『まれ』まとめ記事断念

中川翔子を見るたびに、厚着の街の良い山のコンビニで働いていた なかぱみゅちゃん を思い出して胸がキューっとする当方が、今朝はおもいっきり寝坊しました。
それでちょっとまとめ記事のやる気が削がれました。

今、録画を見たのですが、一度下がったテンションはもう戻っては来ませんでした。
そんなわけで、三日坊主で『まれ』のまとめ記事は断念です。

どうぞご了承ください。

なお、今日の概要は

  • ヒロインの父・徹(大泉洋)が心を入れ替え、桶作元治(田中泯)の塩田でまじめに働き始めた。ただし、仕事がきつくて愚痴だらけ。
  • 母・藍子(常盤貴子)は、桶作文(田中裕子)にこれからも家に置いてもらうように頼むが、文は冷たく突き放す。でも、これはきっと、なし崩し的にいつくと予想される。
  • 希(土屋太鳳)は早く能登に馴染もうと努力する。夏祭りの子供相撲の練習に参加して地元の友達と仲良くしようとしたり、方言の単語帳を作って積極的に方言を喋ったり。
  • 希は自分が転入することになる小学校を見に行った。夏休みで無人のはずなのに、圭太(山崎祐馬)がいた。彼は涙ぐんでおり、希の姿を見つけるやいなや走り去った。誰もまだ知らないことだが、圭太は彼の父(板尾創路)の仕事の都合で転校しなくてはならない。
  • 元治は寡黙で真面目に塩田で働いている。徹が失敗しても声を荒らげることもなく、物静かな人格者。しかし、地元の夏祭りに関しては人が変わる。準備期間中は毎晩地元の男衆を家に集め、酒を飲みながら騒ぐ。今年は若い衆がいなくて山車の引き手のめどが立たないという話を聞かされると、元治は激昂する。電話で息子に電話をかけ、会社の若い衆を引き連れて里帰りしろと無理な命令をしたりする。津村家は元治の豹変ぶりに驚く。
といったところでしょうか。

次は、今年秋から放送予定の朝ドラ『あさが来た』(主演波留)で会いましょう。

ご清聴ありがとうございました。

NHK『まれ』第3回

田中裕子を見るたびに、サントリーオールドの名CMを思い出して胸キュンする当方が、NHK朝の連続テレビ小説『まれ』の第3回めの放送を見ましたよ。

* * *
第1週『魔女姫バースデーケーキ』

桶作元治(田中泯)の伝統的塩田に対し、徹(大泉洋)は機械化と富裕層向けのブランド化を提案した。しかし、そのアイディアはみんなの反感を買った。
桶作文(田中裕子)はすぐに家を出て行くように告げ、藍子(常盤貴子)がせめて新しい家が見つかるまで置いてくれるよう頼むものの、否定的だった。なんとか数日の延長は認められたが、あまり猶予はなかった。

希(松本来夢)も、見果てぬ夢ばかり追いかける父・徹に愛想を尽かした。父に対して嫌いだと言い放ち、彼のことを無視するようになった。

一方で希は、自分たち家族が村で受け入れられるように自分なりに努力をするのだった。
元々、酢の物は嫌いだったにもかかわらず、文が作った朝食の酢の物を大好物のふりをして食べ、とても美味しいと愛想よく話すのだった。

また、元治の塩田での仕事を率先して手伝った。
その最中、元治は話のついでで希の名前の意味や彼女の将来の夢について尋ねた。

希は自分の名前には、父の意向で「大きな夢をつかむ」という意味が込められていることを説明した。その一方で、父の軽薄な生き方を見ていると地道にコツコツと生きることが重要だと思うようになったのだと付け加えた。

希はケーキ職人になりたいという夢を抱いていたこともあった。
そのきっかけとなったのは、自身の5才の誕生日のことだった。実は希と徹のふたりは同じ誕生日(8月10日)であった。当時、珍しく一山当てた徹は羽振りがよく、希と徹の誕生日を祝うために大きなバースデーケーキを買ってきた。

ケーキの上には、徹がおもちゃ屋で見つけたという、人形も乗せられていた。魔女なのかお姫様なのか判別のしにくい奇妙な人形であったが、希はそれをとても気に入った。「魔女姫」と名づけて、それ以来肌身離さず持っている。

その日食べたケーキはとても美味しく、家族に笑い声が絶えることもなかった。幼い希にとって、ケーキは家族の幸せの象徴となった。それから、事あるごとに希は自分でケーキを作るようになり、家族もそれを歓迎した。
そのような経緯から、希は将来ケーキ職人になりたいと思うようになったのだ。

しかし、徹の成功も一時的なもので、それ以後は坂道を転げるように失敗ばかりだった。ついには、全財産を株ですってしまい、夜逃げ同然で東京から能登にやって来て今日に至るのである。
その過程で、希は徹のような夢見がちな人生は送るべきではなく、地道にコツコツと働くことが何よりも重要だと信じるようになった。ケーキ職人になるという自身の夢も追いやることにしたのだ。

元治は何も答えなかったが、希に同情した。
家に帰って、文にもうしばらく津村一家を家に置いてやるよう話した。しかし、一家をよく思わない文は何も答えなかった。

希に嫌われたことが堪えた徹は、珍しく反省をしていた。
家族を集め、みなの前で頭を深く下げて謝った。

しかし、徹の反省点はどこか的外れだった。
彼の謝罪は、相場の読みを誤った点(結果に対する謝罪)に集中しており、そもそもの投機的な考え方(動機に対する謝罪)を改めるようなものではなかった。そのことが希をますます不機嫌にさせた。

希は自分の望みを語った。
徹には普通の父親のように、家族のために地道に働いてほしいと述べた。金持ちにならなくてもよく、たとえ小さな幸せであっても、家族がいつも笑っていられるようにして欲しいと告げた。

やっと自身の誤りに気づいた徹は、よりいっそう深く頭を下げると共に、自分のことを嫌いにならないでくれと滑稽なほど懇願した。
そのおかしな姿に家族は笑った。そして希の溜飲も下がった。

希は父をもう一度信じることにした。やっと自分たちはまっとうな家族になれるかもしれないと思えた。そして、またケーキを作って家族で食べる日が来るかもしれないと思うことができた。
希に小さな希望が芽生えた。
* * *

続きを読む

ポスドクちゃん(はーと)

手前は俺の手、奥にうっすら見えるのが・・・。まぁそういうことです。

手前は俺の手、奥にうっすら見えるのが・・・。まぁそういうことです。

昨年の4月より、僕の部署にポスドク研究員ちゃん(♀)が配属になりました。
K大大学院の博士課程を優秀な成績で修了し(学長賞を授与された)、僕に比べれば全然若くて優秀な人です。

今日でちょうど就職1年目の節目を終え、いろいろと打ち上がりました。

打ち上がったんです。

みなまで言わすな。

察してください。

NHK『まれ』第2回

母・藍子役の常盤貴子は、20年位前に紅茶のCMで見たのが最初だったと思うけれど、山瀬まみファンを引退しようかと思うくらい可愛かったのを今でも覚えていて、それ以来好きな女優さんなわけで、そんなわけだけれどあえてドラマ『悪魔のKISS』については深く語るまいと思っている当方が、NHK朝の連続テレビ小説『まれ』の第2回めの放送を見ましたよ。

* * *
第1週『魔女姫バースデーケーキ』

東京から夜逃げし、石川県能登の外浦村にやって来た津村一家。
住む家が見つからないため、元民宿の桶作家に厄介になることになった。

現在の桶作家は、伝統的な塩田を営む。
海から海水を汲んで、砂の上に撒き、天日で乾かす。それを砂ごと集めて、再度海水と共に釜で煮詰めて製塩する。完成までの1週間、全てを手作業で行う。
そうして作った塩は、まろやかでたいそう美味しかった。

地味にコツコツと働くことが何より重要だと考えている希(松本来夢)は、その仕事をとても尊いものだと思うのだった。

一家がやって来たということは村中の噂になっており、翌朝には地元の子どもたちが希を誘いに来た。夏祭りで子ども相撲が開催され、その練習をするというのだ。雰囲気に圧倒され、希は断る間もなく練習に参加することとなった。
地元の子どもたちは、東京育ちの希を物珍しさと共に羨望の眼差しを向けた。しかし、希は地味な性格であり、地元の子どもたちが抱く東京のイメージとは異なっており、彼らをガッカリさせてしまうのだった。

桶作文(田中裕子)は部屋を貸すのは2-3日だけだと告げ、津村一家に心を開こうとしない。母・藍子(常盤貴子)は気さくに名前で呼ぶよう提案するのだが、文は常に「お客さん」と呼びかけるのだった。

文の冷遇に加え、津村一家には宿代等の現金もあまり残されていなかった。そのため、藍子は手頃な住宅を探すために村を見て回ることにした。
その途中、藍子は蔵本はる(鈴木砂羽)に呼び止められた。彼女は美容院を経営しており、そこは親しい村人たちのたまり場となっていた。そして、村人たちの間では、津村一家は心中のために縁もゆかりもない能登にやって来たのだという噂になっていた。
藍子は明るく否定し、村人たちと打ち解けることができた。さらには、村人たちから地元の野菜や海産物の差し入れを大量に手に入れることができた。

全てが差し入れが民宿の軒先に集められた。山と積まれた食料品に希は驚くと共に、地域の人柄の良さに感激するのだった。

父・徹(大泉洋)も村で仕事を見つけようと模索していた。そこで目をつけたのが元治(田中泯)の塩田だった。

ここの塩田は江戸時代から続くもので、歴史と伝統がある。一方で、全てを人手で行っているために、生産性が低く収益も上がらない。
そこで徹は、機械化を進めて効率を上げるとともに、富裕層向けにブランド化して高値で売り込むことを計画した。それによって収入を何倍にもしようというのだ。

徹はさっそく元治に提案するが、彼はまったく興味を示さないどころか、徹を煙たがるようになった。そんなことは意に介さない徹は、しつこく食い下がった。
その様子を見ていた文が怒りを露わにし、明日には家を出て行くように告げるのだった。

一連のやり取りを傍で見ていた希は悲しさと怒りでいっぱいになった。
地道にコツコツと働く人を尊重せず、楽をして儲けようという徹の態度が許せなかった。
泣きながら、父のことなど嫌いだと言うのだった。
* * *

続きを読む

NHK『まれ』第1回

ヒロインの土屋太鳳に関しては、『花子とアン』で初めて認知し、当時は完全にスルーしていたわけだが、新しい朝ドラの番宣を見たら彼女の可愛らしさにグッと来てしまった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『まれ』の第1回めの放送を見ましたよ。

* * *
第1週『魔女姫バースデーケーキ』

1983年8月10日、東京に暮らす貧乏な夫婦、津村徹(大泉洋)と藍子(常盤貴子)の間に長女が生まれた。
徹は、娘に「希(まれ)」と命名した。人生には夢が必要であり、めったに手に入らない大きな夢を望み手に入れることができるようにと願って名づけた。

1994年(松本来夢)、希は10歳になった。
父の願いに反して、希はいたく堅実な性格の少女となっていた。まじめに地道にコツコツと働く事こそ一番で、将来は公務員になりたいと希望していた。
そうなってしまったのは、父・徹があてにならない夢ばかり追いかけ、まっとうに働かないために家族を不幸にしてしまっているからである。

その夏、徹は事業に失敗して自己破産した。東京で暮らしていけなくなった一家は、夜逃げ同然で石川県の外浦村(注: 架空の村)に引っ越してきた。

途中、村の近くで一家の乗っていたバスが故障してしまった。次のバスが車で30分以上待たないとならないとのことで、彼らは大きな荷物を持ちながらも、歩いて行くことにした。
往来のない道であったが、1台の軽トラックが通りがかった。それには老婆・桶作文(田中裕子)が一人で乗っていた。すかさず助けを求め、同乗させてくれるよう頼んだ。

しかし、文の乗るトラックはオンボロで、すぐにエンストしてしまう。希はトラックを押すことを買ってでた。弟・一徹(木村聖哉)も含め、一家4人で押すと、なんとかエンジンは再始動した。停車すると再びエンストすることが予想されたので、希はトラックに乗ることを諦め、そのままトラックを見送った。
希は自分のことよりも、人を助けることを優先する性癖の持ち主なのだ。一家は、大きな荷物を抱えて、再び道を歩き出した。

やっとのことで村役場に到着したが、そこでもトラブルが発生した。
民家の離れに間借りして暮らす約束をしていたが、急遽その家が借りれなくなった。家主の息子は大阪に暮らしているのだが、昨日になって結婚が決まった。里帰りして一緒に暮らすかもしれないとのことで、家主が家を貸さないと言い出したというのだ。

徹らは村役場の職員・紺谷(板尾創路)に何とかしろと詰め寄るが、逆に冷たくあしらわれる。津村家は夜逃げ同然でやって来たことは知られており、よほどの訳ありか、前科者としか思えない。そのような胡散臭い家族に家を貸すものはこの村にはいないというのが言い分だった。

しばらく押し問答が続くところへ、先ほどトラックのエンストを助けた文が現れた。役場に居合わせた角慎一郎(ガッツ石松)によれば、今は営業していないが、文の家では過去に民宿を経営していたという。そのため、一家が寝泊まりするだけのスペースはあるという。
面倒に巻き込まれたくない文は断ろうとするが、すかさず希がすがりついて頼み込んだ。2-3日だけで、きちんと宿代を支払うという約束で、文はしぶしぶ部屋を貸すことに同意した。

荷物を運び入れ、一段落すると希は近所を散歩してみることにした。
ちょうど文が車で出かけるところだったので、仕事を手伝おうと追いかけた。

その先では、1人の老人・桶作元治(田中泯)が桶で海水を汲み、砂場にまき散らしていた。文の説明によれば、それは塩田だという。
希は、塩作りは地味ではあるが、まっとうな人間の仕事だと思って感激するのだった。
* * *

続きを読む

ギター発表会だん

昨年の5月からギター教室に通いはじめ、本日ついに発表会デビューしてきた。
結論を端的に述べると、演奏はグダグダで大失敗。
しかし、不特定多数の人の前で演奏するのは得も言えぬ快感だった。映画『セーラー服と機関銃』の薬師丸ひろ子みたいな感じといったところか。
続きを読む

ギター発表会イヴ

発表会前日に慌ててカラオケボックスで特訓をする俺。

発表会前日に慌ててカラオケボックスで特訓をする俺。

昨年の5月からギター教室に通いはじめ、明日はいよいよ発表会デビュー。
ヴォーカリストをリクルートして歌ってもらおうかとも思っていたのだけれど、いろいろあって断念。結局、CD音源に合わせてギターを弾くという間抜けなデビューとなります。

まあいいんです。まだちゃんと弾けないから。
僕が伴奏すると「リズムがめちゃめちゃなので、歌いにくい」というクレームを2名から入れられたりしてヘコんだし。
こんな僕なので、CDに合わせて演奏するのが身分相応なわけで。

現在の演奏レベルは以下のとおり。


なお、ヒゲは剃りました。伊勢正三化計画は頓挫です。

現在の伊勢正三レベル

『22才の別れ』のイントロをたどたどしく弾く程度。

伊勢正三化計画

今から2年くらい前、僕はギターをやり始めようなんてこれっぽっちも考えていなかった時分、オーニョさんから唐突にこんなことを言われた。


しばらく忘れていたのだけれど、先日ふと思い出してしまった。
ギター歴1年でまだまだ下手くそな当方だけれど、そのリクエストにお応えすべく精進する所存です。
続きを読む

40歳の少女40人(2015年版)

今年もリストアップ。各少女の経歴等は全く調べず、直感でコメントを付けるのも例年通り。
2014年版2013年版2012年版(経緯説明あり)もご参照下さい。

  1. 小松千春、女優(1974年3月3日)
    20年くらい前、『ジャングルTV タモリの法則』のアシスタントで見たのが初めてで、その後『カーネーション』でヒロインの長女役で再会・・・と思ったけど、そっちは「新山千春」だっ!!じゃあ、『週間プレイボーイ』で山瀬まみがグラビアに登場した時に隣のページにいた人じゃんと思ったけれど、それは小松みゆきだっ!!!
  2. 奥山佳恵、女優(3月11日)
    ちょっと色黒でショートカットのイメージがあるけど、うろ覚え。見たら確実に再認できるはず。
  3. 椎名へきる、声優、歌手(3月12日)
    一昔前に大人気だった声優さんだよね。どんな声なのか僕は知らない。
  4. 戸田菜穂、女優(3月13日)
    確か1993年の春スタートのNHK朝ドラのヒロイン。前作の『ひらり』は実家でよく見ていて、新番組の宣伝で彼女をよく見ていたのだけれど、残念なことに浪人生活が決まった当方は「テレビ禁止」の予備校寮に入ったため、一切見れなかった。
  5. 菊地由美、タレント(3月15日)
    アイドリング! の人かと思ったけど、歳が違うよねぇ。わからん。
  6. 後藤久美子、女優(3月26日)
    国民的美少女。なお、僕は去年の夏に後藤久美子数が2になりました。ばんざい。
  7. 田山真美子、女優、タレント、元アイドル(3月29日)
    CCガールズかなんかにいた人じゃなかったっけ?
  8. 西尾まり、女優(4月2日)
    『パパはニュースキャスター』の娘役だと勝手に思い込んでる。
  9. 奈々子、修士(行動科学) (4月24日)
    俺の旧芸名。写真あるけど閲覧注意
  10. 馬場典子、日本テレビアナウンサー(4月27日)
    『所さんの目がテン』に出てませんでした?
  11. 原千晶、女優(4月27日)
    顔が原沙知絵とごっちゃになってるけど、見たら思い出すと思う。
  12. 水谷ケイ、女優、モデル(5月7日)
    セクシー系タレントで、『ギルガメッシュないと』で司会とかしてませんでしたっけ?
  13. ジョージ朝倉、漫画家(5月11日)
    彼女の漫画は読んだことがないが、男っぽい名前だけれどそれはトラップだということだけは知っている。
  14. アラニス・モリセット、歌手(6月1日)
    聞いたこと無いけれど、なんとなくCDジャケットのイメージは思い浮かぶ。
  15. 五月女ケイ子(6月2日)
    『臨死!!江古田ちゃん』の作者だと言われたら信じてしまいそうな程度。
  16. 穴井夕子、女優、タレント(6月7日)
    トーキョーパフォーマンスドールだっけ?彼女が出てきた頃、「穴」という字だけでなんだかエロい人だというイメージを抱いてしまっていた。
  17. 大野幹代、タレント、元CoCo(6月17日)
    Cocoはあんまり興味ありませんでした。永作さんのRibon派だったので。
  18. 細川直美、女優(6月18日)
    ぱっと顔が思い出せない。見たら思い出す。どっかの銀行のCMやってた時代がなかったっけ?(消費者金融かも)
  19. 水野美紀、女優(6月28日)
    いや、細川直美とどっちがどっちかわからなくなってきた。
  20. 菊池麻衣子、女優(7月19日)
    『ふたりっ子』のヒロインですよね、たしか。
  21. 西川かの子、タレント(7月27日)
    西川きよしの娘。
  22. 坂上香織、女優(7月29日)
    僕はゴクミさんよりは、坂上香織さんの方が断然好きでした。親しみやすい感じで。あと、ヌード写真集出てなかった?
  23. 山野さゆり、女優(8月6日)
    本リスト中、唯一Facebookで友だちになってくれている人。ありがとうございます。『カーネーション』や『純と愛』にご出演。
  24. 華原朋美、歌手、タレント(8月17日)
    僕らの学生時代には「遠峰ありさ時代のグラビアを所有している」ということがステータスシンボルでした。僕は持ってなかった。華原朋美が這い上がってくるたびに、「俺もがんばろう」と勇気づけられます。
  25. 辛酸なめ子、漫画家・コラムニスト(8月29日)
    この人も『臨死!!江古田ちゃん』の作者かもしれないと思っている。
  26. 虻川美穂子、お笑い芸人(北陽)(9月11日)
    北陽はもう一人の方が好みかな。
  27. 井上晴美、タレント(9月23日)
    水泳やってたそうで肩幅が広く、それでいて大きなバストなので迫力があって大好きでした。後に常盤貴子が出てきた時「あれ?井上晴美ってイメチェンしたの?」と思う程度に似ていたと思う。
  28. 趙顕娥、実業家 大韓航空ナッツ回航事件の当事者(10月5日)
    ピーナッツだかアーモンドだかで大騒ぎになった人。
  29. 細川百合子、元AV女優(10月10日)
    どこかでお名前を見かけたような気がするけれど、お世話になった記憶はない。
  30. 山本未来、女優(11月4日)
    山本寛斎の娘だっけ、違ったっけ?あまり万人受けする器量ではなく(控えめな表現)、露出しまくっていた時は「やっぱ芸能界にはコネとかゴリ押しみたいなことがあるんだなぁ」と初めて思った。
  31. にしおかすみこ、お笑い芸人(11月18日)
    シュールな芸でプチブレイクしたわけですが、僕には面白さがわかりませんでした。
  32. 藤谷しおり、元AV女優(12月22日)
    『デラべっぴん』で何度かお見かけしました。僕には半分ベビーフェイス、半分オトナ顔に見えて、けっこう好きだったような気が。
  33. 小松奈央(小松代真、代真)、歌手、元BeForUのメンバー(12月30日)
    小松千春でも、小松みゆきでもないわけで、誰だかさっぱりわかりません。ごめんなさい。
  34. 沙羅、ストリッパー(1975年1月5日)
    沙羅樹でないとすると、・・・誰だ?
  35. ゆかな、声優(1月6日)
    なんかのアニメのキャストで見たような気がするけれど、思い出せない。名前は確実に知ってる。
  36. 千葉麗子、実業家(1月8日)
    Windows95が出た頃、「マルチメディアに詳しいアイドル」みたいな扱いだったよね。
  37. 持田真樹、女優・歌手(1月11日)
    Every Little Thing?
  38. 雨宮処凛、作家、エッセイスト(1月27日)
    『Big Issue』で連載持ってるのは知ってるけど、読んだこと無い。いや、1回くらい読んだような気がするけれど、「もう読まなくていいや」と思ったのかもしれない。
  39. 吉村由美、歌手(PUFFY)(1月30日)
    いまだに「Perfume」を「Puffy」に空耳します。亜美ちゃんと由美ちゃんの区別はいまだに付きませんが、どっちも同じくらい好きです。
  40. 氷川へきる、漫画家(1月31日)
    あれ?椎名へきるっていなかった?同一人物?別人?

今年はなんだか苦しかった。来年がんばります。