The statue of Matthew Calbraith Perry

ねぇ~、OH開国してくださ~い。

え、開国してくださいよぅ。

ねぇ~。もぅ。OHねえ~、いいじゃないよぅ~

減るもんじゃなしぃ~。

でお馴染み(このページを開くと全文読める。しばらく待つと、音声が流れる)のペリー提督。

最近知ったのだが、フルネームは Matthew Calbraith Perry だそうで。
さらにわかったことは、アメリカの Newport という街で生まれたそうです。

そんなわけで、Newport には「開国してくださいよぅ。」とねちっこく(だったかどうかは知らないが)日本政府に開国を迫ったペリーちゃんの彫像が設置されていました。

The statue of Matthew Perry


台座にはペリーの業績のレリーフが施されており、来日時の光景がもちろん描かれています。

来日時のレリーフ

そのほか、アメリカ・メキシコ戦争や奴隷解放運動に関わった図などがありました。

場所は、おそらくここ、Touro Park内。

拡大地図を表示



なお、ここから北東に行った Washington Square にもペリー像があるが、こちらは Oliver Hazard Perry のもので、日本に来た Matthew の祖先にあたる人だそうです。
OliverPerry.JPG
ちょっぴり、サタデー・ナイト・フィーバーな感じです。


あと、Perry 家勉強のために、Newport History というジャーナルのバックナンバーを買ってきた。
Museum of Newport Historyで、$5 で購入。
なお、この博物館は無料で入れた。5分くらいで見終わる小さなところだけれど、船の舳先の女性像とかがすげぇそばで見れて、かっこよかった。

今回記事を書くのに参考にした論文は
Jan M. Copes. 1994. The Perry Family: A Newport Naval Dynasty of the Early Republic. Newport history : bulletin of the Newport Historical Society, 66, 49-78.


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。