今日は・・・

例年通りなら,森で屁をこくの新規文章がアップされる日.


ていうか,John Lennon の命日.
日付的には1980年12月8日が命日となっているが,これは New York の時刻だから,日本時間では12月9日が命日になると思われ.

つーか,当方,かなり John Lennon ファン.
ただし,世間的に名曲と言われている “Imagine” とか,彼の Love & Peace な精神つーか社会運動とかには別に共感しない.
「アンタ,若い頃にはずいぶん悪いことしてブイブイ言わせてたんとちやうの?どのツラ下げて平和を訴えるねん?」
と言いたくなってしまう.

Yoko Ono のことは,別に好きでも嫌いでもない.
別に彼女のせいで The Beatles が崩壊したとも思ってないから,嫌いじゃないし.
僕には到底理解のできない前衛芸術家なので,彼女の作品の批評もできないので,特にお気に入りのアーチストってわけでもないし.

しかし,「Yoko を愛する John」は大好き.
二人で写っている写真を見ていると,なんだかホンワカしてくるし.
一番のお気に入りは,アルバム「ジョンの魂 」のジャケット.

木漏れ日を浴びながら空を見上げ,大樹に寄りかかっているふたりがいとおしい.

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

なお,このアルバムには名曲 “Love” 収録ですね.
John のバラード曲って,Paul McCartney のバラードに比べて,野暮ったいし,危なっかしいし,山場がないし,単調だし,ヒットしそうにないし,要するに Yoko マンセーなんだけれど,その素朴さと Yoko への狂ったほどののめりこみ具合が最高なんだよね.

ダブル・ファンタジー ~ミレニアム・エディション~Double Fantasy」のジャケットも悪くないよね.
中学生のとき,CDショップで購入するのに非常に勇気を必要としましたが.^^;
でもって,”(Just like) Starting over” とか “Woman” とか “Beautiful boy” とか,すげーいい曲だと思って,今でもお気に入りだったりするけれど.
ただし,”Kiss kiss kiss” とか “Beautiful boys“とかの Yoko の曲は,やめてくれー,と思って,通しで聞く勇気がないけれど.
ちなみに,これが暗殺される直前に発表になったアルバム.

ミルク&ハニー ~ニュー・センチュリー・エディション~そして,「Milk & Honey」が,死後に発売されたアルバム.
写真がカラーで,ちょっとふたりのアングルも違う.
うーん,比べてみると,モノクロの方が趣があっていいよね.
ちなみに,このアルバムは持っていないので,中身はよく知らん.

Unfinished Music, No. 1: Two Virginsしかし,公序良俗に反しちゃった写真のせいで,封筒に入れられて売られちゃった「Unfinished Music, No. 1: Two Virgins」のジャケットはどーかと思うけど.
本物を見たことはありませんが,某所で封筒の中身を見たことがあるような気がする(修正アリ).
ある意味,Yoko の勇気に脱帽した.

コメント (6)

  1. ここでいうことではないけど、
    きつけば、管理者日記も追加してもらって、ありがとうございます。

  2. うーん、なるほど、
    >「Yoko を愛する John」は大好き.
    こういう表現に出会えるからblogっていいですね。
    私はImagineも好きだし、9.11直後の10月にNYCで
    YokoONOのポスターを視たときには、心揺さぶられた
    クチです。んが、そういうところが一番惹かれてた
    かというとそうでもなく、なんかどう自分の感情を
    理解したモノかと思っていました・・・が、木公
    さんの表現で分かりました。本当にいいですよね、
    「Yokoを愛するJohn」、いろんな人がいろんな愛を
    歌ったり語ったり表現したりしているとすれば、
    私はこのJohnの姿勢や行動や表現は、とても好き
    なんだと思いました。かっこいいのもあれば、
    ちょっと恥ずかしいのもあるけど、ただ、間違いなく
    (日本語では妙にしっくりこない)愛しているという
    コトが存在しているんですよね。モノに対するコト、
    で、関係とかそういう形而上学的なコトですけど。

  3. うーん,なるほど,
    > モノに対するコト、で、関係とかそういう形而上学的なコトですけど。
    こういうフォローアップがもらえるから blog っていいですね.:)

    その他,この路線として,僕は高村光太郎の「智恵子抄」がツボですね.

    ちなみに,こういった先人たちのマネをして,数年経った現在に後悔していることは1つや2つではないかもしれない当方です.
    「僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る」と言ったのが,まさしく高村光太郎で,確かに彼やJohnの後ろに道はできたんだけれど,僕が通るべき道ではなかったわけで.;-p

  4. 木公クンと同じ苗字の女性の知り合いが大阪にい
    るんだけど、全く逆。オノヨーコさんは好きだけ
    ど、ビートルズには興味ないって。案外気が合う
    かもよ;-)
    彼女のblogによれば、オノヨーコさんと電話したら
    しいです。

  5. ダコタハウスで捕まえて

    今日はマーク・チャップマンがジョン・レノンを射殺した日でもある。世間一般には、ジョン・レノンが40歳の若さでその命が絶たれ、ビートルズの再結成への夢が絶た…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。