禁煙3年

 2007年10月29日22時半頃、僕はタバコをやめた。ちょうど3年が経過した。

 その間、一部の例外を除いて完全に禁煙している。
 一部の例外というのは、他人のタバコの副流煙と、情熱ホルモンで暖められたホルモンからしたたる脂が七輪の炭に落ちて煙が上がるのを吸い込んでむせることと、趣味で始めた見仏の折に堂内で焚かれた線香の煙を吸引することである。それらは不可抗力であり、仕方がない。
 とにもかくにも、本人の意思によってタバコをやめている。

 今月(2010年10月)よりタバコが値上がりした。3年前、僕が愛用していたキャスター・マイルドはたしか270円だったと思う。それが、今では410円で売られている
 当時に比べて1.5倍の価格だ。デフレだなんだと言われているのに、タバコの世界だけは別のようだ。もっとも、値上がりの理由は税の値上がりであり、「税金を高くすることで需要を減らし、個人の消費量を減らし、ひいては肺がん等のタバコによる健康障害を事前に防ごう」というありがたいパターナリズムらしいのだが。

 僕の周囲でも、今月初頭に禁煙を始めたとか、消費量を減らしたという話がチラホラと聞こえた。値上がりから1ヶ月、彼らは禁煙・節煙を継続できているのだろうか。
 僕は、他人に禁煙を強く勧めるつもりはこれっぽっちもない。吸おうが吸わまいが本人の自由だと思うから、クドクドと偉そうに「やめるべきだ」と説得するつもりはまったくない。

 ただし、たまに人から「どうやってタバコやめたの?」と聞かれることはある。その時、決まって以下の2つを話す。



続きを読む

禁煙1年

去年の10月29日22時半頃、僕はタバコをやめた。
ちょうど1年経過したが、それ以来1本もタバコを吸っていない。
何度か「今、タバコを吸ったら何が起きるだろうか?」と軽く考えたこともあったが、強くタバコを吸いたいと思ったことは一度も無い。
今や、タバコを吸わない生活がごく普通に感じられる。自分が喫煙者だったということが信じられなく思うこともあるし、最後にタバコを吸ったのがもう何年も前のように感じられるくらいだ。



続きを読む

自分の喫煙権を売った男

『ヤバい経済学』の共著者のダブナーが紹介していたのだが、自分がタバコを吸う権利をオークションで売った男がいるらしい。

ニュージーランドに住む James Hurman は、妻の妊娠を期にタバコをやめようと決意した。しかし、今までいろんな方法を試してうまくいかず、最後の手段に出たようだ。
彼は「自分がタバコを1本吸う度に、1000ニュージーランド・ドル(日本円だと8万円強)を支払う」と約束した契約書をネット・オークションで売り出したそうだ。
なお、オークションの収益はニュージーランドがん協会に寄付すると約束している。



続きを読む

『ちりとてちん』DVD-BOXを予約した

NHKの朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』にどうしようもなくハマっているので、DVD-BOX も買い揃えることにした。

NHK エンタープライズの通販サイトによれば、

【発売スケジュール(予定)】
■DVD-BOX1 15,960円 5月21日発売
第1週~第8週(1回~48回)収録
■DVD-BOX2 15,960円 6月25日発売予定
第9週~第17週(49回~97回)収録
■DVD-BOX3 19,950円 7月23日発売予定
第18週~第26週(98回~151回)収録


とのこと。

現在のところ、amazonでは11,810円で予約受付中
26%オフで、かなり嬉しい。



続きを読む

禁煙・・・、できた。

10月29日に半信半疑で「禁煙セラピー」を読んだ

同書には「長くても三週間で完全にやめられます。」と書かれており、今日がその3週間の運命の日である。

結論から言うと、その10月29日を最後にタバコを吸っていない。
とりあえず、「禁煙成功」と宣言しておく。

一般的に、禁煙に成功すると「おめでとう!」なのだろうが、僕自身にとってはあんまりおめでたい気がしていない。
想像よりもはるかに容易に禁煙できてしまった(これといった禁断症状もなかった)ために、感慨が沸かないないせいかもしれないが。


続きを読む

胸が痛い。

タバコを断って24時間経過したくらいか。

急に、胸が痛くなってきた。
ていうか、左右の肋骨のあたりがシクシクする。
ちょうど肺の位置と思われ。

タバコと言えば肺に直結なのだが、こんなにありがちな部分に症状が出てくるものか。
なんか、うそっぽくて、自分でも笑ってしまう。



続きを読む

禁煙: 初日午後

昼休みに喫煙所で4-5本吸うのが日課だったが、今日は全く吸いたいとは思わなかった。
良い流れ。

14時頃、体が火照り始める。額にじっとりと汗が浮く。
風邪を引いてしまったのか、これがニコチンの禁断症状なのか判然としない。
なんせ、禁煙は生まれて初めてのことだから。
自分の体調の変化をとことんまで観察して楽しもうという気が起きてくる。
帰りに体温計を買おうと決意したのもこのころ。




続きを読む

禁煙: 初メシ

昨夜タバコをやめてから、初めての食事として昼飯を食う。
朝起きてから、牛乳を飲んだり、喉飴をなめたり、ガムを噛んだりしているが固形物を入れるのは初めて。

会社の食堂で鶏肉の丼をとるも、気持ち悪くて半分以上残す。
単に季節の変わり目で体調が悪いせいなのか、ニコチンの禁断症状で気持ち悪くなってるのかは判別不能。
#ここ1週間くらい、ずっと体調がよくないから。

仮にニコチンの禁断症状だとしても、アラン・カーの「禁煙セラピー」の記述を信じる限り、3日もすればスッキリするそうなので、ちょっと風邪を引いて食欲がないものと思って、深刻に考えないことにしておく。


なお、最後の1本を吸った時刻を正確には覚えていないけれど、たぶん昨夜の22時以降1本も吸ってない。
一度吸ってしまうと逆戻りらしいので、今はじっと辛抱中。
ていうか、なんか調子が悪いとは思うけれど、特にタバコが欲しいわけではない。
今のところ、最初の想像よりはぜんぜん余裕っぽい。

禁煙半日

禁煙を始めて、一夜明けた。

昨夜眠りに着く前に一生懸命タバコのことを考え、今朝目が覚めてもやっぱりタバコのことを考える。

禁煙を始めて、およそ12時間。
アメリカまで飛行機に乗って出かけてもやっぱり、12時間くらいかかり、機内は禁煙。
飛行機の中での受動的禁煙ではタバコのことは全然思い出さないのに、なんで能動的に禁煙しようとするとタバコのことばかり考えるのか。

それは「俺ってすげーことしてるんだぜ」と思い込みたいだけの話か。
う~む。

禁煙ベッドタイム

30分ほど前、所有していたタバコを全てゴミ箱に放り込んだ上で、寝室に向かった。
禁煙セラピー」と一緒に買ってきた浅田次郎の短編集「鉄道員」の表題作のさわりを15分くらい読んだ。

電気を消して目をつぶってみた。
最初に脳裏に浮かんだのは
「鉄道員の映画版の広末かわいかったなぁ」
ということだった。

それから数十秒後、
「タバコ全部捨てちゃったけど、明日から大丈夫かなぁ・・・。会社で急に吸いたくなっても、ビルには売ってないしなぁ。」
と、ちょっぴり不安になってきたり。



続きを読む