山瀬まみが2013年のKINCHOのCMについて語る

2013年4月5日、ニッポン放送上柳昌彦・山瀬まみ ごごばん! フライデースペシャル」において、山瀬まみKINCHOの新しいCMについて話していた。

以下、内容のメモ(時系列を無視し、内容ごとに分類してあります)。

  • 商品キンチョールについて
    • 宣伝する商品が変わった。去年までは水性キンチョウリキッドだったが、今年からはキンチョール。
    • 去年のCMタレントは松本人志だった(参考映像)。その前は大滝秀治(と岸部一徳; 参考映像)だった。
    • 水性キンチョウリキッドのCMは今後誰もやらない。
  • カッパのきぐるみについて(参考映像
    • ピンクのカッパのCMは17年ほど担当した。
    • 先代カッパは近藤正臣であった。彼は緑色のカッパの扮装をしていた(参考映像)。
    • 開始当初、ニュージーランドでロケが行われていた。後年は国内での撮影になり、スタジオのほか、湯河原温泉や上野駅の歩道橋でロケが行われた。
    • 商品が変わったのでカッパの衣装は着ないこととなった。
    • CMプランナーは商品が変わってもカッパを着せるべきか迷っていた。たとえば、山瀬まみがカッパのきぐるみを脱ぐというCMにする案もあった。なお、商品は変わったが撮影チームは以前と同じ。
    • カッパの衣装は廃棄せずに保管するという。何かの時に使用できるようにするため。山瀬まみは「作り直しゃいいのに」と評した。
    • カッパのきぐるみは2着ある。個体差があり、体によくフィットする方を主に使った。そちらが壊れると修繕した。
    • カッパのきぐるみの貸出は可能。
    • 思い出を話している間に、山瀬まみは涙ぐむ。
  • 新しいCMについて
    • 白いシャツを着て、斜め上方を見上げ、やや逆光の光。「キンチョールCMタレント山瀬まみ年齢43歳(事務所発表)」というセリフのみ。商品がわかりにくいかもしれない。
    • 様々なセリフやパターンがあり、何度も撮影した。喉が潰れるのではないかと心配されたが、ぜんぜん大丈夫だった。
    • 今年のCMは現在放送中のもののみ。しかし、良いパターンが他にもあった。それは来年のCMに流用することにした。1回で2年分の契約になったので良かった。
    • 撮影は調布のスタジオ。

私からは以上です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (3)

  1. あなた間違ってますよ
    金鳥の過去CM
    動画をよく見て
    ブログに書いたら
    いかがですか?
    近藤正臣は
    カッパに
    変装はしていませんから

  2. ピンバック: [alm-ore] 2014春の山瀬まみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。