本日のレンタルCD

GEO奈良店にて.

1. Half Hour of Power
ハーフ・アワー・オブ・パワーポップなパンク.SUM41 は一通り自宅にそろえてあるんだけど,この1枚だけなぜか所有していなかった.もともと好きなバンドだし,キャッチーなメロディーで楽しめた1枚.
いかにも SUM41 っぽい曲のオンパレードだけど,びっくりしたのが8曲目の “Second chance for max headroom”.ブラス楽器が途中に挿入されていて,「うぉ,なんか新鮮」って感じでした.

前から,タイトルの意味がよくわからんかったのだけれど,今日判明した.CDの収録時間が30分だから “harf hour” だったんですね.タイトルの通り,初めから終わりまで,パワーでグイグイ迫ってくるような感じだった.


2. Alive!
Alive (Rmst)5月のKISS日本公演の予習用にレンタル.
解説を読むと,ライブ・レコーディングが行われたのは 1975年の春(注)だそうで.実に30年前の出来事なんですね.30年たった今でも,同じテンションでライブをこなしてるんでしょうか?大阪城ホールで動く姿を見るのが,ますます楽しみになりました.
個人的お気に入りは,2枚目の Black Diamond ですな.

-注-
CDには,Robert V. Conte の解説の翻訳と増田勇一の解説(こちらは,1996年に書かれたと明記されている)がついていた.
いずれの解説記事でも,デトロイトのコボ・ホールのライブが録音されたとあるが,日付が食い違っている.Conte は1975年3月27日,増田は1975年の5月下旬としている.細かいことだけど,どっちが正しいんでしょう?

3. Vault: Greatest Hits
Vault: Greatest HitsDef Leppardは,今まで一度も聞いたことがなかった.
存在を知ったのは,87年頃かな.当時,小林克也の「ベストヒットUSA」(最近,リメイクされて放映中らしいですね.見てないけど)を良く見ていて,ヒットチャートにHysteriaというアルバムが良く売れているらしかった.だけど,ジャケットがオドロオドロしくて,聞いてみる気にはならなかった(小遣いも少なかったので,気軽にCDを買うこともできなかったし).

でもって,今日始めて聞いてみたわけで.
第一印象「Hysteriaのジャケットは怖いけど,曲はキャッチーで聴きやすいじゃん」
第二印象「Bon Joviっぽいかも」(悪口じゃなくて,ポップで聞きやすいってこと)
ライナーノーツにも,Def leppard と Bon Jovi は,同じレコード会社でライバル関係にあってうんぬんみたいなことが書いてあった.妙に納得.

3曲目 “Love Bites” が気に入りました.いつかどこかで耳にしたことがある曲だ.
(Hysteria収録だから,ベストヒットUSAかな?)


4. 安全地帯・玉置浩二 ベスト
浪人時代,予備校の寮に1年間入っていた.ここは,TV持ち込み禁止で,かなり禁欲的な生活(まぁ,浪人だから当たり前だけど)だった.息抜きといえばCDと漫画くらいだったのだけれど,禁欲的な中で触れたものがよっぽど印象深かったせいか,その時に友人から薦められた漫画や音楽は10年たった今でも常習している.
当時覚えた漫画雑誌スピリッツや島耕作はいまだに読まないと気がすまないし,音楽では Aerosmith や Ozzy Osbourne なんかがすっかり身についてしまった.

でもって,安全地帯もそんな感じでいまだに好き.
当時,Y君が安全地帯のベスト(今日借りてきたのとは別)を持っていて,「I Love You からはじめよう」という曲が僕らのテーマソングだった.
模試の成績が悪かった時や,将来が不安になった時に,みんなで誰かの部屋(4畳ほど)に5人くらい集まって,「I Love You からはじめよう」を聞いて鼓舞しあっていた.
そんな思い出.

・・・今日借りてきたCDには「I Love You からはじめよう」が入っていなかった.
がっかり.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (3)

  1. げ。大阪のKISSのチケット取れたのか。
    うらやまし。
    私は取れたとしても、その時期の予定立たず(^^;
    ぶっちぎって行こうかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。