シュレーディンガーのプロポーズ

4月1日0時に「木公のプロポーズ大作戦」という記事を公開した。後悔はしていない。
その記事には、僕がある女性に対して求婚したいと思っていて、その方法を募るという内容が書かれていた。4月1日に公開されたため、エイプリル・フールのネタに見えるように書かれていた。実際、多くの読者はそれをウソだと思ったようだ。

同日21時頃、今度は「プレ・プロポーズ」という記事を公開した。これも後悔していない。
そこでは、先のプロポーズ募集記事が書かれた顛末について正直に説明されている。それでもなお、4月1日に公開されたので、いまだに半信半疑の人が多いようだ。つまり、「信じる」と「疑う」が重なりあった状態だ。量子力学はよー知らんけど。

ここで明言しておく。
2本目の記事は完全にノン・フィクションだ。
続きを読む

プレ・プロポーズ

彼女と出会ったのは、僕が京都に住んでいた時分だ。もう何年も前の話である。
そして現在、僕は神奈川に住んでいる。彼女とは、いわゆる遠距離恋愛という関係だ。

さる3月25日未明、僕たちはいつものようにビデオチャットでおしゃべりをしていた。
数日前から、僕はブログのエイプリル・フールのネタを考えあぐねていた。ていうか、彼女にいくつか原案を提示したのだが、ことごとく却下されていた。ネタに対する彼女の査読はわりと厳しい。

その日はそれとは別に、「そろそろ結婚のことを正式に考えようか」という話になった。なんとなく。
両家の顔合わせはいつにするかとか、そもそも親には交際を打ち明けてないからどうしようとか、届出をするのはいつ頃で、一緒に住み始めるのはいつにしようかなどなど、半分真剣に、半分冗談めかして話していた。

結局、大事な話は一つも決まらなかった。けれども、ふたりの関係を電撃発表してみんなを驚かせてやろうということは合意に達した。こういうネタ好きなところは、僕と彼女は本当によく気が合う。
続きを読む

木公のプロポーズ大作戦

突然のことではございますが、この度、かねてから交際中の女性にプロポーズすることを決意いたしましたことをここにご報告申し上げる次第でございます。
しかしながら、なにぶん不慣れなことであり、プロポーズの仕方やロマンチックな台詞などがさっぱりわかりません。

つきましては、経験豊かな読者の皆様にお願いがあります。
相手がメロメロになり、生涯を通じて変わらぬ愛を誓い合えるような、素敵なプロポーズのアイディアをお教えください。それを参考に、プロポーズを行う所存でございます。

「自分だったら、こういう風にしたい/されたい」という夢や理想に基づいたアイディアでも良いですし、「あなたが実際にした/された」という美しい経験談でもかまいません。映画で見た素敵なプロポーズ、世間での常識的なやり方、ネタとして後世に語り継がれるだろう爆笑プロポーズなどなど、どのようなものでもお寄せ下さい。
プロポーズを決意したものの、思考停止状態になってしまった当方のために、どうぞお力をお貸しください。

このようなお礼が相応しいのかどうかわかりませんが、最高のアイディアをお寄せいただいた方(そしてそれがうまく行った場合)には、僕たちの婚姻届の証人欄に署名する権利を差し上げます(行使しなくても結構です)。
婚姻届の証人は2名必要ですが、もう1名の証人は、妻になる人(予)にリストを見せ、彼女に選んでもらおうと思っています。

なんつーか、毎度ながら、自分の人生をネタにして生きるのはいかがなものかとお叱りのお言葉もあろうことかと存じます。しかも、自分だけではなく恋人までネタの対象にしてしまったわけで。しかしながら、こうでもしなくては本当に気恥ずかしくて、まともに彼女の顔も見られないような状態にまで舞い上がってしまっている当方なのです。
どうぞご協力をお願い申し上げます。

わりと人生かかってます。


【応募方法】
アイディアの投稿: 本エントリのコメント欄に素敵なプロポーズ方法をお書き下さい。お一人さま何回でも応募できます。
締め切り: 本日17:00まで(日本時間)。状況により締め切り時刻が前後する場合があります。
選考方法: 当方が見て、任意に決定します。
優秀賞の発表: アイディアが採用された方には、後日、婚姻届および婚約者とともに挨拶に伺います。世界中どこでも行きます。ただし、プロポーズが成功した場合に限ります。
応募資格: 不問。ただし、当方のプロポーズを受ける予定の方は、婚姻届の証人になることができないので、自動的に受賞対象から除外されます。そのかわり、本企画への応募の有無に関わらず、プロポーズを承諾した場合、婚姻届の「妻になる人」および「届出人(妻)」欄に署名する権利が優先的に与えられます。