ビッグイシュー194号に山瀬まみ

ホームレスの自立支援のための該当販売雑誌ビッグイシュー日本語版194号(2012年7月1日発売)に当方の最愛の山瀬まみの記事が出ているという情報を得た。

ビッグイシュー最新号の案内

*リレーインタビュー 山瀬まみさん
「新婚さんいらっしゃい」、「ためしてガッテン」でおなじみの山瀬まみさん。幼い頃から歌手を夢見ていた山瀬さんは、2回目の応募「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でみごと優勝します。デビューのため家を出るまでの数週間の間に急激に大人になったと語ります。

Facebook内ビッグイシュー公式ページより)


これは買わねば。買わねばならぬ!



ビッグイシューは書店での販売や通販は行なっていない。街角に立つ販売員から直接購入しなくてはならない。それは、この雑誌の設立趣旨がホームレスの自立支援だからである。
この雑誌の定価は300円である。販売員は1部140円で雑誌を仕入れる。1冊売れるごとに160円がそのまま販売員の収入となる。収支を明確にし1部ごとの実入りをわかりやすくし(ホームレスの人は教育水準の低い人も多い)、自ら販売計画を立てて実行するという経験をつませることで、ホームレスの人々の職業訓練と自立支援を行おうという試みだ。
このあたりのことは佐野章二『ビッグイシューの挑戦』に詳しい。

そういうやり方に賛同しないでもないので、僕は街で販売員を見つけたら、わりと頻繁にビッグイシューを買っている。
そういうわけだし、今回は山瀬まみだし、今すぐ飛んででも買いに行きたい。
しかし、今は未明だ。多分、販売員も寝ているだろう。もどかしい。

夜が明けたらすぐにでも買いに行ってもいいか、っつー話しもあるのだが、それもちょっと難しい。明日は朝一で会社で片付けなきゃいけない書類があるので、街まで買いに行く事ができないのだ。
ていうか、関東ではビッグイシューの販売員が少ないようだ。ビッグイシューの本拠地は大阪なので、大阪の方が販売員を見つけやすいように思う。今でも、必ず販売員のいる場所というのを諳んじることができる。けれども、東京・神奈川あたりではひとつも心あたりがない。
販売場所リストを見て出かけていけば良いのだが、当方の自宅から行きやすいところは少なくて、軽く億劫になってしまう。うーむ。

それでも、週末には横浜あたりに買いに行くと思うのだけれど。

けれども、やっぱり週末まで待てない可能性もある。雨が降ってたら販売員さんがお休みで手に入らないかもしれないし。

そんなわけで、軽くブログ読者に頼ってみようと思ったり、思わなかったり。
ご近所にビッグイシューの販売員さんをよく見かける人がいらっしゃったら、僕の代わりに購入して郵便で送っていただけないでしょうか。
代金、郵送料&寸志のお礼をいたします。メールその他でご連絡下さい。

なお、5冊までは買ってもいいと思っている(短期保存用1、長期保存用1、自分閲覧用2、他人に見せてやる用1)ので、複数の協力者が表れても全然困りません。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。