NHK『純と愛』第7回

ヒロインの同僚・田辺千香役の黒木華が気になって気になって仕方がなく、彼女が出ている日本映画専門チャンネルサイト内の「岩井俊二映画祭 presents マイリトル映画祭」をじっとりと見ている当方が、NHK朝の連続テレビ小説『純と愛』の第7回めの放送を見ましたよ。

* * *
第2週「ほんとうのかお」
純(夏菜)は、不気味だと思いつつも、どうにも待田愛(風間俊介)のことが気になった。彼が働く厨房へ会いに行ったのだが、すでにクビにしたのだという。厨房スタッフ(長部吾郎)の説明によれば、愛は人の顔をまともに見ようとせず、使い物にならないので解雇したというのだ。
純は、愛は人の顔を見るとその人の本性がわかる。それが嫌なので、顔を見るのを避けているのだと弁護しようとした。しかし、自分ですら半信半疑のことを他人が信じるとは思えず、口をつぐんだ。
新入社員の研修が終わり、純はベルガールに任命された。

一方、同期入社の田辺千香(黒木華)はフロント係となった。
それぞれが持ち場に着く直前、千香が純に声をかけてきた。先日、千香は純のせいで迷惑している、純の勝手な行動のせいで新入社員全員が変な目で見られると言った件を謝罪した。そんなことは忘れていた純は、何も気にせず許してやった。すると千香は安堵の笑顔を浮かべ、仕事をがんばろうと声をかけてくれたのだった。

純と千香はともにロビー周辺が持ち場となるので、互いの働きぶりがよく見えた。
千香は早速、先輩社員たちに挨拶にして回った。特に、コンシェルジュの水野(城田優)のところでは時間をかけて親しげに挨拶していた。水野が色男なために千香が熱心に話しかけているということは、純から見てもありありと分かった。

所在なくロビーに立っていた純であったが、いよいよ初めての接客をした。
一人で宿泊にきた北見(平泉成)という客の荷物を持ち、客室まで案内した。初めてのことで緊張した純は、メモを盗み見しながら、しどろもどろと設備の説明をした。
慌てながらも熱心に話す様子に、北見は目を細めた。「痒いところまで手の届く説明だった」と、本音とも皮肉ともつかない言葉とともに、純へ感謝した。その言葉に純は喜んだ。

続いてロビーに控えていると、突然、客(近藤芳正)に尻を触られた。腹を立てた純は、他の客の目があるにも関わらず怒鳴りつけた。
その騒ぎを目に止めたフロント係・小野田(木内義一)が慌ててやって来て、その客を慇懃にフロントへと案内した。そして、純には黙るように命じた。

純が腹に据えかねていると、次の仕事が命じられた。不審者が寝ているので注意して追い払えというのだ。
駆けつけてみると、そこで寝ていたのは弟の剛(渡部秀)だった。家出し、世界中を旅しながら宮古島の良さを伝えて回りたいと言うのだ。実家には秘密にしたまま、純の家に泊めてくれと頼み込んだ。
純は家に帰るよう説得するが、剛はまったく聞く耳を持たない。

そうして揉み合っていると、千香が慌ててやってきた。客から隣の部屋がうるさいとクレームがあったのだという。一度千香が注意に行ったのだが、聞き入れてもらえなかったという。そこで、純に助けて欲しいと言うのだ。クレームを処理できなかったことが上司に知られると怒られて評価が下がるし、コンシェルジュの水野からも仕事ができないとして軽蔑されるかもしれない。そういった事態はどうしても避けたいというのだ。

純は渋々手伝ってやることにした。
すると千香は全てを純に押し付けていなくなってしまった。千香に対して腹を立てたものの、それを表に出すことは控えた。

クレームの主は先ほど荷物を運んだ北見だった。北見の方も顔を見知った純が来たことで、少々落ち着いたようだった。純を信頼して全てを任せると言われ、純にはやる気が芽生えた。

騒いでいる部屋のベルを鳴らすと、ドアが開くやいなや、純は部屋の中に引っ張りこまれた。中では数人の男たちがバスローブ姿で酒盛りをしていた。客の一人が飲み過ぎて吐いてしまい、その後片付けが純に押し付けられた。

やっと掃除を終え、いよいよ純は本題に入った。毅然とした態度で、声を低くするよう頼んだ。
しかし、そんなことで大人しくなる連中ではなかった。グラスになみなみとワインを注ぎ、それを飲み干せば静かにすると無理を言うのだった。純が勤務中を理由に飲酒を断ると、客は純を追い返してした。
* * *



あらすじを読む限り、今週は宿泊客・北見(平泉成)と粕谷(近藤芳正)の板挟みになるという展開で引っ張るようです。
ていうか、このふたり、いずれも『おひさま』でゲスト出演したふたりですよね。BSプレミアムでは『純と愛』の放送直前に『おひさま』の再放送をしているわけですが、今日の『おひさま』で近藤芳正(英語教師)が登場。その直後の『純と愛』でも粕谷として登場。クドいだろー。
なお、『おひさま』の平泉成は、ヒロインの親友の父役として登場します。わからず屋の大富豪という役どころです。出演はもうちょっと先ですが。

待田愛(風間俊介)は、「人の顔を見れない」という理由で解雇されました。そんなバカな。そんな理由で仕事を失うなんて、酷い、酷すぎる。皿洗いのどこに人の顔を見る必要があるというのか。狂ったホテルだと思いました。

おっとりした造作と態度の田辺千香(黒木華)は、かなり腹黒い性悪女です。それをプンプンと匂わす展開になっています。
しかし、マクラに書いている通り、そんな役どころを見事に演じる黒木華にゾッコン中の当方なのであります。昨日、本作のメイキング番組『「純と愛」はこうして生まれた ~メイキング~』を見ていたら、たった10分の番組の中できちんと黒木華のシーンも紹介されていて、彼女がフロントで舌打ちをし、その後に表情を取り繕って笑顔でニッコリするというシーンがありました。あの表現ぶりは愛おしいです。素晴らしいです。
黒木華になら笑顔で腹に包丁刺されたとしても、僕は笑いながら幸福のまま出血多量で死ねそうです。はい。

そんなわけで、黒木華を頼りに本ドラマはもう少し見ていく所存。
内容自体は、もうつまらなくなって来ましたが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。