NHK『あさが来た』第76回

昨日は『スター・ウォーズ: フォースの覚醒』を見てきたわけだが、事前には「女主人公?それってどうなん?コケるんちゃうの?」と思っていたわけだが、見てみるとこれ以上ないくらいよく出来たスター・ウォーズになっていて、事前の不明を恥じるしかなくなった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第76回めの放送を見ましたよ。

* * *
第13週『東京物語』

あさ(波瑠)の実家は、現在は東京にある。しかし、あさは東京へ来ることを内緒にしていた。
父・忠興(升毅)は、昔から女が学問や商売をすることを禁じていた。あさはその教えに背いており、夫や娘を放置して東京に来たなどとしれたら、こっぴどく叱られると予期したからだ。

それでも、家族は恋しかった。そこで、弟・忠嗣(興津正太郎)にだけこっそりと連絡をつけ、会うことにした。彼はアメリカ留学から帰国しており、海外の話も聞いてみたかったからだ。

あさは忠興と牛鍋屋で落ち合った。
すると、突然そこへ父・忠興が姿を現した。忠興は、忠嗣の様子がおかしいので後を付けてきたのだった。忠嗣は、あさの非常識さに怒っていた。自分の教えに背くどころか、親への挨拶も無いからだ。

あさは、自分が商売に熱中していることを『学問のすすめ』から引用して言い訳した。
同書によれば、男も女も同じ人間であるとされ、これからは女も勉強して、男と対等に意見を戦わせる時代になる。自分はその考え方に賛同しているのだと話した。

その店では、福沢諭吉(武田鉄矢)本人も食事をしていた。自分の名前が出たことで、諭吉はあさたちの話の輪に割り込んできた。
男であれ女であれ、どんな人間も自由と独立を妨げられてはならないと言って、あさを弁護した。これからの女性は、単に男に従うだけではなく、経済的に自立すると共に世間に対する責任をもつ必要がある。大いに学び、しっかり働き、財産を作ることで独立自尊していくことが必要だと説いた。
そして、あさに対して将来は女社長になれと助言した。

あさたちは、諭吉の正体に気づいていなかった。唯一、忠興だけが看破仕掛けたが、諭吉は名乗らずにそそくさと立ち去ってしまった。
帰り道、諭吉は満足していた。この7年後、諭吉は『日本婦人論』を刊行することとなり、それは将来のあさの心の支えとなるのだった。

その後、あさと忠興は互いの商売について話し合った。
あさの炭鉱は事故の復旧のため休業状態だし、忠興の銀行も思うように事業が成長していない。共に苦労が多いのだ。
そんな中でも、あさは前向きだった。もうすぐ文明開化が成し遂げられる。それまでは辛抱の時期だと捉え、耐え忍ぼうというのだ。

その他、あさは内務卿(首相)の大久保利通(柏原収史)と面会したことなどを報告した。あさによれば、大久保は少しも偉ぶるところのない、優しい人だったという。女の自分とも対等に話をしてくれたという。
日本で一番偉い政治家と会ったことに、忠興や忠嗣はひどく驚いた。

牛鍋屋からの帰り道、忠興は感心していた。あさと話をしていると、女と話をしている気がしなかったのだ。あさを一人前の商売人だと認めざるを得なかった。
忠興の父・忠政(林与一)は生前、あさを男として育て、家督を継がせようと言っていた。当時は馬鹿げた一笑に付していたが、今になると忠政の言い分が正しかったのだとしみじみ思うのだった。

その頃、大久保利通は五代(ディーン・フジオカ)と会っていた。堅苦しい話は抜きにして、気楽に将来の展望を語り合った。
内務卿の大久保とはいえ、これまで外国や旧藩閥の影響力に屈せざるを得なかった。しかし、これからはそれらの妨害を跳ね返し、より一層国造りに励むと誓った。これまでの10年は国政の変化を落ち着かせるための10年だった。次の10年は政治や経済を完成させる10年だと見積もっている。そして、さらにその後10年をかけて、新しい日本が完成すると展望した。
その頃には、武力に頼らずとも強い国が出来上がっていると言うのだ。

五代は、大久保の考えに大いに賛同した。常々、大久保が力を入れている、産業、農業、物価、教育の各政策には賛成だった。
ただし、今の大久保が一つだけ忘れているものがあると指摘した。それは女性を育て、活用することである。女性の能力を活かせば、武力に頼らない国という大久保の理想をより盤石なものにできるというのだ。
大久保も納得した。

それから数日後、あさが大阪へ帰る日となった。
にわかに町中が騒然としていた。あさが号外を受け取ると、大久保が暗殺されたことを知った。明治11年5月14日のことだった。
* * *


福沢諭吉(武田鉄矢)もほぼ単発の登場っぽいし、大久保利通(柏原収史)もこれまであまり深く人物像が掘り下げられたことも無かったので、僕は正直「はぁ、そうですか・・・」程度の感想しかわきませんでした。
不感症ですみません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。