俺の年越し準備 2012

2011年の12月同様twitterの壁紙を和服姿の山瀬まみにした。

Twitter の背景画像 2013年バージョン

Twitter の背景画像 2013年バージョン


その他、今日は朝からひたすら大掃除をした。年末にこんなに一生懸命掃除をするのは、一人暮らし歴20年弱にして初めてのことかもしれない。床から埃がなくなって、窓の汚れがなくなり、キッチンまわりがピカピカになるだけでこんなに気持ちがいいとは。もっと早くに気づくべきだった。

この後は、紅白歌合戦年の初めはさだまさしを見つつ年越しをする所存。その間、海鮮鍋を食べたり、年越しそばを食べたりする予定。

続きはtwitterで。

それではみなさま、良い年をお迎え下さい。

松井秀喜と俺

冬至ミステリー: サンタは誰だ?

昨夜、荷物の不在通知が届いていた。


発送主はamazonとなっているが、僕は最近 amazon で買い物はしていない。だから荷物が届けられる筋合いはない。

考えられることは、誰かがクリスマスプレゼントを贈ってくれたということだ。「どこのどなたか存じませんが、本当にありがとうございます。メリークリスマス☆」と心のなかで呟いて昨夜は寝た。
ただし、翌日も早い時間に帰れそうになかったので、近所のコンビニに転送してそこで受け取ることにしておいた。はたして本日、23時ころに荷物を受け取った。

やはり誰かからのクリスマスプレゼントだった。

「これでカボチャを切って、日々の健康的な自炊生活を目指してください サンタ」

「これでカボチャを切って、日々の健康的な自炊生活を目指してください サンタ」



ただし、匿名のサンタさんだった。amazon のギフトは贈り主を記入する欄があるのだが、そこには周到にも僕の名前が記載されていた。贈り主は自分の正体を完全秘匿したいようだ。
贈り主の欄には僕の名前が書いてあった。

贈り主の欄には僕の名前が書いてあった。



なお、プレゼントの中身はツヴェリングの包丁だった。

続きを読む

月曜日の雲仙普賢岳

去る12月10日(月)、知人数名と共に熊本県宇城市へ出かけてきた。その道中、その知人らと一斉にツイッターへ写真を載せた。被写体は雲仙普賢岳である。

こうやって並べてみると、なかなか愉快なものである。当日は天気が良くて、対岸の雲仙普賢岳がよく見えた。ちょっとしたドライブで気分も良かった。こうやって写真を並べてみると、その時の楽しい気分がまざまざと思い出される。
続きを読む

今欲しい2013年カレンダーを集めてみる

リンクはいずれもamazon。

NHK気象予報士 カレンダー 2013年

ニュースウォッチ9でお天気コーナーを担当している井田寛子さんは11月/12月に登場だそうだ。井田さんは以前は関西の朝のローカル番組のキャスターをやっていた。ちょうど朝ドラ直前の番組だったので毎朝見ていたわけで。僕が関西から関東に異動になるのと同じタイミングで井田さんもニュースウォッチ9に異動。めでたく神奈川の地でも彼女を拝むことができる。なんだか縁があるなーと思い、このカレンダーを買おうかどうか迷っている。

木村文乃 カレンダー 2013年

きれいなお姉さんは好きです、はい。NHK『梅ちゃん先生』での活躍が記憶に新しい木村文乃さんです。きれいなお姉さんでした。足の裏フェチの当方としては、上の写真の見えてるような見えてないような写真が、そそるようなもどかしいような。

篠崎愛 2013カレンダー

色白丸顔ベビーフェイスが大好物の当方です。山瀬まみ永作博美と黒木華を抜きにすれば、現在イチオシの色白丸顔ベビーフェイスといえば篠崎愛をおいて他にはいまい。ただしこれ、会社とかで使ったらセクハラものだよな。うーむ。


「よつばと!」2013カレンダー

先月、初めて『よつばと!』を読んで、えらい面白かった。その勢いで来年のカレンダーは『よつばと!』に託してもいい。やんだが他人だとは思えない俺だし。


以上、つらつら書いてきたわけだが、結局、来年の当方は愛猫あるにゃんの掲載されているまいにちにゃんこ2013を使うわけだけど。

Justin Long と俺

アメリカに Justin Long という俳優がいる(IMDbで調べる)。『ハービー/機械じかけのキューピット』などに出演しているらしい。

僕はその映画を見たことはないのだが、昨夜テレビで放送されていたらしく、北海道在住の俺評論家Rinpon女史から
さっきまでさ、BSでハービー/機械じかけのキューピットってのみてたんだけど、ヒロインの相手役が木公くんに似てたよ。 http://www.hotflick.net/pictures/005HFL_Justin_Long_019.html
という指摘があった。
その俳優こそがJustin Longさんである。
続きを読む

今夜の飲み代は土間土間1000円、国境なき医師団1000円

今日、初めて会った人と土間土間 成城学園前店に行った。
初めて会った人とその場で意気投合して居酒屋に行くなど、若い女の子だったらフシダラだと後ろ指をさされるところであろうが、幸か不幸か、当方はおっさんであるのでそうなる心配はない。当方はオッサンだからいいとしても、問題は一緒に行った相手だ。相手が若い女の子だったら、その女の子はフシダラだと糾弾されるかもしれないし、若い女の子をたぶらかす当方もケシカランとお叱りを受けるのかもしれない。
しかし、安心して欲しい。当方の他には、オッサン2人と一緒に飲みに行ったに過ぎない。

僕は車で出かけていたので、アルコールは飲まなかった。残りの2人はビールに目がないということで、生中ジョッキをそれぞれ5杯ずつくらい飲んでいた。ふたりはビールさえあればツマミなどの固形物は特に必要がないとのことだった。僕は烏龍茶をチビチビとすすりながら、夕食として焼ホッケやら卵焼きやら野菜サラダやらをモリモリ食べていた。

僕は一人だけノン・アルコールだったけれど、つまらないとは思わなかった。今日はじめて知り合った3人というのが、一級建築士と文学博士と電話屋さんだという奇妙な組み合わせであり、仕事の話の噛みあわなさったらなかった。しかし、あまりの噛みあわなさってのが意外にも愉快であった。僕は少しも酔っていないのに終始笑っていたし、彼らも上機嫌だった。いい夜だった。

3人の飲み代は合計で5,880円だった(クーポン利用で1,000円割り引かれている)。ひとりあたり2,000円でなんの文句もない。僕は彼らより先に2枚の千円札をテーブルの上に置いた。

小さな騒動が起きたのは、その時である。
続きを読む

飛行機は抵抗を利用して飛ぶ→航空会社は軋轢を恐れるな

「飛行機に乗ったら、赤ちゃんがずっと泣いてて難儀しました。ムカツクー!うきー!」などと、twitter で書けば140字以内で十分済むような内容を原稿用紙10枚にクドクドと書いたという、「これで原稿料がいくら貰えるんだい?俺だって、アパートの上階の夫婦の部屋から週に2回はギシギシ聞こえてくることについて世論を煽るような記事書いてお金が貰えればいいなぁ」という気分でいっぱいにしてくれる稀有な文章であり、言論の自由の素晴らしさを再認識できる夢と希望に溢れるクソ記事。

再生JALの心意気/さかもと未明(漫画家)

 「飛行機のなかに、音の漏れないコンパートメントをつくるとか、子供を乗せる場合は、子供が騒いだときに寝かしつけられる薬を親にもたせるように周知徹底するとか、できないの? 2歳以下は乗せないとか……」


僕はほとんど使ったことないのですが、周りの騒音を軽減するヘッドフォンが売られているじゃないですか。ヘッドフォンにマイクが内蔵されており、外部の音声と逆位相の音声信号を出すことによってノイズ低減するという装置。数万円くらいで買えるんですよね?僕は電気屋さんの展示品を1-2回試した経験しかないし、その時は周りに泣いている赤ん坊がいなかったから効果の程はわからないけれど、きっとノイズキャンセラー付きヘッドフォンを使えば、この筆者の指摘している問題は簡単に解決できるんですよね、よー知らんけど。
続きを読む

誤算のおかげで楽しい一日

今日は、会社の美人人妻さんと新宿で飲んだ。というのも、その美人人妻さんが
「私の親友が山瀬まみに似てると思うんだよね。ぜひとも木公くんに引き合わせたい」
などとおっしゃってくれたわけです。そんなわけで、逆いきものがかり状態(古い人は、逆旧ドリカム状態などと言う)状態で面白おかしく飲んできたわけです。

しかし、その前後には色々な紆余曲折があった。
続きを読む