このサイトについて

alm-oreについて

特に主義主張もなく、ブログの統一テーマもなく、思いついた時に思いついたことをサラッと書くブログ。
元は「AL-Mail ユーザーの俺の独り言」という名称でした。AL-Mailというメールソフトを愛用していたので名前を借りました。名前を借りたけれど、AL-Mailに関する有益な情報も特に発信しませんでした。
残念ながら現在は AL-Mail を使用していないので、「AL-Mailユーザーだった俺の独り言」と過去形になっています。


木公→どんな人?

名前

木公
本名をもじってあります。本名を知っている人は、勝手に暴露しないでください。本名を知らない人は、あなたのご自由に想像してください。ただし、読み方は「まつ」です。

生年

1974年
最近の音楽やドラマは知らないくせに、古いやつはある程度知っているので「年ごまかしてるだろ?」とよく言われます

何をやっている人?(実生活)

某企業の研究員
文系分野(経済学、心理学)関連の研究です

何をやっている人?(WEB上)

くだらない文章を書いています。
書いている内容をあまり本気に受け取らないほうが、あなたの人生のためです。暇つぶしには最適ですが。

住んでいる所

神奈川県のほぼ中央。
小泉今日子の故郷

連絡先


自己紹介文

不良青年になりたいのですが、臆病で不良青年になれない当方です。
幸か不幸か、頭と顔と人格は、生まれつき不良品です。

職業は会社員で、やってることは研究関連。
大学での専攻は心理学。
そのせいかどうか知らないけれど、「理屈っぽいうえに、人の弱みを握ってそこをチクチクやるのが上手い。サイアクー」と言われ、あんまりモテない。

北海道出身のくせにスキーは一度もやったことがない。その上、スポーツ全般が苦手。

太陽光線もあまり浴びないインドア派。酔うとすぐにガンダムの話を始める。おかげで「あなたって、面白みのないオタクね。サイテー」と言われ、まったくモテない。

細かいことはあまり気にせず、ちょっとくらいの困ったことなら適当にジョークにして笑い飛ばすように、日々努力して生きています。
そのおかげで「そういう、明るく生きているところだけは、アナタのいいところかもね」と、ちょっぴりだけお褒めいただいております。


年表

1974
眼鏡屋店員の父、専業主婦の母の長男として、大阪府で生まれる
1975
よく覚えていないが、たぶんオムツをしてハイハイしたり、「だ~」と言ってみたり
1976
弟が生まれた年だと思う
1977
警察のお世話になったかもしれない(迷子)
1978
京都嵐山の川下りで、おしっこがガマンできずにお漏らしして、船を降りたあと情けない顔をしているところを写真に撮られたのが、このころだと思う。
1979
スイミングスクールに通い始めたかもしれない
1980
幼稚園の「怪物くん」ごっこではドラキュラの役
1981
スカートめくりの常習犯で担任に家庭訪問される
1982
女の子のスカートよりもリックドムのスカートに興味を持ちはじめる(ガンプラブーム)
1983
北海道に引越し。「お前、なまってるべや」と言われ、関西弁を捨てる
1984
淡い初恋の相手が転校
1985
コロタン文庫「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」の”ガンダムキャラクターの精神分析”という、今にして思えば怪しげな記事を読み、おぼろげに心理学の道にあこがれる
1986
クラブ活動でバスケットボールに打ち込む。生涯で最初で最後のスポーツマンだった時代
1987
「機甲戦記ドラグナー」と「テレビ探偵団」を通じて、山瀬まみと運命的出会い
1988
生まれて初めてバレンタイン・チョコをもらい、その子とお付き合いし、「他に好きな人ができた」と言われ、捨てられる
1989
どう見ても車に轢かれて潰れたカエルにしか見えないが、作った女の子は「スヌーピー」と言い張る手編みの手袋をもらう。つーか、その子には好きな男の子がいて、そいつに手袋を渡す前に、練習台として作った手袋が僕に回ってきた。この時が僕の「キープ君」人生のミソのつき始め
1990
なんだかんだで、年初ころ彼女ができて、初夏にはやっぱり「他に好きな人ができた」と言われて、捨てられちゃう
1991
「山瀬まみ・藤田朋子 おませなふたり」を毎週見ていた。今でも「22世紀に残したいTV番組」であると信じて疑わない(「21世紀に・・・」は逃したので、次世紀に思いをはせている)
1992
男女数人グループでよく遊んでいたけれど、ぜんぜん恋の花は咲かない
1993
女っ気はなかったけれど、世間のイメージ以上に明るく楽しい浪人生活
1994
最北の旧帝大入学
1995
AL-Mail と出会う
1996
1年間だけ、自宅に128kbpsの専用回線が引かれた。今ではおもちゃみたいな帯域だけれど、当時では夢のような回線
1997
所属講座のネットワークシステムを掌握し、影の総統に就任
1998
大学院生になったり、帯状疱疹でお腹がかゆくなったり。いろいろあった時期で、タイムマシンがあったら当時の自分に対して、「お前、死ね」と愉快に言ってあげたい
1999
人生の中で一番反省している事件勃発。人生やり直しても、結局同じ道を歩むと思うケドー。タイムマシンがあったら当時の自分に対して。「まぁ、しゃーねーんじゃねーの」とあきらめ混じりに言ってあげたい
2000
パスポート取得のため、戸籍謄本を取り寄せる。父親の出生の秘密を知る。彼の出生地の住所が「・・・番外地」となっていた。高倉健かと思った
2001
初武蔵野。ある意味、人生のターニグポイト。帰り、雪のため千歳行きの飛行機が欠航。ある意味、非常に濃い2人旅。
2002
いろいろあったはずなんだけれど、あまり記憶に残っていない1年。ここだけビデオで早送りされているような気分
2003
サラリーマンになる
2004
alm-oreが始まった。人生最悪の経験と生涯最高の幸せを経験し、ヒゲが生え、車を買ったり、NHKの大河ドラマ「新選組」を見まくり、Junk Cafe が主食になり、30歳になった年。しかし、精神年齢は退化した年。
2005
淡々と生きる中、タンタンと密かな幸せを享受していた
2006
小雨の中、野良猫(♀)を拾って家に連れ帰り、「あるむ」と名付けて同居を始める。
2007
いい歳して、京都三条の居酒屋で酔っ払ってケロっぴしたりして、自己嫌悪に陥っている。
2008
年末に金髪坊主頭&髭面になった。その上で、現在に至る。
2009
激烈にオヤジ化が進んだ。腹が出始めて、顎も1.5重くらいになってきた。最悪なことにオヤジ臭も発生し始める。
2010
バレンタイン・シーズンにギフトを3つ貰い、ほくそ笑んでいる。
2011
転勤により、長く住み慣れた京都府南部を去り、神奈川県に移住。
2012
山瀬まみに最接近する(7月7日 於平塚市)
2011
転勤により、長く住み慣れた京都府南部に戻る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。