黒木華とフォウ・ムラサメの「ばーん!」: 似てるもの愛好家としての俺

私のギターが聞こえなくっても (発表会終了)

先日お知らせしたとおり、今日は音楽教室の発表会でした。
演奏曲目は森高千里の『私がオバさんになっても』でした。選曲の理由は後述。

僕はリードギター担当。イントロや間奏、アウトロが見せ場です。特にアウトロでは、原曲のフレーズの合間にオリジナル・アレンジのギターソロを演奏しています。その他、歌の伴奏も一部を除いて弾くことになっていました。
セカンドギターは、僕のギター講師が演奏しています。下の映像では画面に写っていませんが、ずっと聞こえているギターの音は彼のものです。主役は僕のはずなのに、僕より目立っていて軽くイラッと来ますが、結果としてバンド・アンサンブルの要として彼のギターはなくてはならないものです。

ドラムセットには囲いがしてあって、そのフレームと重なってしまっていますが、画面中ヴォーカルの右上にベースがいます。彼はベース科の講師で、すごくかっこいいベースを弾きます。デモ演奏とか見ると惚れます。しかし、僕の演奏中は控えめに弾いてくれて、僕らを引き立ててくれました。空気の読める人です。

画面ではほとんど見えないと思うけれど、ドラムは若いかわいこちゃん女子が叩いています。色白丸顔ベビーフェイスのかわいこちゃんです。映像をお見せできないのが残念です。もちろん当方のストライクゾーンです。演奏中、用もないのに彼女の方を向いたりして楽しませていただきました。彼女と会うのは、今日が2回めなんですが。

ヴォーカルをやってくれているのは、去年からずっと一緒に演奏している通称「JD」です。今年の3月まではJKだったのですが、4月にめでたくJDになりました。僕のリズムが狂うと鋭い視線で睨みを効かせて注意を促してくれるという、息もぴったりな相棒です。

それでは聞いてください。


続きを読む

甲乙つけがたい女教師

黒木華主演『リップヴァンウィンクルの花嫁』のBlu-rayを見ていたら、とあるシーンに既視感があった。
映画館で1度見ているから既に見たことのあるシーンであることには間違いはないのだが。

岩井俊二 (2016) 『リップヴァンウィンクルの花嫁』

岩井俊二 (2016) 『リップヴァンウィンクルの花嫁』


続きを読む

若い子が好きだから、とても心配されるギタリスト (発表会の告知)

大事なことを先に書きます。

2016年9月10日と11日に僕の通っている音楽教室の発表会があります。そこで僕もギター演奏をします。
場所は奈良県橿原市にある天理楽器・ホール音蔵グーグルマップで場所を見る)。最寄り駅は近鉄・大和八木駅、徒歩10分。近隣にコインパーキングあり(会場にも駐車場はありますが、朝の時点で満車になると思います)。
入場無料、出入り自由。

僕の出番は10日(土)の11時から12時あたりのどこかです。当日の進行によって多少前後することがあるので、観覧される方は時間に余裕を持ってお越しください。
演奏曲は当日のお楽しみです。僕は1曲だけ出演します。

今日は、発表会のリハーサルがありました。以下は、リハーサルの模様についてどうでもいいことを書きます。
続きを読む

ラブ・ストーリーは突然に: 東海道五十三クリング(26) -あれから5年-

まだ本州は梅雨明け宣言されていないようだけれど、今日の京都府はまあまあ天気がよかった。少し雲は出ていて、空の色も淡かったけれど、気持ちの良い空模様だった。

5年前の今日、僕は東京の真ん中にいた。1週間の休暇で、自転車を担いで午前7時に日本橋に立ったのだった。僕の記憶している限り、当日は雲一つない晴天で、空は真っ青だった。
続きを読む

寝屋川、薩摩、お好み焼き、エレキギター

2日前、youtube をつらつら見ていたら、お好み焼き屋の片隅で超絶技巧でエレキギターを弾くおじさんの動画を見つけた。


SATSUMA3042というアカウントで(別途ブログもある)、単に演奏するだけではなく、奏法を丁寧に解説する動画などもある。CDから聞こえてくる細かい特殊奏法や演奏ミス、果ては僕のような素人には判別不能なチューニングの仕方まで完璧に再現する方法を教えてくれる。
そのしゃべり方は朴訥とした関西弁だし、動画編集も素人臭さ満載なのだけれど、ギターが凄くうまくてびっくりする。

しかも、いつもお好み焼き屋の片隅だし。
続きを読む

いつも走ってた oh フレンズ、あなた真剣な目をしたから

先日アナウンスした通り、今日は音楽教室のミニ発表会でした。

ヴォーカル(JD)、ベース(アラサーおっさん)、ギター(当方)、ドラム&シンセサイザー(打ち込み)という編成で2曲演奏してきました。
曲目は『フレンズ』(レベッカ)と『タッチ』(岩崎良美)。いずれも1985年に発表された曲で、ヴォーカルちゃんは受精卵すら存在していなかった。そんな懐メロを彼女に無理を言って歌ってもらいました。だって、僕らオッサンの思い出の萌え曲はぜひとも若い女子に歌ってもらいたいじゃん。
#本当は彼女もギター科に通ってるんです。
続きを読む

ご報告: 誤)6月4日 正)6月5日

このような形での報告になってしまうことをご了承下さい。

さっき、あるむさんからコメントが出たそうですが、どうせ書くならちゃんとしたことを、真実を…と思い書かせて頂きます。

先日ご案内した僕のギター発表会の日程ですが、6月5日(日)が本当です。
当初4日(日)と書いていたのは誤りです。
妊娠はしていません‼︎

このような形での発表をお許しください。
本当にごめんなさい。

しつこいようですが‼︎
妊娠はしていません‼︎

私に関係する全ての皆様、このような形での報告となり大変申し訳ありません。

(なお、この記事は平愛梨『ご報告』を参考に記述されています)

うつむく日はみつめあって きっと愛する人を大切にして知らずに臆病なのね

来る6月5日(日)4日(日)に音楽教室のミニ発表会があります。そこで2曲演奏させてもらうことになりました。

曲目は察してください。
ヴォーカル(JD)、ベース(アラサーおっさん)、ギター(当方)、ドラム&シンセサイザー(打ち込み)という編成です。

予定出演時間は20時過ぎ、場所は天理楽器橿原店・ホール音蔵(最寄り駅は近鉄大和八木駅; 地図)。入場無料。

場所が微妙だし、時刻もアレですが、かわいこちゃんの横で鼻の下を伸ばすところまではいいのだけれど、曲のスピードについていけずに慌てふためく当方を見てみたいという方は、是非お誘い合わせの上お越しくださいませ。

また、会場で当方に合言葉「大彦よりも木公さんの方がモテると思う」(参考)を告げて下さった方には、プッシュベアーズ特製ピックをプレゼントします。

こちらからは以上です。

能町みね子『オカマだけどOLやってます。完全版』を読んだ

今年の五月病は例年よりしつこいという話を聞きました。つーか、聞きましたというのはウソで、僕が今勝手にそういう話を流布するわけだけれど。

みなさまにおかれましては、しつこい五月病に屈しないよう、十分な睡眠と滋養のある食事、適切な運動や日光浴、および仕事や対人関係のストレスを笑い飛ばすスルー力を涵養していただき、心身ともに健康な日々をお過しくださることを心より深くお祈りするところであります。

* * *
さて、今日の本題は能町みね子という人物、およびその著作についてです。

僕がこの人のことを知ったのはちょうど1年くらい前でしょうか。当時放送されていた『ヨルタモリ』(フジテレビ)でお見かけしたのが最初だと思います。

「何者だか知らないけれど、派手な格好をしたオバちゃんが出演してるなぁ。どことなくスノッブな振る舞いが少々鼻に付くよなぁ。嫌悪感を抱くというほどではないけれど、どちらかと言えば、あまり友達にはなりたくないタイプ。『ベッドで抱けるか?』って聞かれたら、抱けないと答える。年齢不詳なオバちゃんなら、圧倒的に永作博美の勝ちやろ!」

正直に記憶をたどれば、そのように評しておりました。
そして、顔ははっきりと覚えたけれど、名前はうろ覚えでした。

続きを読む