酒井法子の報道写真の変化

同じときに撮影された酒井法子の2枚の写真。少々表情が異なるが、あなたはどちらをより好ましく感じるだろうか。

写真1写真2
酒井法子1酒井法子2

これらの写真は、毎日新聞のwebサイトにある記事に掲載されていたもの。

写真1 は「酒井法子さん:山梨県内で携帯途切れる 行方捜す」という記事の写真。写真のキャプションも「酒井法子さん」となっている。夫の事件に巻き込まれた不幸な妻として、酒井法子には同情的な扱いだったといえよう。
笑顔で、感じのいい写真だ。

酒井法子さん:山梨県内で携帯途切れる: 毎日新聞


写真2は「酒井法子容疑者:覚せい剤所持容疑で逮捕状」という記事のもの。キャプションは酒井法子容疑者。世論的には、「可愛い顔して、お前もやることやってやがんだな」という感じになってきているわけだが。
使用されている写真も、どこか腹黒さを感じる1枚になっている。

酒井法子容疑者:覚せい剤所持容疑で逮捕状: 毎日新聞


同じときに撮影された複数の写真があって、記事の内容に合わせて異なる印象の写真を使用していることは明らか。文面は冷静で中立的な立場で書かれているのだが、写真で巧妙に印象操作をしていると言わざるを得ない。アンフェアであると思う。
一方で新聞社側も、いろんな事情により、こういうギリギリの手法を使わないと意見を言えないんだろうなぁ、と同情もするけど。同情はするが、報道内容(ていうか、感情に訴える表現。写真・映像とか、キャスターの口調とか)を鵜呑みしない選球眼も必要だろうなと再認識する次第。

なお、今回の記事について蛇足ながら事情説明。
元のアイディアは、オルニオ氏のコメント。彼の目の付け所が面白かったので、検証してみた次第。

また、他の報道機関や記事でもこういうことは頻繁にあるのだろう。今回は毎日新聞のやつが偶然すぐに見つかったから例示した次第。同新聞社に対して格別の批判意識を持っているわけではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (4)

  1. あー、、、これ私も思ってましたぁ。
    「誰かブログで写真並べてくれないかな」と、
    ちょうど友達と話題にしたところでした。
    マスコミって、報道なのに広告屋の臭いがするのは
    問題ありだと思うんですよね。

  2. そういった問題を解決する方法の一つが、市民ジャーナリズムだと思うんですよね、マジメな話。ブログなんかのメディアで、非マスコミの人たちが意見の表明や報道を行うというやり方。

    今のところ、そういうムーブメントがうまくいっているのかどうかは、よー知りませんが。

  3. むしろ僕が驚いたのは、酒井法子の弟の存在が今まで認識されていなかったということです。サンミュージックも弟の存在を知らなかったと言ってますし。
    http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090809/tnr0908090801003-n1.htm

    有名人の私生活が詮索される世の中にあって(昔よりはマシになってるんだろうケド)、(元)トップアイドルの弟の存在がこれまでわかっていなかったなんて。

    たとえば、西村知美なんて、熱狂的なファンが実姉に乱暴をはたらいたとかの事件もあったのに。近藤真彦は、実母の遺骨が盗まれたんだっけ?

    でもって、どーでもいいことですが、山瀬まみの弟の名前は知っている当方です。裏付けは取ってませんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。