NHK『あさが来た』第84回

今日は年に一度のあの日(察してください)にしようと思っている当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第84回めの放送を見ましたよ。

* * *
第14週『新春、恋心のゆくえ』

加野屋を臨時休業にして、亀助(三宅弘城)とふゆ(清原果耶)の結婚式が行われた。

あさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)は夫婦として初めての仲人である。
ふたりは自分たちの結婚式の日を思い出した。新次郎は式をすっぽかして紅葉狩りに行ってしまったり、男に慣れていないあさは寝室で新次郎を投げ飛ばして初夜に失敗したことなど、互いの失敗を指摘しあった。
始まりは失敗ばかりで先行きが不安だったが、今では夫婦として形になったと言ってふたりで笑い合うのだった。

うめ(友近)がふゆの支度を担当した。ふゆはとても綺麗な花嫁になった。
うめは、女中の先輩として、自分は独身のままふゆを送り出す立場になった。それでもうめは後悔したり、卑屈になったりすることはなかった。自分は色恋や結婚に縁はないものと決めているので、それでよいと言うのだ。時々誰かを思うと心が少しだけ暖かくなる。自分にはそれで十分だと話した。

九州で炭鉱を監督している雁助(山内圭哉)が、亀助の結婚式のために帰ってきた。
うめは表立って声をかけることはしなかったが、陰から雁助の姿を見て心が少しだけ暖かくなった。

こうして、亀助とふゆの結婚式は無事に終わった。

それから数日後、亀助とふゆは九州の炭鉱に赴任したいと願い出た。
亀助は、ふゆに加野炭鉱を見せ、あさがどうやって鉱夫たちの心を掴んだのは話してやりたいという。ふゆも、九州の女たちが強く頼もしいという噂を聞くので、身近で学びたいと言うのだ。
その申し出は受け入れられ、雁助と入れ替わることになった。

早速、雁助は店の帳簿をあらためた。
現在の加野屋の商売の主流は明らかに炭鉱事業になっており、本来の商売である両替商とは扱う金額の桁が違うことがわかった。

あさは、そろそろ銀行業を始めたいと話した。大阪に国立銀行が設立されることとなり、地元での銀行業が発展していく状況に乗り遅れてはならないと思うのだ。
しかし、雁助はきっぱりと反対した。

あさは面白くなかったが、ふと脇においていた算盤が目に留まった。幼いころ新次郎からもらったもので子供用であるが、今でも使い続けている算盤である。それを見ると心が落ち着いた。

寝室であさは新次郎に話した。
自分はこれまで誰かに恋をしてドキドキしたことがなかったと思っていた。自分には親の決めた許嫁がいて、そのまま結婚したからだ。
しかし、その記憶は誤っていたというのだ。小さいころ、新次郎から算盤をもらった時にドキドキした。あれが自分の初恋であり、その時から現在までずっと新次郎に恋をしていたのだと思いだしたという。

新次郎も同じだと答えた。しかも、あさに恋をしたのは一度きりではなく、何度も惚れなおしていると言うのだ。
何度も惚れなおす点はあさも同意した。

ある日、よの(風吹ジュン)と新次郎(玉木宏)は榮三郎(桐山照史)を茶屋に連れ出した。榮三郎の許嫁に引き合わせるというのだ。

榮三郎はまったく乗り気ではなかった。しかし、許嫁・さち(柳生みゆ)は、よのに顔の似た可愛らしい女だった。
榮三郎は一目で気に入ってしまった。
* * *


榮三郎(桐山照史)の許嫁・さちが初登場。
僕はさち役の女優さんに見覚えがないような気がしていたのだけれど、演じている・柳生みゆさんは『カーネーション』でヒロインの妹役をやってた人じゃないですか。

当時、小原四姉妹を演じる女優さんたち(尾野真千子他)の中では、一番好みのお顔だと思っていたはずなのに、今日の放送で気づかなくてすみませんでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。