縦のものを横にしてオトコを落とす超絶テクニック

落とすっつーか、落とされた。これは惚れてまう。
近々結婚しようかなー、と思っていた当方だが、それを考え直さざるを得なくなった。

それは、某女性から頂戴した直筆のお手紙だ。

手紙その1。あまりの達筆に言葉を失う。



まるでペン字のお手本のような達筆ぶりだ。迷いのない美しい筆運びに感激し、打ち震え、言葉を失った。
これは惚れる、惚れてまう。

こんなに上手な字のお手紙をもらったのは生まれて初めてだ。
これで惚れないオトコは、インポもしくはゲイだ。そうでなければ、その両方だ。
インポでもゲイでもない当方は、この手紙だけで彼女に惚れる。

たとえ、その内容が日本郵便の文例集「デートの誘いの承諾」を真似て書いたものだとしても、許せる。惚れる。

* * *


それでも、僕は結婚を約束した人がいるので、いくら彼女から素敵なお手紙をもらっても、心変わりするわけにはいかない。
彼女の事を忘れようと、苦しい日々を送っていた。
返事も送らなかった。

すると、どうだろう。今日になって2通目の直筆のお手紙が届いた。

手紙その2。打って変わって、カジュアルでポップなレターが届いた。



先の手紙とは別人のような、カジュアルなお手紙。お手紙というより、レター。
1通目は清楚で落ち着いた大人の女性を装っていたのに、2通目は天真爛漫で男好きのするカワイイ女の子を演じてきた。
そのギャップに萌える、萌えまくる。いい年して当方は、その手紙を握ったままプルプルと震え、身悶えてしまった。

これは落ちた。
彼女の緩急を使い分けた超絶テクニックで落ちた。縦と横はぜんぜん違う。

惚れた、惚れまくった。
ギャップに惚れた。
結婚を考えなおしてもいい。

* * *


問題は、送り主がすでに人妻であることだ。
くぅー。

あと5年(いや、10年か?)早く出会いたかった。

* * *


それはさておき。
IT社会と言われて久しい現代ですが、たまには手書きのお手紙というのはいいものですね。

文通を新しい趣味にしてもいいと思ったりしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. 請求書やDMにまじって直筆の手紙を見つけると、うれしいですよね。
    予測や自動変換になれてしまった今どき、筆運びがうまくいかずに愕然とします。
    (でもって仕事の文書10通くらいなら、宛名を手書きにしている次第。練習台の宛先のみなさまごめんなさい)

    • この記事が読まれたせいなのか、偶然なのかはわかりませんが、ここ数日何人かの人(♀)から直筆のお手紙をもらっています。本当に嬉しいです。
      そして、字に表れる個性も面白くて。

      #コメントがspam判定されていました。ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。