一般交換だし、伊達直人には直接お礼はしなくていいんじゃね?

最近、「伊達直人」(『タイガーマスク』)等、マンガの主人公を名乗り、児童施設へ匿名の贈り物をするのがブームになっているっぽい。

特に悪いことだと思わないし、もっとドンドンやってくれりゃいいと思う。
ただし、僕はどちらかというと、「世の中カネだぜ」と思う方だし、「善いことしたら言いふらしたい」タイプなので、今回のブームにはのらないけど。
#そのかわり、何かのイベントごとに現金で寄付をするように心がけているし、blogでそのことを吹聴したりする(直近ではクリスマス)。

マスコミも、彼らの匿名の贈り物を美談として連日取り上げている。

そんな中、真摯な取材の結果から正直にそういう記事になったのか、「うちは逆サイドから眺めてみることで、独自性を出すよ」という目論見なのか知らんけど、以下のような記事を見つけた。

広がる「タイガーの輪」、受け取り側には戸惑いも… (カナコロ)

同じく寄付が届いた児童養護施設の職員の一人は「もちろんありがたい」としながらも、複雑な表情。子どもたちには「多くの方々に支えられて生活ができている」と教え、寄付者には直接感謝の気持ちを伝えるよう指導している。顔の見える関係こそ、教育の根幹と考えるからだ。だが、漫画の主人公の名前では「お礼の言いようがない」。


匿名のままだと、子供にお礼を言わせることができないから困る・・・というのだ。

ずっこけた。




僕なら(みんなもそうだと思うけど)、
「今日あなたが受けたご恩は、将来あなたが大きくなったら、その時に困っている別の誰かを助けてあげることでお返ししなさい。贈り物をくれたご本人にお礼はできないけれど、あなたがそうすることをきっと誰よりもその人は喜んでくれますよ。」
と子供たちに話して聞かせるけどな。


資源をくれた人に、直接対価(多くは貨幣だけど、ここではお礼といった心理的対価も含む)を支払うのではなく、第三者に対して返報する交換形態を「一般交換」というんだっけ?学生の頃に習ったような気がするよ(講義室でも、日常生活でも)。

対概念として「限定交換」というのがある。これは、資源をくれた人に直接対価を支払う形態。例えば、お店でモノを買うのなんかが典型例だよね。品物を受け取る代わりに、相手に直接代金を支払う。

一方、「一般交換」では、資源をくれた人に直接返さない。別の誰かに返す。
例えば、学生時代や新入社員の時代に、先輩や上司に飯/酒をたんまりおごってもらった経験は誰しもあるだろう。そして、そのまま彼らに飲食代を返すことなく踏み倒した人がほとんどだろう。
しかし、そんな僕らでも後輩や部下に対しては、僕らの先輩や上司がしてくれたのと同じように、タダ飯をおごってやる。
その時に実感するはずだ。「自分が先輩や上司に返せなかった分を、この後輩や部下を通じて返しているのだ」と。そして、自分におごってくれた先輩や上司も、さらに上の人々から同じようにされてきたのだと知っている。


「限定交換」も「一般交換」も、僕らの社会を豊かにするための形式だ。
しかし、どうも「一般交換」の存在や価値や法則の方は忘れられやすいようだ。


なんで件の児童施設の職員は「直接お礼を言えないから困る」などと、限定交換が不成立になることを嘆くのだ。
一般交換で返せば済む話じゃないか。

匿名の送り主が、せっかく一般交換の輪を広げようと口火を切ったのに、なんでいきなりそれを消し去ろうという考え方が出てくるのか。理解に苦しむ。

でもって、件の記事も「センセーショナルな話題に関して、ちょっと否定的な見解を述べて、さらにセンセーショナルに書きたてよう」という意図が見えるような気がして、げんなりしたのであった。

コメント (12)

  1. 「情けは人のためならず」の「情け」は巡り巡るものです。
    往復で終わらせずに巡らせるのが一番ですね。

    それにサンタさんにもらったらサンタさんにお礼を
    大抵お空に向かって言うのと一緒。
    伊達直人さんにもらったら伊達直人さんにお礼を
    お空にでも言って、同じようなことができる大人になってもらえばいいですよね。ホント。

  2. ええっ!!サンタさんにプレゼントもらったら、お空に向かってお礼を言わないとだめなの!?マジ知らんかった。

    年末に♀サンタさんがネックウォーマーを贈ってくれたことを、ちゃんとお空に向かってお礼しておこう。

    \ ありがとう /

    ついでに、「情けは人のためならず」の意味と意義を子供たちが学んでくれますように。

  3. 一般交換の話を聞いて、
    映画「Pay it Forward」を
    思い出しました。映画の方は、映画なのでちょっとやりすぎでしたが。。。
    自分にできる範囲で実際に行動することが大事ですね。




  4. 「Pay it Forward」(邦題は「ペイ・フォワード」なんですね。it はどこ行ったんだ?)は、関連映画だという話はよく聞くのですが、実は一度も見たことがない僕です。なんか、あんまり良い評判を聞かなくて・・・。

    しかし、その理念の重要さは、おっしゃるとおりです。

  5. それじゃあ、一度見てみる。

    ちなみに、僕に「ペイ・フォワード」のことを教えてくれたのは牛攵木寸クンだった気がします。

  6.  本当のこと言うと、5年くらい前にテレビでやってたのを半分くらい観ただけで…。「最初からちゃんと観直してみたい」と思ってそのままになってる。

     それで、「Pay it forward」戦略が活躍するはずの一般交換のシミュレーションを試しにやってみようと思って…(それこそ、上のamazonバナーの本と同じ系列の)。やっぱりそのままになってる(笑)。

  7. まだ観てないの。

    楽天レンタルで借りてるのですが、返却期限がないので焦って観る必要もないし。
    僕の契約プランでは月に4枚まで借りることができます。返さないで持っていると、次の商品が送られてこないという事以外、特にペナルティはないのです。
    http://a.r10.to/hB0yXf

  8. 映画『ペイ・フォワード』

    この世界はクソだ。 学校内でのいじめ、満足な教育を受けられなかったことによる貧困。アルコール依存症、家庭内暴力。ホームレス、強盗事件。 中学1年生の社会科…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。