってやり返した。
それでも、糸子は北村が頻繁にやってくることを受け入れていたし、家族と仲良くすることにも悪い気はしていなかった。むしろ、手応えのある喧嘩相手として歓迎しているフシもあった。北村が来るとついつい飲み過ぎてしまい、食卓で寝てしまうほどだった。

北村が帰っていく物音で、糸子は目を覚ました。
すると、糸子は起きだしてミシンの前に座った。夜も遅くなったが、これからもう一仕事しようというのだ。

糸子は41歳になっていた。しかし、まだまだこれからだと、自分を奮い立たせるのだった。
* * *

続きを読む

NHK『カーネーション』第97回

あんまり用事がないけれど、電車に乗って大阪へ行って来ようと思う当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第97回目の放送を見ましたよ。

* * *
第17週「隠しきれない恋」

1948年(昭和23年)12月。
結局、糸子(尾野真千子)が我を押し通し、周防(綾野剛)は糸子の下で働き続けていた。糸子の娘たち(野田琴乃二宮星、杉本湖凛)も周防によくなついていた。

ただし、他の従業員との関係や世間体があるので、隣町に紳士服専門店を作り、そこを周防ひとりに任せることを予定した。出店資金は糸子が全て用意した。糸子は自分の甲斐性を自画自賛した。

その一方で、糸子と従業員との関係は冷え切っていた。外出した糸子が土産に団子を買ってきても、全員から無視された。いつも糸子の味方だった八重子(田丸麻紀)ですら、はっきりと言うことは避けているものの、周防との関係についてあまり良い顔はしなかった。

ついに、糸子の話相手は周防しかいなくなった。
ところが、土産の団子を差し出しても、周防は手をつけようとはしない。実は周防は、店で出されたおやつをこっそりと持ち帰り、自分の子供達に食べさせていたのだ。そのことに勘付いている糸子は、周防の子供の分は別に買ってあると言って包を差し出した。
ふたりの間に少々気まずい空気が流れた。それでも、ふたりは互いの優しさに感じ入り、優しく寄り添うあうのだった。

店の内部の雰囲気が悪化しているのとは無関係に、店はむしろ大繁盛していた。莫大な利益が出ているので、昌子(玄覺悠子)も松田(六角精児)も、糸子のすることを表立って批判することができなくなっていた。糸子はそれを鼻にかけ、ますます増長するのだった。

ある日の夕、優子がお稽古に出かけようとしたら、見知らぬ子供が自分の家の中を覗いているのに気づいた。その弟は周防にそっくりな方言で「父ちゃんを返せ!」と言って優子を突き飛ばした。そして、姉と一緒に逃げて行ってしまった。
優子は、そのふたりがどの家の子供なのか、そして何の目的で来たのかを悟った。しかし、その事件を誰にも話すことができなかった。

その年の12月30日。隣町の紳士服店の準備が全て整った。年明けには開店の予定である。糸子は、初めて周防をその店へ案内した。

その店はオハラ洋装店以上に立派な店構えだった。糸子は高価な調度品を自慢気に見せた。周防と再会したときに、手巻き式時計のネジを壊してしまったことを引き合いに出し、電気式の時計を購入したのでもう安心だなどとおどけてみせた。

けれども、周防はニコリともしなかった。
その様子を見て、糸子は不安になった。周防は本当は紳士服店など持ちたくなかったのではないか、自分の一人相撲だったのではないかと思うと辛くなった。周防は自分の店を持つことは昔からの夢だった、それがかなったと言って慰めてくれたが、糸子はその場にいられないほど悲しくなった。
周防を残して店を飛び出してしまった。

糸子は店の前に立ち尽くし、「テーラー周防」の看板を見上げた。
糸子は自分の店を初めて持った時のことを思い出した。「小原洋裁店」の看板を初めて見上げた時のとても嬉しかった思い出が浮かび上がった。人は誰しも、自分の名前を冠した店を持ったら嬉しいはずだ。なのに、周防は嬉しそうにしていない。
糸子には何が違うのか、さっぱりわからなかった。何もわからないことで、ますます悲しくなった。

糸子を追って、周防が外に出てきた。ふたりで看板を見上げた。
その時、糸子は悟った。自分は周防の夢を叶えてやったつもりでいたが、むしろ周防の夢を奪ってしまったのだと。周防は自分の金ではなく、女の金で店を持たせてもらったことを卑屈に考えているに違いないのだ。

周防は、糸子に優しい笑顔を向けた。それは、糸子の推測を肯定する意味を持っていた。やはり周防は、他人の金で作った店などは欲しくなかったのだ。けれども、糸子には深い感謝の意を表した。
その時、周防は初めて「糸子さん」と呼びかけた。

糸子はさらに悟った。自分の力では、周防を心の底から満足させ、幸せにさせることはできないのだと。そう口に出し、糸子は泣き出した。周防は糸子を抱き寄せて、優しく慰めた。そして、自分も同じく糸子を幸せにできる人間ではないと告げるのだった。

その夜、糸子は初めて無断外泊をした。ふたりでテーラー周防に泊まりこんだ。
そして、ふたりで初めて迎えた朝、糸子と周防は契約を交わした。それは周防が糸子から店を買い取るという契約だった。月賦による支払いであったが、毎月の支払額は小原洋装店の月の利益の10%ほどに相当した。

ふたりは晴ればれとした表情だった。
異口同音に「さよなら。お元気で。」そう言って、糸子は帰宅した。

糸子は寝室で寝ている娘たちの間に横たわった。
自分はまた前へ進むのだ。そう思うと内面から力が湧いてきた。
* * *

続きを読む

獅子は我が子を千尋の谷に突き落とし、あるむは飼い主を失意のどん底に突き落とす

今日は久しぶりに生き別れの愛猫・あるにゃんの面会に行ってきた。

しかし、彼女は僕の顔を見るなり逃げ出した。棚の奥に隠れて出てこようとしない。
美味しそうな魚の干物を持って誘いに行ったのだが、牙をむいて唸り声をあげるばかりで、完全に僕の事を敵視している。
僕は悲しい。悲しかった。

怯えながら威嚇するあるにゃん

怯えながら威嚇するあるにゃん



続きを読む

NHK『カーネーション』第96回

今朝は移動の関係で放送を見れなかったため、夕方にNHKオンデマンドを利用した当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第96回目の放送を見ましたよ。

* * *
第17週「隠しきれない恋」

オハラ洋装店にかかってきた電話を松田(六角精児)が受けた。
その電話は、糸子(尾野真千子)と周防(綾野剛)が組んで北村(ほっしゃん。)を騙したという内容だった。その咎により周防は組合を追放され、職にあぶれていたところを糸子が雇入れたと聞いたという。

松田は糸子と共に喫茶店に行き、自分が聞いた噂の真偽を確かめようとした。
松田は、ふたりが共謀して北村から金を巻き上げたとは思っていないし、糸子のことを信用していると述べた。

しかし、周防を雇入れた経緯に不審な点があることを指摘した。あまりに急なことであったし、松田らの意見を聞こうともしなかった。これらは異常なことであると言うのだ。
それに加えて、妻子のある周防と糸子との間に恋愛感情が芽生えているようにも見受けられる。それは恥じるべきことであり、店の品位を貶めることだと大声で訴えた。
糸子は松田の勢いに圧倒され、うまく反論することができなかった。

そして、もっと悪いことに、松田の声は喫茶店中に響き渡った。糸子と周防のスキャンダルはあっという間に商店街中に知れ渡った。

人々はオハラ洋裁店の前に集まり、これみよがしに陰口を言った。従業員たちは道を歩いているだけで後ろ指を指されるようになった。これまで糸子の味方だった隣家の木岡(上杉祥三)まで、糸子の顔を見ると悪態をつくほどだった。

糸子は自業自得だと思いつつ、他人の前では知らぬふりをして通した。けれども、苦しくて堪らなかった。
周防が一人きりで作業している2階の部屋に行き、糸子は何も言わずに背中から抱きついた。周防はミシンの手を止め、振り返って糸子を抱きしめ返した。

もちろん周防も自分が悪評の原因であることを知っている。そこで、自分が仕事を辞めて去ることを申し出た。
しかし、糸子はそれを受け入れなかった。周防がそばにいることを望んでいると答えた。周防がそばに居てくれさえすれば、どんなことにも耐えられると告げ、別れることを拒否した。

その夜、糸子にとってより困難な状況が発生した。
神戸のおじ夫妻(田中隆三、押谷かおり)、亡夫・勝(駿河太郎)の実弟・亘(浜口望海)、従業員の松田と昌子(玄覺悠子)、近所に住む木岡夫妻(上杉祥三飯島順子)、木之元夫妻(甲本雅裕西村亜矢子)ら、大勢の人々が小原家に集まった。
彼らは糸子を取り囲んで口々に責め立てた。一同の意見は一致しており、糸子の行為は店の看板に泥を塗るものであり、猛反省の後、周防との関係を清算すべしというものであった。

糸子は周囲に迷惑をかけていることを深く謝った。
しかし、自分の意志は曲げないと宣言した。
自分の行いのせいで客が離れていくことは甘んじて受け入れる。けれども、それ以上に客に喜ばれる洋服を作り続け、従業員の生活を守っていくつもりだと言い放った。
そして、周防自身と彼の妻子も含めて庇護していくと付け加えた。

そこまで堂々と言われると、周囲は二の句が継げなくなってしまった。
しかし、その時、千代(麻生祐未)が口を開いた。糸子はそれで良いかもしれないが、娘たち(野田琴乃二宮星、杉本湖凛)がかわいそうだというのだ。母の振る舞いのせいで子供たちが責められるのは見ていられないというのだ。
千代の言葉には、糸子も含め、周囲が賛同した。

その時、2階で事の成り行きを伺っていた娘たちが降りてきた。
娘たちは、糸子をかばうように座った。そして、糸子を弁護し始めるのだった。

自分の母は間違えたことをするはずがない。だから母のやることを認めてくれと言い、3人揃って頭を下げた。

その様子に、涙を流さない者はいなかった。
* * *

続きを読む

NHK『カーネーション』第95回

明日の朝は移動のため、夕方以降にまとめ記事を投稿する予定の当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第95回目の放送を見ましたよ。

* * *
第17週「隠しきれない恋」

オハラ洋装店にやって来た客は桜井(ラサール石井)と名乗り、周防(綾野剛)に燕尾服を注文した。
そして、一通り受付が終わると、糸子(尾野真千子)にも相談を持ちかけた。しかし糸子は、桜井が奈津(栗山千明)と親しげにしていることを怪しんでおり、警戒を解かなかった。

桜井の相談は、糸子にウェディングドレスを作って欲しいというものだった。もちろん、それを着るのは奈津だという。
糸子は桜井のことを全く信用していなかった。そこで鎌をかけて桜井の本心を聞き出そうとした。奈津は死んだ父親に作ってもらった立派な花嫁衣裳を持っているはずだと言ったり、奈津は綺麗な顔をしているけれど気が短く、誰彼構わず容赦無く殴りつけるなどと言ったりした。

それでも桜井は動じなかった。みなまでは言わなかったが、桜井も奈津の後暗い過去をある程度知っているようだった。それらを全て知った上で、懐深く奈津を受け入れようという態度がよくわかった。桜井は奈津を幸せにしてやりたいのだと力説した。
その度量に糸子も納得した。深く頭を下げ、自分のことのように喜び、奈津を桜井に託した。ウェディングドレスの作成も引き受けることにした。

奈津は自分の歳や世間体のことを考え、派手な結婚式をするつもりがないという。役場に婚姻届を出すに留めるつもりだ。みんなに花嫁姿が披露されることはないが、糸子はとびきりのドレスを作ってやろうと決意した。しかも、奈津がへそを曲げるに決まっているので、ドレスの作成は秘密裏に行われることとなった。

ドレス作りには安岡一家も協力した。
玉枝(濱田マリ)と八重子(田丸麻紀)が小芝居をうち、みたらし団子をわざと奈津の制服の上に落として汚した。そうやって、いつも制服のまま家へ帰る奈津から制服を奪った。糸子は奈津の制服から採寸した。
デザインの決定は難航した。本人不在のまま、奈津を引き立てるデザインは決めにくいのだ。そこで糸子は、安岡美容室に出かけていった。自分の頭にパーマを当ててもらいながら、視線をじっと奈津に振り向け観察した。何も知らない奈津は気味悪がったが、おかげで糸子の頭の中には奈津の姿が焼き付けられた。
その結果、奈津の首から肩のラインをきれいに際立たせるデザインとすることにした。襟周りをシンプルに大きく開くこととした。

そうして、桜井の燕尾服と奈津のウェディングドレスが完成した。糸子は自分の作ったドレスを自信作だといって、嬉しそうに桜井に見せた。その出来栄えに感激した桜井は、早くも奈津が着用した姿を想像した。それは美しく、うっとりとするような花嫁姿に思えた。

桜井と奈津が婚姻届を提出する日の朝。
糸子は完成したドレスを安岡美容室に届けに行った。そのことを知っていた周防がいつもより早く出勤し、糸子に付き合ってくれた。
何も知らない奈津は、八重子によって髪をセットされていた。役場に行くだけにしては派手な髪飾りを付けられ奈津は訝しんでいたが、八重子は適当に受け流した。人前でドレスを着ることのない奈津であるが、ドレスを来たときに目一杯美しくなるようにと、八重子が念入りに仕上げた。

髪が完成し、いよいよ奈津と桜井が役場へ出かける段となった。
奈津は今日を限りに美容室の仕事を辞める。奈津は安岡一家に対して、本当の家族との別れのような挨拶をした。対する安岡家の面々も一人娘を送り出すかのようだった。
糸子は奈津に顔を合わせることができなかった。周防の背中に隠れたまま、泣いてばかりいた。結局、奈津とは一言も口を聞かないままだった。ただし、去っていく奈津の背中を笑顔で見送った。

安岡家を去るとき、糸子は周防のことを一家に紹介した。安岡一家とすぐに親しくなった周防に、糸子は嬉しかった。糸子の家の近所の連中とも、周防は完全に馴染んでいた。
糸子と周防の恋は秘めたものであり、その後ふたりで話題にすることもなかったが、糸子はしみじみと幸せに思った。むしろ、幸せすぎて不安になるくらいだった。いつか足元を救われることもあるかもしれないと思うと心配になり始めた。

そんな矢先、オハラ洋装店に1本の電話があった。
松田(六角精児)が出ると、糸子と周防についてのタレコミだった。
* * *

続きを読む

NHK『カーネーション』第94回

本日21時よりBSプレミアムで、渡辺あや脚本の『天然コケッコー』(2007年作品)が放送されることをお知らせする(BSオンライン映画カレンダー)当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第94回目の放送を見ましたよ。

* * *
第17週「隠しきれない恋」

1948年(昭和23年)6月。
周防(綾野剛)が糸子(尾野真千子)の店で働き始めて1ヶ月弱経った。
周防用のミシンがまだ届かないので本格的に紳士服は作ることができない。それでも、ショーウィンドーに背広の見本を飾ったところ、幾つか注文が入った。最近では三つ揃いの背広が男たちに人気なのだ。

近頃では、周防の顔が明るい。糸子はそんな周防の顔を見るのが嬉しかった。
けれども、周防は絶対に糸子のそばに近づこうとはしなかった。みんなと一緒にいるときはもちろん、ふたりっきりになっても一定の距離を保った。
しかし、ふと糸子が周防の顔を見ると、きまって周防も糸子の顔を見てくれた。その不思議な同期に心躍ったし、周防と目が合うだけで糸子には元気が湧いてくるのだった。

娘たちのおねだりに根負けして、糸子は中古のオルガンを買ってやった。
糸子にまとわりつくことはなくなったが、今度はオルガンの順番をめぐって喧嘩が絶えなくなった。時間割表を作って管理しようとしたが、各自が何かと理由を付けてそれを守ろうとしないのだ。いちいち糸子が仲裁しなくてはならなくなった。

それに加え、最近は小学校3年生の直子(二宮星)が、6年生の優子(野田琴乃)に何かと張り合うようになった。
直子は自分のほうが優子よりも絵がうまいと主張するようになった。また、優子が縫い物を始めると、直子も負けじと真似をするのだった。
そんな姉たちを尻目に、末っ子の聡子(杉本湖凛)だけはいつもマイペースでおっとりしていた。姉たちがオルガンの順番を争って喧嘩する好きに、ちゃっかりオルガンを占有するしたたかさも持っていた。

ある時、安岡美容室に行った娘たちが遅くなっても帰ってこないことがあった。心配になった糸子は美容室まで様子を見に行った。娘たちは玉枝(濱田マリ)からおやつをもらって道草を食っていただけで、何事もなかった。

しかし糸子は、怪しい中年男(ラサール石井)が往来から安岡美容室の中を伺っているのを見つけた。その男は身なりの良い背広を着てはいるが、怪しいちょび髭を生やしている。糸子と目が合うとすぐに逸らし、なんでもない風を装った。

訝しがる糸子であったが、どうやらそれは奈津(栗山千明)の知り合いのようだった。玉枝が奈津を早上がりさせると、奈津はその男と一緒に帰って行った。
玉枝と八重子(田丸麻紀)によれば、彼女らもあの男の素性は知らないが、ほぼ毎日奈津を迎えに来るのだという。そしてふたりで帰っていくのだという。きちんとした身なりをしているので、特に危ないこともないだろうとのん気に話すのだった。
けれども、糸子はどうもあの男を信用することができなかった。奈津と入れ替わりに帰宅した太郎(倉本発)も、途中で彼らとすれ違ったのか、どこか機嫌が悪かった。

そして、オハラ洋装店の2階に新しいミシンが届いた。周防専用のミシンであり、やっと本格的に紳士服に取り掛かることができる。
糸子と周防は、嬉しそうに真新しいミシンを眺めた。2階の部屋でふたりっきりで楽しげに見つめ合った。しかし、周防が糸子に近づかないのは同じだった。それでもふたりの心は通じ合っていた。

オハラ洋装店に、男性客が訪ねてきた。それは、安岡美容室の前で見た、奈津の知り合いの男だった。男は落ち着きがない様子で、どこか不審な雰囲気だった。それでも、紳士服を作りたいというので、周防が2階の作業部屋へ案内した。
* * *

続きを読む

あるにゃんフィギュア

カタログ通販会社FELISSIMOより、猫のフィギュアが発売されることになり、モデルとして当方の愛猫・あるにゃんが採用されました。
そして、その見本写真がカタログに載りました。

あるにゃんは、「顔を洗うにゃんこフィギュアの会」全12個のうちの1つ。



なかなかよーできてます。
しかし、あるにゃんはもっとシュッとした細面の美人さんなんだぞ!
雰囲気はよく出てるけど。

続きを読む

NHK『カーネーション』第93回

糸子の晩年期は尾野真千子から夏木マリ入れ替わること(3月3日より)が発表され、驚くには驚いたが、「清濁併せ呑むっつーか。まぁなんだ、その、まさに『だんじり』っぽく荒々しく突っ走る超展開は、このドラマらしくていいんじゃねーの?今回のスタッフなら視聴者の予想をはるかに超える演出で、度肝を抜く交代劇を見せてくれそうじゃん?かえって楽しみ。」と思う当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第93回目の放送を見ましたよ。

* * *
第17週「隠しきれない恋」

組合事務所に呼び出された糸子(尾野真千子)は、組合長・三浦(近藤正臣)から周防(綾野剛)の本心について話を聞いた。周防は原爆の後遺症に苦しんでいる妻を見捨てることはできないが、本心から強く糸子に惹かれているという。

話が終わって帰ろうとした、まさにその時、周防が事務所に現れた。後でわかったことだが、それは誰が仕組んだものでもなく、全くの偶然だった。糸子、周防、三浦の誰も予期していなかったことで、それぞれがそれぞれに慌てた。

糸子は取り乱して、すぐに立ち去った。
けれども、家に帰る道すがら、糸子は嬉しかった。このような偶然はそうあることではない。ふたりが運命によって結び付けられている証拠だと思われた。
一方で、周防は糸子のことを追いかけて来なかった。糸子はそれが残念であり、不満でもあった。

家に帰り着くと、千代(麻生祐未)が店の前に勝手に台を出し、手縫いのバッグや人形用の洋服などを並べて売っていた。話を聞くと、娘たち(野田琴乃二宮星、杉本湖凛)が作った小物だという。糸子がピアノを買ってくれないので、自分たちで金を貯めて購入する計画を立てたのだという。
糸子が商品を吟味してみると、小学生が作ったにしては大人顔負けのできだった。一瞬感心する糸子であったが、すぐに正気を取り戻し、店の前を片付けてしまった。

子供たちが学校から帰ってきた。
商品が全てなくなっているのを不可解に思った娘たちだったが、千代は全て売り切れたのだと嘘をついた。代金も千代が用意して渡した。それに気を良くした娘たちは、商品の補充をするため、夜更かしして小物作りに熱中した。
糸子が寝るように叱っても聞く耳を持たない。糸子が強引に布団を敷き始めると、千代が布団の中に隠していた子供たちの商品が出てきた。それで千代の嘘が発覚し、子供たちは一気にやる気を無くしてしまった。糸子も千代の杜撰さに呆れるばかりだった。

しばらくして店に電話があり、糸子は周防に呼び出された。周防に会えることが嬉しい糸子は、鏡の前でどの洋服を着ていこうかとあれこれ迷った。
しかし、どの洋服にも娘たちのいたずらが仕掛けられていた。ピアノを買ってくれと書いた札が、全ての洋服のあらゆる場所に縫いつけられていたのだ。
糸子は和服で出かけざるを得なくなった。

近所の喫茶店で周防に会った。
すると、周防は足を骨折していた。全治1ヶ月だという。北村(ほっしゃん。)の嫌がらせで嘘の悪評を流された周防は繊維業界から干されている。そのため日雇い労働の仕事をしているのだが、その仕事もできなくなって困っているとのことだった。

周防は、組合事務所で糸子とばったり会った時のことを説明した。
ちょうど怪我をした直後で、病院に行く途中に立ち寄ったというのだ。もう日雇い労働はできなくなったので、三浦組合長に頼み込んで仕事を世話してもらうつもりだったのだ。
しかし、三浦は糸子に頼めと言うばかりで、仕事を世話してくれなかったという。そこで、恥を偲んで糸子に頼みに来たというのだ。

実は周防は、三浦との話の内容のほとんどを隠していた。
三浦は周防の仕事の世話をしようと思えば、いくらで世話することができた。しかし、あえてそれをせず、糸子の所へ行くことを強く勧めたのだ。
三浦によれば、自分の好きな女から愛の告白をされることなど滅多にあることではない。躊躇することなく、運命に従えというのだ。周防は人の道から外れることをしようとしている。しかし、人の道は外れてもよく、外れた先で苦しみ、あがき、悩んでこそ人生だと主張した。
それで、周防は糸子に頼ることを決めた。もちろん、三浦から聞いた話は伏せて。

糸子は、翌日から周防を雇うことを決めた。当面は婦人服を手伝ってもらい、少しずつ紳士服も手がけるという青写真を描いた。

帰宅してひとりになった糸子は、まだ迷っていた。
自分が周防と一緒に働くことは、良いことなのか悪いことなのかわからなかった。
しかし、唯一自覚できたことは、自分が周防と一緒に働くことをずっと夢見ていたという気持ちだけは間違い無いということだった。
* * *

続きを読む

NHK『カーネーション』第92回

『カーネーション ドラマガイド Part2』(amazon)の表紙が、ドラマのオープニングみたいで、かわいくて仕方のない(もちろん注文した)当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第92回目の放送を見ましたよ。

* * *
第17週「隠しきれない恋」

北村商会の開店の日。
糸子(尾野真千子)は周防(綾野剛)に愛の告白をした。周防も全く同じ気持だった。ふたりは工場で抱き合った。
糸子は周防の鼓動を聞いた。それはミシンのように速く打っていた。糸子は、周防の言葉に偽りはないと確信した。

北村(ほっしゃん。)がその様子を外から伺っていた。頭に来た北村は、大きな物音を立てて去っていった。それに気づいたふたりはすぐに離れた。
しかし、一部始終が北村に知れてしまったようだ。外の方に顔の向いていた周防は、北村が覗いていたのと目があったほどだという。

糸子は北村に申し訳ないことをしたと思った。大事な開店の日に、幹部である糸子と周防が揃って仕事をサボっていることを、経営者として北村が怒ったと思ったのだ。糸子はすぐに店に行って北村に謝り、仕事を手伝おうとした。
しかし、周防がそれを止めた。自分がよく謝っておくと約束し、糸子を家に帰した。もともと糸子は工場を手伝うだけで、店に出る義務はなかったからだ。

家に帰ると、糸子が洋服を着てフルメイクしていることに、家中の者が驚いた。驚きつつも、洋服がよく似あって綺麗になった糸子のことを皆が褒めてくれた。
糸子は素直に嬉しかった。それからは毎日洋服を着るようになった。

また、毎晩、自分のために洋服を作るようになった。思い返してみれば、糸子が自分の洋服を作ったのは、子供の頃に見よう見まねで初めてアッパッパを作った時以来だ。
周防の気持ちを聞いてから、糸子は毎日心がざわめいた。その気持に突き動かされて、次々に洋服を作るのだった。

1948年(昭和23年)5月。
北村商会の開店から一月ほど経ったある日、糸子は三浦(近藤正臣)に呼び出された。

三浦によれば、糸子と周防が組んで北村から金を巻き上げたという噂が業界に流れているという。周防は北村商会をクビになり、悪い噂のせいで再就職口も見つからないという。三浦の下で働くよう手をさしのべても、三浦に迷惑をかける事を心配して断ったという。今は日雇いの仕事をしている。

糸子は根も葉もない噂だと否定した。北村がウソを付いているに違いないと主張した。ただし、自分たちに落ち度があることも認めた。大事な開店の日に、周防と一緒に仕事をサボっていたことを打ち明け、北村が怒るのも無理はないだろうと思った。

三浦は、糸子が状況を理解していないことを悟った。そこで、北村が糸子に惚れていたということを知らせてやった。それは糸子にとって寝耳に水だった。
三浦は、周防と北村のそれぞれからじっくりと話を聞いたという。そして、糸子と周防の恋愛感情についても全て知っていた。

三浦は周防の気持ちを確かめたという。周防は妻子持ちの男である。けれども、糸子に対する気持ちは一時の浮気心や遊びではなく、真剣なものだとわかったという。
三浦はそれから先をしゃべるのを躊躇した。しかし、三浦が自分の胸だけにしまっておくには大きすぎて、どうしても糸子に聞いて欲しかった。糸子も周防のことをもっと知りたかった。

周防は糸子のことを心の底から愛している。しかし、今の妻とは絶対に別れることができないでいるのだ。
周防の妻には長崎の原爆の後遺症があるというのだ。責任感の強い周防は、一生をかけて妻の面倒を見ていかなくてはならないと思っている。しかし、時折、その重責に耐えられなくなることがある。そんな時には必ず糸子のことを思い出すというのだ。

糸子は、周防の身の上を聞いてしまったことを後悔した。泣きながら後悔した。糸子にはどうすることもできなかった。
三浦はなんとか糸子を落ち着かせようと努力した。そして、今はまともな働き口のない周防のことを、三浦が必ず守ると約束した。さらに、なんとか軽口を言って、糸子を泣き止ませようと手を尽くした。

その時、組合事務所に周防が入ってきた。糸子と鉢合わせになった。
* * *

続きを読む