映画『真幸くあらば』を観た

尾野真千子の全裸オナニーシーンがあると聞いていきり立った当方が、映画『真幸くあらば』のDVDを見ましたよ。



* * *
南木野淳(久保田将至)は遊ぶ金欲しさに空き巣に入った。留守だと思った家には住人の若い男がいた。顔を見られて焦った南木野は、台所にあった包丁でとっさに男を刺し殺してしまった。殺された男は家に情婦を連れ込んでいた。南木野は彼女を絞殺した。

南木野はすぐに捕まり、一審で死刑判決がくだされた。担当弁護士(佐野史郎)はすぐに控訴の準備に取りかかった。彼は死刑制度に反対しており、その是非を問いたいという思惑もあった。
南木野の死刑判決に反対する運動は、すぐに拡大したわけではなかった。けれども、敬虔なキリスト者であった川原薫(尾野真千子)がボランティアとして支援活動に参加してくれた。彼女は、南木野に面会して気軽な話し相手になることや、差し入れなどを進んで行った。

しかし、ほどなくして南木野は、誰にも相談することなく一人で控訴を取り下げてしまった。これにより南木野の死刑が確定した。
南木野は自分の罪を潔く認め、深く反省し、死をもってしか償うことができないと考えたのだ。
さらに南木野は、殺人よりも重い罪を犯したと思い込んでいた。彼は被害者女性を絞殺した後、彼女の下着姿に欲情した。殺人現場で彼女の死体に寄り添いながらマスターベーションをしたのだった。そのことを深く反省し、重く思い悩んでいた。しかし、そのことは誰にも打ち明けることができず、胸にしまったまま死んでしまうことを望んでいた。

他者との関係をことごとく拒絶する南木野であったが、薫だけは諦めることなく南木野の支援を続けた。ついに薫は、南木野と養子縁組することで関係を強固なものにした。薫の夫が半年間のロンドン出張となり薫も同行するよう誘われたのだが、薫は日本に残ることを選んだほどだった。

ある日面会に表れた薫は、南木野に聖書を読んで勉強するよう薦めた。薫が愛用している聖書を差し入れするとともに、南木野が読むべき箇所を指定した。差し入れを受け取り、独房に戻った南木野がその箇所を開くと、薫からの秘密の通信文が書かれていた。こうすることで検閲を免れたのだ。

そこには、薫が南木野を支援する本当の理由が書いてあった。
南木野が殺した男は、薫の婚約者だったのだ。ゆえに、薫は南木野が憎かった。南木野が裁かれる一部始終をそばで見届けたいと思ったのだ。
一方で、婚約者が殺された時、彼は別の女と一緒にいた。事件によって薫の婚約者の不実が暴かれたのだ。このことについて、薫は南木野に感謝したく思っていた。
婚約者の死と裏切りによりショックを受けた薫は、特に愛してもいない男と結婚した。不満もないが喜びもない夫婦生活の中で、薫は南木野に複雑な感情を抱き始めていたのだ。

ふたりは面会室の仕切りを越えることができない

南木野は、秘密の通信文が書かれた聖書をすぐに薫に返した。ただし、面会でさり気なく聖書の特定の箇所に言及した。そこには南木野からのメッセージが書かれていた。
南木野は、女性の死体でマスターベーションしたことを告白した。自分は童貞で女を知らないことも告げた。さらに、いつしか薫のことを女性として愛してしまったことを正直に伝えた。
どうあっても薫の肌に触れられないことを落胆し、死刑を受け入れてしまったことを激しく後悔していた。

それを受け取った薫は、ますます南木野に惹かれた。同じ方法でふたりは密通を続けた。
南木野は絵が達者であることを知っている薫は、自分の下着写真を聖書に埋め込んで送った。南木野は薫の裸体を想像画を送った。薫はそのイラストに満足した。

ついにふたりの肉欲は限界に達した。しかし、絶対にふたりが交わることはできない。
そこで、次の満月の夜に互いのことを思って自慰をすることを約束した。
実行した夜、ふたりは生涯でもっとも満ち足りた時間を経験した。

ほどなくして南木野の死刑が執行された。
踏切で電車の通過を待っていた薫は、向こうに見えた南木野の姿を追った。
* * *



そうか、立ち膝派なのか、そうか。

とにかく、尾野真千子のオナニーシーンがクライマックスであり、本編全てはそのためのお膳立てという味わいの映画でございます。

事前に、尾野真千子が獄中の恋人の事を思って自慰をするという話だけを知っており、他の情報は一切知らなかったわけです。いったい、どういうストーリーなんだろうかと思っていたわけです。
「きっと、男と尾野真千子は何らかの理想を共有した恋人同士なんだろうな。男が冤罪か陰謀かなにかで収監されてしまし、尾野真千子は恋人の釈放を信じて待ち続けるとか、そういう話なんだろう」みたいにボンヤリ考えておりました。

そんな想像のもと見始めたら、なんと男と尾野真千子は赤の他人だっちゅーじゃありませんか。最初の1時間くらいは「これでどうやってオナニーに持って行くの?AVならそこらへんの経緯はテキトーでいいけど、これは一応まっとうな映画だよね?」とドキドキしておりました。

そう思って見ていると、この死刑囚はヒロインにとっての仇であると同時に、不誠実な婚約者を私刑してくれた恩人だというじゃありませんか。そのアンビバレントな関係性がなかなかに技巧的でした。
それでもなお、どうしてあそこまでふたりが惹かれ合って、ついには遠隔自慰行為に及んだのかは、いまひとつ読み取りきれませんでしたが。


映画全体としては、主題がはっきりしていて、コンパクトにまとまっていて、地味なシナリオと出演者にも関わらず退屈しない映画でした。尾野真千子抜きにしても、僕は好きですこの映画。
R-15だそうですから、テレビでの放映は難しいかも知れませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1.  「被害者女性を考察」してますよ。意味的にはそれでいいのかもしれませんが。

     ちょっと見てみたい映画ですね。『接吻』にも興味あります。

    • どもです。タイポ直しました。

      いい童貞映画ですから、ぜひご覧ください。
      『接吻』は小池栄子なんですね。たしかに気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。