NHK『あさが来た』第88回

昨夜は微熱があったのだけれど、たっぷり寝たら熱も下がって持ち直した当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第88回めの放送を見ましたよ。

* * *
第15週『大阪の大恩人』

あさ(波瑠)は九州で新たな炭鉱を視察し、問題ないとわかったので現地で購入契約を交わしてきた。
東京や名古屋からも購入の申し出があったが、所有者はあさの到着を待ってくれていたという。加野炭鉱の爆発事故への対応を見ていて、加野屋が真摯に炭鉱業へ取り組んでいることを知っていたからだ。それで他でもない、加野屋に売ろうと思っていたのだという。

大阪に帰ってきたあさは、当主・榮三郎(桐山照史)に事後報告をした。
借金が増えたことで榮三郎が怒ると予期していたが、当の榮三郎は平気な顔をしていた。榮三郎は炭鉱のことはあさが一番良く知っており、彼女の能力を信頼している。あさが問題ないと言うなら、その判断に間違いはないと思うからだ。
また、雁助(山内圭哉)の態度も榮三郎の後押しとなった。雁助はあさに小言を言っているが、きっぱりと止めはしなかった。彼も心の底ではあさの鉱山に対する見識を認めているのだ。彼が認めているなら、榮三郎も止める理由がなかったのだ。

それと前後して、五代(ディーン・フジオカ)のスキャンダルが新聞で叩かれていた。
政府は1400万円(当時の国家予算の20%)をかけて北海道の開拓事業を整備した。それをたった39万円で五代の会社に払い下げると報道されたのだ。政府には薩摩出身の役人がおり、同郷の五代と癒着していると言って激しく批判されたのだ。
全国で五代が悪徳商人だと呼ばれるようになった。

大阪商人たちの間にも動揺が広がった。
五代に事情を聞こうにも、彼は姿をくらましており会うことができなかった。大阪商人の多くは五代の会社に出資しており、混乱していた。
ついには、五代に協力していたという理由で、大阪商人たちも新聞で叩かれるようになったのだ。

そして、新聞での批判を受けて、五代の会社への官有物の払い下げが取り消しになった。

五代は視察と雲隠れを兼ねて、北海道にいた。
払い下げの取り消しを受け、混乱の収拾のために大阪へ帰ることを決意した。大阪商工会議所の会長を辞任するというのだ。
* * *


昨日の放送あたりから、五代(ディーン・フジオカ)は体調があまりよくないようです。今日も北海道から帰ろうとした時に、胸が苦しそうにうずくまっていました。

その他、うめ(友近)と雁助(山内圭哉)のロマンスがちょいちょいと挟まれていますが、そちらは本格的に動き出してからまとめようと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。