NHK『あさが来た』第2回

昨日の午前中にツイッターでリツイートされてきた中で一番面白かったのは「どれだけ前世で徳を積んだら生まれながらの許婚が玉木宏になるんだ、いくら払えばいいんだ」というものだったけれど、午後になって福山雅治が結婚したという大ニュースが流れてきて、先の投稿者はミーハーっぽいし、さぞや悲嘆にくれているのではないかと心配している当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第2回めの放送を見ましたよ。

* * *
第1週『小さな許嫁』

あさ(鈴木梨央)は許嫁の白岡新次郎(玉木宏)と初めて会った。
しかし、忠興(升毅)から折檻されているところを見られてしまい、そのことを話題にされたせいで恥ずかしくなった。そして、デリカシーのない新次郎のことを嫌いになるのだった。

大阪への帰り道、新次郎の父・正吉(近藤正臣)はあさが嫁に来ることを心配した。あのようなじゃじゃ馬が嫁に来くると家の中がめちゃめちゃになるのではないかと思うからだ。夫となる新次郎がしっかり手綱を締めるよう注意した。
しかし、当の新次郎はどこ吹く風だった。あまり深刻にならず、自分にも扱いきれないだろうと笑いながらはぐらかすだけだった。

あさは、今日の粗相について父・忠興から再度叱られていた。商家の大切な道具である算盤を楽器のように振り回していたり、許嫁との対面中に勝手に部屋を飛び出したりしたからだ。大きな両替商である先方への嫁入りが破談になると、今井家の家運も大きく傾くのだ。

あさは口答えした。
自分も算盤を使って計算をしてみたいし、本も読んでみたい。男の子のようにまわしを締めて相撲を取ってみたい。なぜ女だからといって禁じられなくてはならないのかと訴えた。
しかし、父・忠興はつれなかった。女が優先して身に付けるべきは、夫や家族をもり立てる礼儀作法や芸事だと言うのだ。それすら満足にできないくせに、男のすることをやりたがるのは筋違いだと言って取り合わなかった。

そこへ、祖父の忠政(林与一)がやって来た。
彼はすでに隠居し、別なところで悠々自適な生活を送っている。たまに訪ねてきては、あさの良き遊び相手となっていた。忠政のあさに対する態度は特別で、過去には「あさが実は男だったということにして縁談を反故にし、むしろ嫁をとって今井家の家督を継がせよう」などと破茶目茶なことを言って家族を唖然とさせたこともある。

祖父・忠政は、忠興の前からあさを救い出し、一緒に木登りをした。木登りは禁じられていたが、忠政には誰も口出しはできないのだ。

ふたりきりになって、あさは自分の気持ちを話した。
新次郎と結婚するのは嫌だ。そもそも女がお中元やお歳暮のように、家から家へと贈り物のようにやり取りされること自体がおかしい。お家のためと言われても納得できないと訴えた。

聞き終わると、忠政はあさのことを褒めた。
普通の人は長いものに巻かれようとし、古いしきたりに盲目的に従ったりする。そういう生き方が一番楽だから。しかし、あさは違う。おかしいと思うことがあったら、立ち止まって考えている。そういう人間が世の中を変えていくのだと話した。そして、あさは誰かに叱られたり、後ろ指をさされたりしても、自分が良いと思ったことは自身を持ってやれと励ました。
あさは嬉しくなった。

それから約1年後。今井家の台所事情は少々苦しくなり始めていた。
幕末の混乱期で、幕府には金がなかった。幕府や武士たちは町の商家に頻繁に金を借りに来るようになった。それらの借金は返ってくる可能性はほとんどなかった。かといって、町民にはそれを断る術も無いのだ。事実上、無償で金を差し出しているのだ。
父・忠興は不景気な顔で「こんな時代は長くは続かない」とぼやいた。あさはその言葉を聞くともなしに聞いていた。

ある日、父・忠興は大阪の両替商を何件か回ると言い出した。
そのついでに、あさと姉・はつ(守殿愛生)も連れて行くと言うのだ。娘達の許嫁はいずれも大阪の両替商なので、挨拶に出向くと言う。
* * *


福山雅治吹石一恵の歳の差は13歳だというし(46歳と33歳)、僕も28歳の妻を娶るチャンスがあると思ったり。
本ドラマの劇中で新次郎(玉木宏)の歳は明示されていないけれど、それなりに老けている。仮に30歳としよう。あさ(鈴木梨央)は11歳とのことなので、歳の差は19歳。俺に当てはめれば、22歳の許嫁がいるようなもんだ。俺にもまだまだチャンスがあるんじゃね?

・・・なんてワクワクしてたんだけれど、劇中のナレーション(杉浦圭子)で「当時は珍しいことではありませんでした」と言われてた。現代ではダメなのか、と落ち込んだ。
ていうか、自分の顔と福山雅治や玉木宏の顔とを比べれば無理なことは明らかなので、もっと早く気づけよって話だけど。

さて、本ドラマのテーマは性役割ってことになるのかな。
つーか、基本的に朝ドラは主人公が女性で、必ず性役割の葛藤が中心に描かれるわけで。どのヒロインも必ず「家庭か仕事か」で悩むわけだけど。
性役割の葛藤が必ず取り上げられるテーマだけに、そこの描き方でそのドラマの良し悪しが決まると個人的には思ってる。

昨日今日と見てきて、そこの描き方はよく出来てると思います。ますます今後が楽しみ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。