『アオイホノオ』実写ドラマ化: テレビ東京系2014年7月

近年の当方のお気に入り漫画である『アオイホノオ』(島本和彦)が実写ドラマ化されるって言うじゃありませんか!

【ドラマ24】アオイホノオ(テレビ東京)

テレビ東京公式サイトより

テレビ東京公式サイトより



『アオイホノオ』とは、1980年代初頭の美術大学を舞台とした著者の自伝的漫画。当時流行したマンガやアニメに対して主人公が興奮する様子が面白い。その時代を知っている読者なら絶対に楽しめる。
その時代をよく知らない人でも、庵野秀明(ヱヴァンゲリヲンの人)や岡田斗司夫(レコーディングダイエットで激痩せした人)など現在活躍中の人さえ知っていれば楽しめる。彼らが実名で出てくるので。彼らは著者と同世代であり、大阪で活動をし始めた時期も一緒なのだ。

ドラマの公式サイトでは一部のキャストしか発表されていないが、主演の柳楽優弥のメイクが主人公・焔モユルの雰囲気をよく出していて期待が持てる。

安田顕 as 庵野秀明

安田顕 as 庵野秀明


そして、道民であるところの当方は、北海道が産んだ小スターであるところの安田顕が助演しているのも嬉しい。しかも、なんとヱヴァンゲリヲンの庵野秀明役だって言うじゃあ~りませんか。
学生時代の庵野秀明を演じるにしては年齢がダブルスコアである点が少々気になるが、あの怪しい雰囲気を好演してくれると期待が膨らむ。公式サイトでは胸にカラータイマーを付けた格好で写ってるし。庵野秀明はウルトラマンが大好きで、漫画の中でもウルトラマンになりきるシーンが何度か出てくる。

そんなわけで放送が楽しみでならないのだけれど、問題は当方の住む京都府ではテレビ東京系列の番組があまり放送されないということである。ううぅ。
放送日だけ大阪府内に移動してテレビ大阪の電波をケータイ・ワンセグで見ろってことか?ああぁ。。。
放送さえリアルタイムで見ることができれば、『あまちゃん』以来のまとめ記事を書く意気込みなのだが。残念です。DVD出たら買うか。

追伸:
なお、今回のネタは「アオイホノオ」(島本和彦)サンディのお好み焼きAセット(マンガ食堂)で知りました。
マンガに出てくるお好み焼きを実際に作って再現しているのだけれど、マヨネーズにかける情熱に目頭が熱くなりました。読んだ感想は「そんな技があるのか!しかし、どうしてそこまで頑張る・・・」というものです。原作を知らなくても必見。

コメント (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。