NHK『あまちゃん』第47回

劇中では2009年3月になったわけだが、その頃の朝ドラといえばマナカナ主演の『だんだん』であり、ヒロインは「シジミジル」というストリート・バンドをやっていたのだが、デビューが決まって名前がダサいので「SJ」に変えられ、ついにはバックの男メンバーが邪魔だという話になってヒロインふたりだけで「Sweet Juno」というアイドルユニットになったりしたよな、などと思い出す当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の第47回めの放送を見ましたよ。

* * *
第8週「おら、ドキドキがとまんねぇ」

宴会付きお座敷列車の運行日は3月18日に決まった。往復1時間で、食事やアキ(能年玲奈)とユイ(橋本愛)との記念撮影や歌がついて5000円でチケットが販売された。チケットは瞬く間に売り切れ、当初は1便だけの予定だったが、大吉(杉本哲太)は合計3便を走らせることを決めた。北三陸鉄道は存続の危機に瀕していたが、開通25周年に向けて盛大なイベントとなる手応えがあった。

アキとユイのユニット名は「潮騒のメモリーズ」とすることになった。しかし、肝心のふたりの歌は一向に上達が見られなかった。特にユイの様子がおかしかった。練習に集中できず、どこか落ち込みがちに見えた。

練習を終えたふたりは、駅の待合室で列車を待った。アキはお座敷列車がどんなに待ち遠しいかを一方的にしゃべった。走っている列車の中で食事をしたり歌を歌ったりするのは楽しいに違いないと言う。ただし、お座敷列車運行日は、あいにく種市(福士蒼汰)が東京に旅立つ日だ。彼が一緒にお座敷列車に乗れないことは残念だと話した。けれども、種市は必ず北三陸市に帰ってくると約束してくれたなどと言った。

すると、突然ユイが激昂した。お座敷列車イベントは遊びではないと言うのだ。アキにとっては青春時代の思い出作りの一つかもしれないが、ユイにとってはアイドルになる夢を実現する重要な一歩なのだ。足を引っ張られては困ると訴えた。そして、自分がストレスやプレッシャーに弱いと述べ、落ち込み始めた。しばらく一人になりたいと言い、アキとは違う列車で帰ると告げた。

アキはユイを怒らせてしまったことに動揺した。言われた通り一人で帰ったが、ユイが突然怒りだした理由になかなか思い至らなかった。しかし、よくよく思い出してみると、自分が種市の話を始めたことに原因がありそうだった。その途端、ユイの顔つきが変わったのだ。けれども、そのことをユイに直接謝る気にはなれなかった。代わりに、ユイと喧嘩したことを種市にメールで知らせた。ところが、種市からのメールの返事はなかった。

その時、アキは春子(小泉今日子)から居間に来るよう呼ばれた。行ってみると、ユイの母・よしえ(八木亜希子)がステージ衣装を持ってきていた。ユイのアイディア・スケッチを元に、よしえが作ったのだという。それは、海女の絣半纏とフリル付きのスカートを組み合わせたもので、アキが着てみるとかわいらしく、よく似合っていた。春子とよしえは、潮騒のメモリーズの成功を確信した。

よしえは、アキに最近のユイの様子を話して聞かせた。元々のユイはおとなしくて冷めた性格だったのだが、アキと友だちになってからは人が変わったという。家では歌の練習をするか、アキの話をするかばかりだという。ユイは恥ずかしがり屋なのだが、アキはユイの横でもっと恥ずかしいことを平気でやる。それに後押しされて、ユイもいろいろな事に挑戦できるのだと話しているのだそうだ。アキが居てくれることをとても喜んでいるという。

アキは改めてユイのことを親友だと思った。よしえの話を聞いて、アキは嬉しさのあまり泣き出してしまった。すぐさまユイに電話をかけ、仲直りした。自分の生半可な態度を反省し、明日からは一生懸命打ち込むから許して欲しいと謝った。ユイは特に気にしていなかった。むしろ、アキには普段通りでいて欲しい言うのだった。

ただし、電話を切る間際、ユイは脈絡もなく「ごめんね」とつぶやいた。というのも、ユイは駅の待合室で種市と一緒だったのだ。ユイはアキを先に帰して、自分は種市と会っていたのだ。

当然、種市からアキへのメールの返信はなかった。
* * *


ユニット名が「潮騒のメモリーズ」に決まった経緯は説明されていませんでした。ナレーション(宮本信子)でそう決まったと言われただけです。

観光協会のヒロシ(小池徹平)と栗原(安藤玉恵)はどうも付き合い始めたらしいです。ふたり揃って寝坊して遅刻するなど、怪しい場面がありました。そのことを副駅長・(荒川良々)に突っ込まれるという展開でした。突っ込みつつも、あまり興味は無さそうでしたが。このふたり関係のドラマの中の位置づけは、いまいち想像がつきません。

さて、そんなわけですが、本筋は種市(福士蒼汰)を巡るアキ(能年玲奈)とユイ(橋本愛)の三角関係がさらに混沌としてきました。

『あまちゃん』ヒストリー(時系列表)
『あまちゃん』 つづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。