うつむく日はみつめあって きっと愛する人を大切にして知らずに臆病なのね

来る6月5日(日)4日(日)に音楽教室のミニ発表会があります。そこで2曲演奏させてもらうことになりました。

曲目は察してください。
ヴォーカル(JD)、ベース(アラサーおっさん)、ギター(当方)、ドラム&シンセサイザー(打ち込み)という編成です。

予定出演時間は20時過ぎ、場所は天理楽器橿原店・ホール音蔵(最寄り駅は近鉄大和八木駅; 地図)。入場無料。

場所が微妙だし、時刻もアレですが、かわいこちゃんの横で鼻の下を伸ばすところまではいいのだけれど、曲のスピードについていけずに慌てふためく当方を見てみたいという方は、是非お誘い合わせの上お越しくださいませ。

また、会場で当方に合言葉「大彦よりも木公さんの方がモテると思う」(参考)を告げて下さった方には、プッシュベアーズ特製ピックをプレゼントします。

こちらからは以上です。

能町みね子『オカマだけどOLやってます。完全版』を読んだ

今年の五月病は例年よりしつこいという話を聞きました。つーか、聞きましたというのはウソで、僕が今勝手にそういう話を流布するわけだけれど。

みなさまにおかれましては、しつこい五月病に屈しないよう、十分な睡眠と滋養のある食事、適切な運動や日光浴、および仕事や対人関係のストレスを笑い飛ばすスルー力を涵養していただき、心身ともに健康な日々をお過しくださることを心より深くお祈りするところであります。

* * *
さて、今日の本題は能町みね子という人物、およびその著作についてです。

僕がこの人のことを知ったのはちょうど1年くらい前でしょうか。当時放送されていた『ヨルタモリ』(フジテレビ)でお見かけしたのが最初だと思います。

「何者だか知らないけれど、派手な格好をしたオバちゃんが出演してるなぁ。どことなくスノッブな振る舞いが少々鼻に付くよなぁ。嫌悪感を抱くというほどではないけれど、どちらかと言えば、あまり友達にはなりたくないタイプ。『ベッドで抱けるか?』って聞かれたら、抱けないと答える。年齢不詳なオバちゃんなら、圧倒的に永作博美の勝ちやろ!」

正直に記憶をたどれば、そのように評しておりました。
そして、顔ははっきりと覚えたけれど、名前はうろ覚えでした。

続きを読む