風しんの予防接種を受けた

先週、風しんの抗体検査のため採血し、今日結果を聞きに病院に来た。

先週、患者は僕だけで閑古鳥が鳴いていたのだけれど、今日は僕の他に親子連れが2組。どの子も元気に歩き回っていて、どこが悪いのかよくわからん。よくわからんが、元気ならまぁいいことだ。

さて、待つこと10分ほどで診察室へ。
検査の結果を見せられ、抗体が無いので予防接種すべきであるとのこと。よくわからないが、この数値が8未満だと抗体が無いらしい。

今日このまま予防接種するか、後日にするか聞かれ、今日することに。
予防接種の効果と副作用に関するA4裏表の文書を読まされ(5-14日後に発熱や発疹があり得るというのが大きなところ)、問診票兼同意書への記入をし、検温し、医師の簡単な診察(聴音機を当てられたり、喉を見られたり)して、注射器を左腕の上腕部に刺された。全然痛くなかったし、10秒くらいで終わった。

その後、重篤な副作用が出ないか観察するため、20分ほどで待合室で待機されるように指示された。
今、まさに、待合室でこれを書いている。今のところ問題なし。

2回病院に行くのは面倒だけど、お年頃の男子は積極的に検査&予防接種したほうがいいと思うよ。

ご静聴ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。