NHK『あさが来た』第58回

今さらながら当ブログのデータベースのチューニングと記事のキャッシュ導入をしたので、少しでも表示が早くなるといいなと願う当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第58回めの放送を見ましたよ。

* * *
第10週『お姉ちゃんの旅立ち』

大阪最後の日、はつ(宮﨑あおい)は藍之助(南岐佐)を連れて、あさ(波瑠)の家へ泊まりに来た。

姉妹がゆっくりと気兼ねなくおしゃべりするのは、ふたりが結婚してから初めてのことだった。いくら話しても話題が尽きることはなかった。

藍之助のことを自分の息子のようにかわいがり、一緒に遊んでいた新次郎(玉木宏)だったが、亀助(三宅弘城)が大慌てでやって来るなり、急いで家を出て行ってしまった。亀助が三味線がどうのと騒ぎ立てるのを押しとどめ、理由を一切言わなかった。

三味線と聞いて、あさは師匠・美和(野々すみ花)が関係していると思った。新次郎が昨晩も遅くまで返ってこなかったのは、美和が関係していると睨んでいるのだ。美和は艶っぽい素敵な女性であり、自分は敵わないと愚痴を言った。
はつは、そんなあさを、半分からかい、半分慰めた。あさの愚痴は、美和への単なるヤキモチだと言って笑うのだ。一方で、あさも十分にきれいな女性になったと褒めた。襲名披露でめかしこんだあさはきれいだったと話してやった。
ただし、あさもはつも、夫から直接きれいだと言われたことは無かった。そのことをふたりで笑い飛ばすのだった。

その頃、美和は、新次郎の紹介で五代(ディーン・フジオカ)と会っていた。ただし、新次郎は用事があると言って、同席していなかった。
美和は、五代が大阪商人たちが気さくに集まって話せる場を欲しがっているということを知っていた。以前、大久保利通(柏原収史)の頼みで三味線を披露した時に、大久保と五代の話を聞いていたからだ。
それで美和は、自分が商人たちのサロンを作りたいと申し出るのだった。

あさは、はつに琴を弾いて欲しいと頼み、自分の琴を出してきた。
しかし、はつは断った。長い間弾いていないし、野良仕事で手も荒れてしまったので、琴を弾くことはできないというのだ。あさがどんなに頼んでも応じなかった。

そこへ、新次郎が大急ぎで帰ってきた。手には大きな荷物を抱えており、その風呂敷を解くと、はつの琴が収められていた。
はつの琴は、山王寺屋が倒産する時の金策のために売られてしまっていた。惣兵衛(柄本佑)はそのことを激しく後悔しており、取り戻すよう新次郎に頼んでいたのだ。新次郎は大阪中の楽器店を探しまわったが、なかなか見つからなかった。それが先ほど、町外れの店で売りに出ていると聞いて、すぐに買いに行ったのだという。
新次郎も、はつの琴の腕前の評判は知っていた。それで、どうしても聞いてみたかったのだと話した。

はつは、自分の大切な琴と再会できたことをたいそう喜んだ。あさとはつは琴の合奏をした。それはとてもよい演奏だった。
惣兵衛はこっそりと加野屋のそばまで来て、漏れ聞こえてくる音色を家の外から聞いた。惣兵衛も満足だった。

演奏を終え、琴を片付けた。部屋にははつと新次郎のふたりだけがいた。
はつは、琴を置いていこうとした。琴の値打ちは知っていて、それほど高価なものを無償で貰うわけにはいかないからだ。しかし、新次郎の熱心な説得で、やっとはつは応じた。

琴の一件が片付くと、はつは話題を変えた。
はつは新次郎に、なぜあさと結婚する気になったのか尋ねた。
* * *


昨日の放送で、惣兵衛(柄本佑)が新次郎(玉木宏)に何かを探してくれと頼んでいたのだけれど、まさかはつ(宮﨑あおい)の琴だったとは予想していなかった。
惣兵衛は白蛇のくせに、なかなかロマンチックなところがあるな。
いいやつだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。