おっさんギタリストの夢

中年になってからギターを始めた当方。
「ああいうふうになりたいな」と思うギタリストはたくさんいるんだけれど、その中でも上位にランキングされている1人が加藤和彦。

加藤和彦はギタリストとしては有名な人ではないし、派手なテクニックを持っているわけでもない。
でも、バンドで演奏している姿がとても楽しそうで憧れる。

特に、サディスティック・ミカ・バンドに木村カエラが加入した時の加藤和彦が僕の目標。
彼が木村カエラに向ける眼差しが、自分の娘や孫を見つめるような優しさに満ちていて、見ていてほっこりする。

特にこの時の演奏。これは僕もリアルタイムで見てた。すごく良くて、DVDに焼いて今でも持ってる(はず)。
なお、加藤和彦を知らない人のために説明しておくと、木村カエラの右で黒いダッフルコートで黒いギターを弾いている背が高くて髪の薄いおっちゃんです。



僕が加藤和彦みたいにギター弾きたいということは、これまでほとんど誰にも言ったことがなかった。うちのバンドのヴォーカルちゃんに冗談っぽく話したくらいだと思う。
ある意味、当方のトップシークレットだったわけである。

さて、先日、当ブログで発表会の案内をしたところ、ある読者さんが見に来てくれた。随分前から当ブログを読んでくれているのだけれど、直接お会いしたことのない読者さん。
その方が、演奏中の写真を撮影したとのことで、感想とともにメールで送ってくれた。

その感想の中で

ヴォーカルの女の子に微笑みながら演奏されててとても素敵でした。

と書いてくれた。

頂戴した感想メール

それがとても嬉しくて。
加藤和彦みたいに弾きたい(見た目だけ。背の高さは敵わないし、ハゲたくもないけれど、ステージ上での動きとか)と思っていて、それをなんとか頑張ってやってみようと思って、ヴォーカルちゃんを見ながら演奏した(いらんことに気を取られたせいで、肝心の演奏は大失敗したけど)。
誰にも言ってなかったのに、初めて見に来てくれた人がそういう印象を持ってくれたわけで。
加藤和彦に一歩近づけたんだと思って、すごく嬉しかったんだ、僕は。

発表会で大失敗して、もうギターなんてやめてしまおうかと2時間くらい本気で悩んだこともあったけれど、うまくいったところもあったんだとわかって、俄然やる気が復活した。
これからも精進する所存です。


追伸:
今週の火曜日は、加藤和彦の盟友であるところの北山修さんを30mくらいの距離でお見かけして感激してました。遅れて行ったのでトークは聞けなかったけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (6)

  1.  ギター、やめなはれ。今すぐやめなはれ。
     ギターやめた暁には、PRS、アンプ、エフェクター、まとめてお預かり致します! ついでに、TREKのシャア専用クロスバイクも!

    • やめねーよ。
      今、ギター中継を見たオンナをたぶらかして Les Paul 買わせようとしてるとこだし。hehe。

  2.  「ギタリストとしての加藤和彦が憧れ」ってのも渋いとこ突いてきたな~!と思うんだけど、動画中の加藤和彦が弾いてるのが「レスポールカスタム with ビグスピー型トレモロ」ってのも如何にも渋い!

    • バードインレイに憧れてPRSにした僕だけれど、やっぱりレスポールのボディの曲線の艶かしさが最高にエロくてイカしてると思うんですよ、僕は。
      PRSのシングルカッタウェイは何か違う気がする。

  3.  そうお? 僕は「何か違う気」はしないな~。デザイン的には、三角形のピックガードがあるかないかで随分印象変わるんですよね。

     PRSのレスポールタイプは、木目の美しさや塗装の美しさ、工業製品としてのクォリティーの高さ、等は本家ギブソンより上じゃないかという気もするし(あとお値段の高さも)。

    • もちろん、PRSのレスポールタイプをくれるってんなら、喜んでもらうし、すげぇ気に入って使うと思うんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。