NHK『カーネーション』第88回

2011年1月に書かれたという「私とAL-Mail-出会いと別れ」(明間民央)を読んで、懐かしく思うと同時にしんみりしてしまった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第88回目の放送を見ましたよ。

* * *
第16週「揺れる心」

糸子(尾野真千子)は三浦(近藤正臣)に呼び出され、北村(ほっしゃん。)に手を貸して欲しいと頼まれた。

北村は計画を説明し始めた。
今の日本では洋服は全てオーダーメイドである。しかし、それは旧来の呉服屋と同じ商売で古臭い。客の多様な好みに合わせるため、多くの材料の在庫を持たなければならず無駄も多い。
北村は、これからの時代は既製服の時代だと力説した。アメリカではすでに一般的になっており、すぐに日本も同じ状況になるだろうと予想される。しかも、無駄が出ない分、効率よく儲けることができるのだという。

ただし、北村の説明は付け焼刃だった。具体的な計画については組合長の三浦が説明した。心斎橋のはずれに、小さな店と工場をすでに準備したという。あとは商品さえ揃えば開店できるという。そこで、糸子には商品づくりを担当して欲しいというのだ。

糸子が自分の店で忙しいことはわかっている。そこで、糸子は服のデザインと型作りだけで良いこととする。工場には別途監督を立てるので、実際の縫製作業についてはその者に任せるという計画だった。それだけの手間で、糸子の取り分は売上の1割だという。
悪い話ではなかったが、糸子はどうも気が進まなかった。返事を保留して帰った。

糸子は、既製服商売が自分のやりたい仕事と真逆であることが気に入らなかった。糸子は一人ひとりを飾り立てる洋服を作りたい。それなのに、既製服はどこの誰が着るかもわからず、製品に情が無いと思うのだ。

けれども、昌子(玄覺悠子)と松田(六角精児)は北村の計画に大いに賛成した。デザインだけで売上の1割という破格の条件は、オハラ洋装店にとって願ってもないことだった。八重子(田丸麻紀)のパーマ機購入や美容室の改装費、奈津(栗山千明)の借金の連帯保証人など、糸子が大盤振る舞いをしてしまったことが店の経営に少なからず影響を与えていたのだ。
しかし、そこまで言われても、糸子はまだ乗り気になれなかった。

ところで最近、糸子は娘たち(野田琴乃二宮星、杉本湖凛)を習い事に通わせている。ピアノや習字、絵に日本舞踊など、1日の休みもなく習い事をさせている。手の付けられない娘たちを家から追いだそうという魂胆なのである。おかげで、店には平穏が戻った。

しかし、ある時を境に糸子はその作戦を後悔した。
ピアノ教室の帰り道、娘たちは楽器店で素敵なピアノが売られているのを見た。それをきっかけに、ピアノが欲しくてたまらなくなったのだ。家に帰ってくるやいなや、3人で声を合わせてピアノをねだった。常に糸子について歩いてピアノをせがむ。習い事をさせたせいで、かえって娘たちがやかましくなる結果となった。

松田と昌子の説得や、ピアノ購入資金などの理由から、糸子は既製服店を手伝うことを決めた。組合事務所に出かけ、今後の計画について話し合いをすることになった。

2年ぶりに組合事務所に来ることになった糸子はビクビクしていた。周防(綾野剛)に会うと自分の恋心に歯止めが効かなくなることを自覚しているからだ。周防は三浦のカバン持ちをしていた。だから糸子は、三浦や組合と距離を置いていたのだ。
しかし、それは糸子の杞憂だった。2年の間に周防はどこかに職を見つけたようだ。組合の周囲に周防の姿は見えなかった。

周防がいないことがわかって、糸子は気が大きくなった。仕事のパートナーとなる北村とは遠慮なく言いたいことを何でも言った。糸子は北村のことを「じゃがいも」、木村は糸子のことを「さといも」と言って口論を始めるのだった。
* * *

続きを読む

ついにタイトルの変わる時がきた

当blogのタイトルにもなっている AL-Mail は、当方が1994年から15年間、浮気をせずに一途に使い続けてきたメールソフトだった。
しかし、昨年の1月、ついに僕は AL-Mail と袂を分かち、Thunderbird に移行してしまった(その時の記事)。

AL-Mail の利用をやめても、このソフトへの愛着は変わらなかった。だから、blog タイトルはそのままにしておいた。
けれども、AL-Mail と別離してちょうど1年たったので、blog のタイトルも新しくすることにした。


【BEFORE】
AL-Mail ユーザー俺の独り言 (BEFORE)

【AFTER】
AL-Mail ユーザーだった俺の独り言 (AFTER)


略称はかわらないので、今後ともどうぞご愛顧ください。


続きを読む

AL-Mail とプチ別居中

当blogのタイトルにもなっているAL-Mailは、当方が1994年から一途に使い続けてきたメールソフトだ。

しかし、Mozilla Firefox(ウェブ・ブラウザー)の兄弟分である Thunderbird というメールソフトが気になりだして早数年。
Lightning というアドオンを使えば、スケジューラーとしても使えるのが魅力。当方が使っている Google Calender を同期させることもできる。
英文スペルチェックも使いたいし、スパム・メール処理の自前エンジンを持っているのも魅力だ。

そんなわけで、15年近くも一途に連れ添った AL-Mail と、お試しに1週間ほど別居してみることにした。
ショートカット・キーの慣れだとか、画面レイアウトの按配だとか、1週間くらい試用してみて満足できれば、完全に AL-Mail と別れるなり。



続きを読む

AL-Mail で Gmail を読み書きする: SecureTunnel plugin

turned-eというサイトで、とてもナイスな AL-Mail 用プラグインを発見

SecureTunnel(プラグインバージョン)
AL-Mail32で、GmailやASAHIネットなどのSSL/TLS対応メールサービスを利用するためのプラグインです。


ソフトウェアのページから、SecureTunnel-plugin のアーカイブをダウンロードし(現在の最新版は2008年6月10日公開のver.2.1)、解凍。
Windows XP 以降なら、解凍してできた “SecureTunnel.dll” を AL-Mail のプラグインフォルダ(e.g. c:\program files\almail32\plugins)にコピー。

Gmail のメールを読み書きするだけなら、ほとんどデフォルトの設定で動く。
AL-Mail32 の「ツール」→「オプション」を開いて、
1. ユーザー名とパスワードを Gmail のものにする。
2. POP3サーバ名とSMTPサーバ名を “localhost” にする
3. 「高度な設定」を開き、POP3のポート番号を8110、SMTPのポート番号を8025にする。
4. 「ツール」→「プラグイン・オプション」→「SecureTunnel」を開き、POP3とSMTPの「この機能を使う」にチェックを入れる
以上。

細かい設定や、Gmail 以外を使う人は、同梱のマニュアルを見てください。


いやぁ、かなりイケてるプラグインですね。
Gmail のスパムフィルタは強力なので、もう自前でPOPFile(spam フィルタ) & AL-POPFile(POPFile と連携するAL-Mail 用プラグイン)とか使わなくてもいい感じです。
便利、便利。

AL-Mail ユーザー俺のアイデンティティ危機とその克服

思うところあって、メールソフトをAL-MailからThunderbirdに乗り換えようかと思った、今日の朝。

理由は、AL-Mail のメールを Google Desktop では上手く扱うことができないから。
通常のテキストファイルとしては認識されるのだけれど、メールとして認識されないために、題名や送信者という条件を指定して検索することが困難。AL-Mail のメールを扱えるように、Google Desktop 用のプラグインを作ればいいのだけれど、そこまでのテクニックもないし。
Thunderbird なら、何も考えずに上手く扱えるようなので、乗り換えようと思った。



続きを読む

AL-Mail ユーザー俺のノスタルジー: インターネットマガジン・バックナンバーアーカイブによせて

あまり大きな声では言えないが、『デラべっぴん』を卒業した後、僕がもっともお世話になった雑誌が『インターネットマガジン』だろう。



続きを読む

AL-Mail32 Version1.13a リリース

AL-Mail のサイトで、AL-Mail32 の最新版 1.13a が発表されています。

AL-Mail32 Version1.13 のバッファーオーバーフローによるセキュリティ・ホールを修正し、Version1.13a をリリースいたしました。
このセキュリティーホールは、悪意ある添付ファイルにより任意のプログラムが実行させれたり、データの書き換え、破壊などが行われる可能性があるものです。
ダウンロードは、こちらからどうぞ。

Version1.13 からの変更箇所は以下の通りです。

添付ファイルの処理でバッファオーバーフローのエラーを起こす場合があったので修正した。
charset=shift-jisでエンコードされたタイトルと発信者名が正しく表示されない不具合を修正した。


続きを読む

絶賛 絶版発売中?

ウィンドウズでインターネットメール ―AL‐Mailパーフェクトガイド Windows95対応.これこそ,数年前に執筆に参加した本.

在庫は3冊あります
おそらく,現在は絶版と思われるわけで.しかし,うちにはまだ3冊在庫がありました.ネタも古いし,古本屋に持っていったら一体いくらで引き取ってもらえるか,非常に気になるところですが,それをやってしまったら著者としておしまいな気がして,やる勇気がありません.

3冊のうち1冊は,自分用で,サイン入りです.サイン入りといっても,自分のサインが入っているわけではなく,当時よく行っていた飲み屋「きよはし」のママのサインが大きく入っています.そして,右下に,申し訳なさそうに,共著者のサインが4人分入っています.
共著者が全国に散らばっていたために,一度も全員が一箇所に集まったことがありません.自分で全国行脚して,全員のサインを集める予定だったのですが,志半ばです.
きーままのサイン


cover


続きを読む